日本製の歯間ブラシで口臭・歯周病・虫歯予防|健康長寿に歯は不可欠

私は長い間、普通の歯ブラシ一本だけで歯磨きをしていましたが、かかりつけの歯科医さんが出来てからは3つの道具を使って歯の手入れをするようになりました。その後は非常に快適で歯の不調を感じる事もほぼありません。きっと丁寧に歯垢を取り除くようになったからだと思います。今日は私の愛用している日本製の歯間ブラシを紹介します。

ライオン ウルトラフロス 日本製 歯間ブラシ Y字

スポンサーリンク

食べカス除去より歯垢除去

歯と歯の間に緑色のほうれん草が挟まっていたらかなり辛い。しかしこの手の食べカスは簡単に取れるのでさほど大きな問題ではありません。

一番問題なのは歯垢、いわゆるプラークです。プラークは、虫歯の原因になるだけでなく、歯周病菌の温床になります。さらに口臭の原因にもなるので、毎回の歯ブラシで綺麗に取り除く必要があります。

しかし普通の歯ブラシで取り除けるプラークはせいぜい歯の表面と根元のあたりだけで、歯と歯の間の歯垢は取り除くのは難しいです。そこで必要になるのが「歯間ブラシ」です。

色々な歯間ブラシ

歯間ブラシは、小林製薬の「糸ようじ」のようなF型、爪楊枝のように一本になっているブラシ型、そして今回私が紹介するY字型などがあります。どれも使いこなすには少々の時間と慣れ、コツが必要ですが、一番簡単なのがY字タイプです。

F型が使いにくい理由

F型は前歯など真っすぐに使える場所には向いており、初心者でも簡単に使えます。しかし奥歯になると難しくなるのが問題です。

L型・ブラシ型が使いにくい理由

これは個人的な体験なのですが、歯間が狭い場合は差し込むのが非常に難しく、入らずにブラシが歪んでしまったり、血だらけになりました。

歯医者さんに相談したところ、狭い歯間の人に向いている「Y字タイプ」のデンタルフロスを勧められました。

もちろん歯と歯の間が広い方は、L型を使いこなせるならそれでいいと思います。ただ、奥歯になるとやはりL字型は使いにくいでしょう。

Y字タイプが使いやすい理由

何故「Y字タイプ」が使いやすいかと言いますと、奥歯の隙間にも簡単に入るからです。

ライオン ウルトラフロス 歯科用 made in japan 歯間ブラシ

ウルトラフロスの商品パッケージの後ろのイラストです。Y字の形なので、奥歯でもこのように入りやすい形なのです。

ただ、「Y字タイプ」でも、慣れないうちは力を入れすぎるという問題があります。実際、歯磨き指導の際に、力を入れずとも歯と歯の間に入るからと親指と人差し指だけで掴んで動かすようにと教えられました。

歯科用ウルトラフロス

私が歯科医でサンプルを貰って使うようになった、ライオンの歯科用「DENT.EX ウルトラフロス」です。私はSサイズの歯と歯の間が狭い人向きを使っています。

ライオン ウルトラフロス 歯科用 made in japan 歯間ブラシ

商品パッケージの後ろ。生産国記載無し。なのでライオンに電話をして確認したら「日本製」という回答を得ました。

ライオンさんは「日本製」と記載しているものもありますが、記載がないものは「日本製」で、外国製の場合は必ず記載しているそうです。

ライオン ウルトラフロス 歯科用 made in japan 歯間ブラシ

中には10本、カラフルな色がずらっと並んでいます。

ライオン ウルトラフロス 歯科用 made in japan 歯間ブラシ

使い心地

最初は力を入れ過ぎたりしていましたが、今は上手に使えるようになっています。歯と歯の間にこれをゆっくり差し込んで動かすと、気持ちいいくらいに歯垢が取れるので、今ではこれで歯垢を取り除かないと気持ちが悪いくらい。むしろ歯ブラシよりもこのフロスの方が重要な存在です。

ちなみに他のメーカーからもY字タイプが出ているのですが、中国製しかみたことがありません。ライオンさんのものも、何故か一般用のY字フロスは中国製なので、日本製が良い方はこの歯科用のデンタルフロスにしましょう。(購入の際には自分の歯と歯の間が狭いか普通かも考えて、Sサイズ、Mサイズを選んでください。)

Mサイズ

通販でまとめ買い(2018/8/31 追記)

通販でまとめ買いしました。

ウルトラフロス ライオン 歯間ブラシ Y字

楽天の「お口の相談室」という店で注文したのですが、おまけにライオンの美白歯磨き粉がついてきました。ありがとうございました。

最後にひとこと

食べることが大好きです。美味しく食べ続けるためにはどれくらい自分の歯を維持出来るかが重要です。それに歯の丈夫な人は長生きするという話もあります。皆さんも健康に長生きするために、歯磨きグッズに力を入れてみて下さい。