手土産一覧

友人宅や取引先などを訪れる際に持っていくと喜ばれそうな日本製の手軽な商品をピックアップしています。

日本最古の絵の具屋が作った爪に優しいマニキュア|胡粉ネイル

ホタテ貝を粉砕した胡粉(ごふん)という顔料で作られた爪に優しく刺激臭もない「胡粉ネイル」を買いました。その美しい色には、京の老舗「上羽絵惣(うえばえそう)」の日本の伝統と文化を後世に伝えたいという願いも込められているかもしれません。

100円ショップで買った日本製極上ふきん強靭|レーヨン100%の定番ふきん

台拭き用に使っている定番のレーヨン100%のふきんがあるのですが、母のお気に入りのデザインは中国製ばかりで困っていました。しかし先日100円ショップのDAISOで母の気に入っているデザインと同じ、日本製のふきんを発見。これからはこれを使用する予定です。

水だけで油汚れを落とす魔法のふきんは手縫いの日本製|製造元池内商店に確認済み

我が家で何年も前から使っている、水で濡らして使う「魔法のふきん」が最近手に入りにくくなりました。原因は「ヒルナンデス」で紹介されたせいでした。作っている池内商店さんには良かったのでしょうが、ちょっと困ってますwでも絶対に無いと困る日本製のふきんなので、取り寄せて買っています。

へたらないキッチンスポンジで有名なキクロンにテフロンを洗えるクリナート登場

物心ついた頃には我が家既にキクロンしかなく、私はキクロンスポンジしか知りませんでした。しかしお手伝いをする歳になり、親戚宅で洗い物をしたとき「いやなにこれ柔らかい気持ち悪いっ!」という感覚は未だに忘れられません。それは今でも変わらない感覚で...

砂糖と塩の計量は調味料入れの中に入れておける日本製の白磁「おおさじこさじ」で

「料理は科学なんですよ。」以前、ミシュランで三ツ星を取った理系出身という異色の経歴を持つシェフがインタビューでそんな風に答えていました。確かに目分量の調味料を使って料理を作るより、最適な量で作る方がより美味しいでしょう。というわけで、私もち...

スポンサーリンク