バッグの中身を減らす|無印良品ミニショルダーペン差し付購入

9月29日から無印良品週間が始まっています。いつもより10%安くなるので前から欲しかったミニショルダーペン差し付(ベトナム製)を買いました。

スポンサーリンク

無印良品週間とは

無印良品習慣とは、無印良品会員のみ10%オフ価格になるセール期間で、今回は2018年9月29日から10月8日まで行われています(ネットストアは10月9日朝10時まで)

無印良品週間(2018年9月29日〜2018年10月8日)

全ての商品が10%オフになるお得なセール期間ですが、私は既にセール価格になっていたカップ付きロングワンピースを更に10%オフで買うなどして、このタイミングをより特になるように活用しています。

無印良品のシルク入りカップ付半袖ワンピース(カンボジア製)を購入

無印良品のシルク入りカップ付半袖ワンピース(カンボジア製)を購入
無印良品週間でお得に買えた「シルク入りカップ付半袖ワンピース」です。部屋着にぴったりだと思います。大満足。

しかし今回は季節の関係ない通年使用できるバッグだけが欲しかったので、店舗購入で10%オフ価格の恩恵を受けました。

無印良品 ミニショルダーペン差し付ショルダーバッグ

購入した「ミニショルダーペン差し付ショルダーバッグ」です。ベトナム製。いつもは1990円ですが1791円で買えました。

無印良品 MUJI ミニショルダーペン差し付 2way ベトナム製

表地はナイロン100%、裏地はポリエステル100%素材なのでとても軽いバッグです。サイズは縦が22cm、横は18cm、マチは2cmです。

無印良品 MUJI ミニショルダーペン差し付 2way ベトナム製

外には3つのポケット。ペンなどを差しておけます。ただし、マジックテープで開け閉めするタイプなので、引っかかるような素材は入れないようにしましょう。

無印良品 MUJI ミニショルダーペン差し付 2way ベトナム製

後ろにベルトを通すタックがあります。タックはハトメボタンなので、外してベルトに簡単に装着できます。

無印良品 MUJI ミニショルダーペン差し付 2way ベトナム製

中はハトメボタン、ファスナー付きのポケットが1つあり、長財布も入りました。ただし、長財布はブランドによってサイズに違いがあり、大きいとはみ出たり、ハトメボタンを閉められない可能性があります。

私の長財布(17.3cm)は入りましたが、母のカルティエの長財布(18.5cm)を入れてみるとギリギリでした(ハトメボタンを止められる限界サイズ)

よって自分の長財布のサイズは要確認です。

無印良品 MUJI ミニショルダーペン差し付 2way ベトナム製

使ってみた感想

このバッグは私が近くのスーパー等に行くとき用に買いました。中には長財布、小銭入れ、メモ帳、ペン、仕事用携帯電話、スマホ、エコバッグを入れます。実際に使ってみると良いことが2点ありました。

  1. 物がすぐに見つかる
  2. 荷物を減らせた

予定していた物すべてを入れると流石に重くなりましたが、バッグを斜めがけすると身体にフィットして全くかさばりませんし、物がすぐに見つかるようになってさっと取り出せるようになったのが素晴らしい変化でした(前のバッグでは小銭入れ探しが常だったのです)

ベルトに通して使うことも出来るので、ズボンからはみ出てしまう長財布やスマホを入れるのにも良いでしょう。荷物が多めの男性にもオススメ。

バッグ自体が小さいので、結果的に持って行く物を減らせました。ついつい物を多く持ってしまう人こそ使うと良いミニショルダーです。私のスーパーへ行くときの可愛い相棒になりました。

最後にひとこと

1年ちょっと前くらいにこのバッグを見つけたときは売り切れでした。しばらくして在庫が復活したものの、現物を見てから買おうと思っていたらいつの間にか1年以上経過。もっと早くに買えば良かった良いバッグでした。

【合わせて読みたい】

無印良品を頻繁に利用するのでMUJIカードを申し込んで利用する事にした

無印良品を頻繁に利用するのでMUJIカードを申し込んで利用する事にした
日本製のシンプルな商品や製品を探して買い求める時、無印さんにお世話になることがあります。とは言え、日本製にこだわる故に雑貨類がメインでした。しかし去年末ふらりと無印さんの店舗に入ったら、期間限定価格でニット類が売られていたため、たまには衣類

テーブルの小物類を片付ける方法|無印良品の日本製小物収納キャリーボックス

テーブルの小物類を片付ける方法|無印良品の日本製小物収納キャリーボックス
居間やダイニングのテーブルの上に小物が散らばっている悩みのある方は、簡単に移動させられる無印良品の取手付き小物収納用キャリーボックス(MADE IN JAPAN)を使うと解決するかもしれません。