カネボウの美白化粧品54製品で白班の皮膚トラブル|すぐに使用中止しましょう

カネボウが独自に開発した美白成分「ロドデノール」が原因で、皮膚に白班の出来るトラブルが発生しています。心当たりのある女性はすぐに確認し、使用を中止してください。

スポンサーリンク

カネボウの美白化粧品54製品で皮膚トラブル発生、回収騒ぎに

まずはソースをどうぞ。

カネボウ、美白化粧品で54製品回収 肌まだらに白く

カネボウ化粧品は4日、同社と子会社が製造販売する美白化粧品で「肌がまだらに白くなる」などの被害が報告されたため、化粧水や乳液など8ブランド54製品を自主回収すると発表した。現在約25万人が使用し、約45万個が家庭などにあるとみられる。消費者庁もこれらの製品の使用中止を呼び掛けた。

 対象製品はカネボウが製造した「カネボウブランシール スペリア」ブランドの「ホワイトディープ」シリーズや、「トワニー」ブランドの「エスティチュードホワイト」シリーズなど。子会社のリサージ、エキップの製品も含まれる。

いずれもカネボウが開発した医薬部外品の美白成分「ロドデノール」を配合。2008年から13年4月にかけて、全国の百貨店や量販店など約1万5千店で販売された。累計で436万個が出荷されている。

 カネボウによると、今年5月、製品を使って被害を受けた利用者がいるとの報告が皮膚科医から寄せられた。同社が調べたところ、同様の症状が出たケースが計39例あった。首や手に症状が出る事例が多かったという。

後略

日経新聞webサイト

回収対象の化粧品リスト

今回回収対象となった化粧品のリストを記載しておきます。使っている方はもちろん以前使っていた方も、肌に何らかのトラブルが起きていないかをしっかり観察してください。

【株式会社カネボウ化粧品】
●カネボウブランシール スペリア
ホワイトディープ クリアコンディショナー 全7品
ホワイトディープ ミルキィコンディショナー 全3品
ホワイトディープ ナイトコンディショナー 全4品
ホワイトディープ マスク
ホワイトディープ UVデイプロテクター

●suisai
ホワイトニングエッセンス

●トワニー
エスティチュードホワイト ローション 全6品
エスティチュードホワイト UVプロテクトセラム
エスティチュードホワイト クリアタイトマスク
センチュリー ザ・ローション 全2品

●インプレス
IC ホワイトローション 全2品
IC ホワイトエマルジョン 全2品
IC ホワイトフィットマスク3D
グランミュラローション

●アクアリーフ
MCTホワイトニングエッセンス

【株式会社リサージ】
●リサージ
ホワイト スキンメインテナイザー 全8品
ホワイト ホワイトニング リペアクリーム
ホワイト トライアルセット 全4品
ボーテ サーキュリードa

【株式会社エキップ】
●RMK
インテンシブ ブライトニング エッセンス
スキンチューナー ブライトニング 全2品

●SUQQU
ホワイトニング リペア エッセンス
ホワイトニング ローション
ホワイトニング バリア エマルジョン

カネボウHP(対応先の電話番号も記載されています)

皮膚トラブルの詳細

今回、女性の肌に起こってしまった副作用について調べました。

白班とは

「白班」とは文字通り、「白い斑(まだら)」です。素人的な見識ではこれが全体的に均等に白くなれば問題は無かったのでしょう。しかし斑になってしまい、女性達を苦しめる事になっています。詳しい知識は医師の監修の元に書かれているスキンケア大学の解説をご覧下さい。

ロドデノールとは

今回の肌トラブルを引き起こした原因は「ロドデノール」という成分でした。詳しい知識、情報についてはwikiから引用します。

ロドデノール(Rhododenol)はカネボウ化粧品が開発した医薬部外品有効成分。高いメラニン生成抑制効果があるとして美白化粧品に使用された。別名 4-(4-ヒドロキシフェニル)-2-ブタノール で、ラズベリーケトンのケトン基を水酸基に還元した形の化合物である。白樺の樹皮やメグスリノキなどに多く含まれている[1]。正確にはロドデンドロール(rhododendrol)というが、一般名であるロドデノールの方が広く知られている。

