計量スプーンを洗わなくて済むようになる日本製の目盛り付きおたまは最高!

料理は段取り。それはちょっと凝った料理を作るときに痛感します。しかし段取り無しでさっと作るのも立派な料理です。というわけで、どちらかというとさっと作る料理派な私の愛用するようになった日本製の便利なおたまをご紹介。

スポンサーリンク

料理の必須アイテム

お料理を作る際に必要なものは色々ありますが、その中でも計量グッズは特に重要です。巷に居るという噂の「メシマズ」な人たちはどうもそこを重視していないところが悲劇を招いているようです。実際、料理が苦手だという知人は「計らない」し「味見しない」人で理解しがたい作り方をします。そんな彼女の料理は塩っからいか、薄すぎの両極端な仕上がりでした。「塩分の取り過ぎにもなるよ〜」と私がさんざん言ったせいか、最近は計るようになり料理の味も安定したそうです。

で、そんな彼女に何故今まで「計らなかった」のかを聞いたところ、「面倒」「計らなくても大丈夫だろう。薄かったら足せば良いし。」という理由でした。確かに薄味であれば足せばいいですが、濃い味付けになってしまったときに水で薄められない料理もありますからそう簡単ではありません。しかし家族の健康、塩分摂取量などを気にするならそうも言ってられなくなったようで、ようやく「計る」ようになったのでした。良かったです。

目盛り付きお玉

昔から計って料理を作るのが当たり前だった私は「面倒」という言葉を聞いてある意味衝撃を受けました。と言いつつも、私は「計量スプーン」を洗うことだけは面倒を感じていました。そんな私は楽なお玉はないかなあと何気なくググっていたところ、便利な「目盛り付きのお玉」を発見できたのです。それがこちら。

目盛り付 おたま 日本製

当然日本製です。

片口レードル 目盛り 日本製

内側が5ml、15ml、30ml。小さじ、大さじ、大さじ2ですね。

日本製 おたま レードル

商品使用後の感想

何が嬉しかったって、小さな計量スプーンを洗わずに済んだ事ですwこれってけっこう侮れません。いやほんとマジです。料理によっては小さじやら大さじやら複数使いますが、このおたまであれば洗わなくていい。洗うという行為は洗剤も水も余分に使いますから、ある意味節約にもなりました。(ちょっと大げさかな?w)

このおたまでそのまま料理も混ぜられますし、あと意外に形状が片口タイプだったのがこれまた良かった。お皿にも注ぎやすかったです。実は我が家には片口のおたま、レードルが無かったのです。今回、杏ジャムを使った時に使ったのですが、ガラス瓶に詰める時とっても入れやすくて嬉しかったです。小さな瓶に詰める時にはもっと小さな片口レードルがいいなとは思ったのですが、少なめに掬えば十分対応できました。

皆さんの口コミ

概ね良い評判がしめていました、特にスープジャーを使用されている方にはかなり評判が良かったです。ただし、ステンレス製で鍋に傷がつくのでは?という心配の声もありました。確かにテフロン加工の鍋では使うのを躊躇するかもしれませんね。そんな方には柔らかな素材の目盛り付きおたまが良いでしょう。探してみたらありました。私も欲しくなりました。そのうち買いますw

耐熱温度が200度のナイロン製のおたまです。食器洗い乾燥機にも使えるそうです。良さそうですね。そうそう日本製です。

最後にひとこと

料理はいかに効率よく作るか。プロではない素人にはこれが一番大切な事だと思っています。もちろん手間ひま掛けて作る事も大切ですが、日常生活の家事は料理だけじゃないですよね。となると使い勝手が一番です。だからこそ、道具って重要だなあと思いました。みなさんももしおたまを買う予定があるなら、目盛り付きのものを検討してみて下さい。楽ですよ〜w

ここまでお読み下さり、ありがとうございました。

スポンサーリンク

フォローする

関連するかもしれない記事