ニュース一覧

個人的に気になったニュースを取り上げて語っています。

イタリア産アーモンドからカビ毒アフラトキシン|世界の被害例と日本の規制状況

イタリアから輸入されたアーモンドから自然界最強のカビ毒「アフラトキシン」が検出されていました。その死亡例を含む実害状況や日本における「アフラトキシン」の規制状況、そして「アフラトキシン」が検出されたことのある食品について調べました。

行政を歪めていたのは文科省と日本獣医師会|加計学園問題の本質は彼らの既得権益

行政を歪めていたのは「文科省」と「日本獣医師会」です。50年も獣医学部新設を拒否し続けた文科省と、既得権益のために獣医学部を東ばかりに偏在させた「日本獣医師会」が諸悪の根源。「口蹄疫」や「狂牛病」などの「感染症対策」「防疫」のために必要だと長年訴えてきた愛媛県の悲願を無視し続けた文科省と日本獣医師会は猛省するべきです。

イエローライトをカットする日本製眼鏡|特許を取得した鯖江生まれの透明レンズ

瞳への刺激が強い「ブルーライト」をカットするレンズは誰もが知るところとなりましたが、瞳の老化によって見づらくなるという「赤」「緑」を見やすくしてくれる「イエローライト」をカットする透明レンズが鯖江で発明されました。今後注目される市場かもしれません。

中国産大豆の豆腐は嫌だ|「豆腐は大豆10%以上」豆腐業界が初のルール作り開始

お豆腐は大豆と苦汁(にがり)から作られていますが、材料についての明確なルールが無く、野放しでした。しかし美味しい豆腐とその材料の大豆を作る農家を守るために、豆腐業界が動き出して初めての豆腐の定義を策定することになりました。喜ばしいニュースですね。

アクリフーズの農薬混入事件の顛末|製造所固有記号データベースで検索が可能に

2013年の12月末に起こった契約社員による農薬マラチオン混入事件の詳細と新たが製造所固有記号制度について調べました。データーベースが作られて消費者は検索することで製造元の情報を得られるようになっています。消費者庁、いい仕事しました。あとは周知徹底です。

スポンサーリンク