1942年、日本でハクサンシャクナゲ(Rhododendron fauriaei )から発見・命名された[2]。

ロドデノール

カネボウが独自に開発した成分でした。開発当時はさぞ嬉しかったでしょう。しかし新しい成分はどんな副作用が起きるのか注意深く観察する必要があります。カネボウだってプロですからもちろんじっくり研究していたでしょう。それでも起こる可能性があるのは「副作用」です。

被害国は日本だけではない

カネボウは日本のブランドですが、アジア諸国でも使用して貰えるような企業です。それ故に日本以外でも被害者が出てしまいました。ソースをどうぞ。

カネボウ:台湾でも100人以上に「白斑」症状、中国では返品が増加

12:11JST カネボウ:台湾でも100人以上に「白斑」症状、中国では返品が増加
カネボウ化粧品の美白化粧品で「肌がまだらに白くなる」被害が台湾でも確認された。台湾の「中国時報」(24日付)などによると、100人以上が症状を訴えており、うち54人が病院で診察を受けているという。

別のメディアによると、問題となっている美白成分「ロドデノール」を配合した化粧品は台湾のほかにも、英国や韓国、香港でも販売されており、すでに回収が始まっている。今後、台湾と同じように被害が広がる可能性が懸念されている。

後略

財形新聞:2013年7月25日 12:10

台湾では100人以上の被害者が出ているようです。非常に申し訳ないです。

全国で起こされている白班被害訴訟

当該の化粧品を使っていた人達が被害を訴え訴訟を起こしており、それらは今も続いています。結果ですが、ほとんどが若い成立の流れのようです。

カネボウ白斑訴訟で女性6人が和解 宮崎地裁

カネボウ化粧品(東京)の美白化粧品を使って肌がまだらに白くなる白斑症状が出たとして、宮崎県に住む50~70代の女性6人が同社に計約1200万円の損害賠償を求め提訴した訴訟は18日までに、宮崎地裁(五十嵐章裕裁判長)で調停や和解が成立した。原告側弁護士が同日、説明した。和解金額などの詳細は明らかにしていない。

後略

産經新聞:2017.4.18 22:10

カネボウ商品の白斑被害訴訟、女性8人との調停成立 大津地裁

カネボウ化粧品の化粧水や乳液を使用し顔や首に白斑が生じたとして、滋賀や兵庫など4府県の女性8人が計約9500万円の損害賠償を求めた訴訟は27日、大津地裁(山本善彦裁判長)で調停が成立した。原告側の弁護団が記者会見を開き、明らかにした。解決金の額は不明。

後略

産經新聞:2016.12.27 20:12

和解が進んでいるようですが、白班が消えない女性の気持ちは想像を絶します。そもそも「美白」のために努力をしていた女性達ですから、人前に出るのが嫌になるなどの精神的苦痛はすごいでしょう。カネボウは「女性を美しくする」化粧品を売る企業ですから、そんな気持ちを踏みにじった今回の問題にしっかり取り組んでほしいものです。

最後にひとこと

カネボウの子会社の商品も含まれていました。私はSUQQUEを使った事がありましたが、幸い対象のアイテムは使っていませんでした。

それにしても、今年5月にそういった症例が報告されたというのに何故すぐに回収しなかったのでしょうか。ありえない対応です。正直言って「カネボウ」という企業には失望しました。

勿論、「その人だけかもしれない」という気持ちもあるでしょう。多量に作った製品を破棄したくないでしょう。しかし、まずは被害が拡大することを防ぐ動きを見せるべきだったのではないかと思えてなりません。「茶のしずく」石けんで小麦粉アレルギーになってしまったトラブルと同様、許されない対応です。とはいえ起こってしまった事はもう取り消せませんから、今後はこういうことが起こらないようにしっかり製品管理をしてほしいものです。

ここまでお読みくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク

フォローする

関連するかもしれない記事