洋服を長持ちさせる5つのルール|お気に入りの服を長く着るための方法

色々な服があってもお気に入りの洋服ばかり着てしまう。しかしそれだとすぐに傷んで着られなくなります。そこで気に入った洋服をより長く着続けるためにの長持ちさせるポイントを5つに絞りました。

スポンサーリンク

基本ルール5つ

細見え効果を狙っているため私は黒っぽい服装が多いです。といいつつ、夏場は白が多めになりますが、それらのお気に入りの洋服を長く着られるように洗濯の仕方など気をつけています。ごく当たり前のことばかりですが、実行するしないで大きな差が出ます。

  1. 色物と白い物は別に分けて洗うこと
  2. 洗濯ネットの汚れもきっちり取っておくこと
  3. 洗濯機のゴミ取りをマメにチェックする
  4. 洗濯ネットの代わりにパンストを使う
  5. 肌着を上手に使って、極力、洗う回数を減らす

色物と白い物は別に分けて洗うこと

基本中の基本なので、ほとんどの方が実行しているでしょう。

黒い洋服をタオルのような繊維クズが出やすいものと一緒に洗うと悲劇が起こりますから、特に気をつけなくてはいけないルールです。

洗濯ネットの汚れもきっちり取っておくこと

洗濯機で洗う場合は当然洗濯ネットに入れて洗濯しますが、そのネットが汚れていたら意味がありません。洗濯ネットは、時々裏返してコロコロクリーナーで付着しているホコリを除去しましょう。

洗濯機のゴミ取りをマメにチェックする

洗濯機には繊維クズをキャッチするゴミ取りがあります。この繊維クズキャッチも洗濯する前にゴミを取り除きましょう。

洗濯ネットの代わりにパンストを使う

パンストはかなり目が細かいので、中に入れたものへの繊維の付着をかなり防いでくれます。サイズに限界があるという問題点がありますが、小さめのものでパンストに入るものなら是非パンストで洗う事をオススメします。

肌着を上手に使って、洗う回数を減らす

ほとんどが皆さんが守っているような事だと思いますが、5つ目だけは違うと思います。

「汚ない!!」と思う人もいるでしょう。しかし洗えば洗うほど繊維は傷みますし、色落ちが進むので一つの真理です。

そこで「洗わないため」の対策として、「肌着」を活用するようになりました。夏場は無理ですが、とにかく汗をかいたら肌着を交換。汗で濡れたままでは気持ち悪いですし、着替えるとすっきりリフレッシュもできます。鞄に1枚常に忍ばせておくと良いでしょう。

ちなみに私は肌着を活用して、制汗剤を使うのを止めたところ、洋服の状態に明らかな変化が出て、匂いや汗ジミにも悩む事はなくなりました。皆さんも是非肌着を活用して欲しいと思います。

仮置き用の収納場所、収納アイテム

一度着た洋服はよほど酷い汚れがついたと思わない限り、一回では洗いません。

となると問題になるのは保管場所になります。私はアウターやブラウスなどの皺になると困る物はハンガーにかけてドアフックにかけています。

折り畳めるニットなどは一時置き用として防虫剤を多めにいれた「ラタンの籠」に入れています。多分気休めだと思うのですが、何もしないよりは良いと思います。

でも一カ所に置けるような小さなワードローブクロゼットが欲しい。しかし狭い部屋では邪魔になる可能性が高い。一応気になっているのは、写真のような回転式のミラーハンガーです(ちなみにこれはベトナム製)

このミラーハンガーは45cm×45cmです。良いと思った理由は鏡を使わないときは反対側に向けておけることです。しかし一番気になっているのは省スペースの25cm×25cmの収納付きスタンドミラー(日本製)「フック付きスリムミラーラック」です。インテリア家具の赤やにありました。

鏡を簡単に隠せたらこれが良いと思っていますが、回転しません。でもカバーをかけると使い勝手が悪くなります。悩ましい。購入検討中のミラーハンガーです。

最後にひとこと

繊維は洗えば洗うほどどうしても傷みます。なので肌着を活用して洗う回数を減らす事が一番の長持ち方法だと思っています。賛否両論あるでしょうが、私のルールです。