乾電池式モバイルバッテリー|トップランドスマートフォンチャージM818

近畿地方での台風21号による大停電、北海道での震度7の大地震による発電所の停止。停電になった場所では大変な苦労をされています。しかし明日は我が身なので、充電が切れて一番に困る電話、スマホ用の日本製電池式モバイルバッテリーを買いました。

スポンサーリンク

モバイルバッテリー

モバイルバッテリーは乾電池でも使えるタイプと蓄電式のタイプがあります。どちらもあると便利だと思いますが、停電した場合に乾電池さえあればいい方が災害時向きでしょう。

トップランド スマートフォンチャージ M818

私はPHS(京セラCRESTIA)とiPhone(SE)、そしてiPad(第3世代)の3つを持っているので、少し古いタイプを購入。適合機種の確認日は2016年12月のものなので古いのですが、持っているアイテムすべてを充電できたので問題無し。日本製。648円でした。

TOPLAND トップランド スマートフォン充電器 M818 日本製 made in japan モバイルバッテリー 乾電池式 スマートフォンチャージ

中に入っていたのは、乾電池を納める本体、micro-USB端子のUSBケーブル、iPhoneとiPod、iPadの充電のできるDockコネクタ(30pin)、そして説明書。

TOPLAND トップランド スマートフォン充電器 M818 日本製 made in japan モバイルバッテリー 乾電池式 スマートフォンチャージ

本体をスライドさせると単3形乾電池が4本セットされていました。少し開け難い。

TOPLAND トップランド スマートフォン充電器 M818 日本製 made in japan モバイルバッテリー 乾電池式 スマートフォンチャージ

早速iPhone SEを充電。ライトニングケーブルが付属していないので自前の物を使用。PHSもiPadも充電できたので問題無し。ただ、携帯用に予備ライトニングケーブルを購入しておこう。

TOPLAND トップランド スマートフォン充電器 M818 日本製 made in japan モバイルバッテリー 乾電池式

対応機種

micro-USB端子のスマートフォン、iPhone(4S,4,3GS,3G/30pin Dockクネクタ)で使えます。iPhone5/6/7は専用アダプター、ケーブルが必要です。

手元のiPhone SEはライトニングケーブルを使用して充電するタイプですが付属のケーブルで使えました。

充電時間

説明書には約2時間と書かれていましたが、端末により違いがあるのでiPhoneSEで実験。バッテリー容量が残り5%からの充電です。

TOPLAND トップランド モバイルバッテリー 乾電池式 スマートフォンチャージ M818 日本製 made in japan

2時間後

充電を初めて2時間後、58%まで回復していました。2時間で半分以上は中々。

TOPLAND トップランド モバイルバッテリー 乾電池式 スマートフォンチャージ M818 日本製 made in japan

100%まで充電可能

2時間経ってからもじわじわと充電されていたので、そのまま充電続行。でも夜中だったので途中で眠ってしまいました。6時に目が覚めて見てみると100%まで充電できていました。

TOPLAND トップランド モバイルバッテリー 乾電池式 スマートフォンチャージ M818 日本製 made in japan

モバイルバッテリーの重さ

持ち歩く事を考えているので重さを計りました。本体だけだと142g。乾電池が4つも入っているから当然か。

TOPLAND トップランド スマートフォン充電器 M818 日本製 made in japan モバイルバッテリー 乾電池式 スマートフォンチャージ

持ち歩き用の袋にいれたら161gに。重い。でも非常事態に備える為には仕方ない。

TOPLAND トップランド スマートフォン充電器 M818 日本製 made in japan モバイルバッテリー 乾電池式 スマートフォンチャージ

ケーブルのサイズに注意

付属のものは当然使えますが、自前の別メーカーのリール式のケーブル使えるか試しました。GREENHOUSEのものです。

グリーンハウス リール式 USBケーブル

しかし入らない・・・。

グリーンハウス リール式 USBケーブル

付属のものと比べると私の持っているGREENHOUSEのUSBの差し込み部分は大きくてダメでした。ただかなり古いので今売られているものなら入るのかも?もしも私のように既に持っていて使うつもりなら一度USBポートに接続出来るか確認必須です。そして買い足そうと思っている方はサイズチェックが必要です。

グリーンハウス リール式 USBケーブル

同じ物。

ライトニングケーブル付きの乾電池式モバイルバッテリー。

トップランドのライトニングケーブルへの変換アダプタ

最後にひとこと

乾電池さえあれば充電出来るモバイルバッテリーは災害時の必須アイテム。どこで被災するかは予測不可能なので、外出時には鞄に常に入れておこうと思います。

【合わせて読みたい記事】
「これだけは入れとけ」防災グッズ5選と読んでおきたいサバイバル漫画

「これだけは入れとけ」防災グッズ5選と読んでおきたいサバイバル漫画
子供の頃に読んださいとうたかを氏の漫画「サバイバル」は「生き残る術」を私の頭に刻みました。今日は「防災の日」なので読み返したいと思います。
スポンサーリンク
家電製品
スポンサーリンク
優をフォローする
Select Japan Closet

コメント