祝☆国産米100%復活三幸製菓「ぱりんこ」は塩せんべいの代表選手だと思う

職場の人から誕生日プレゼントにカゴに入った山盛りの「ぱりんこ」を貰った事があります。それくらい大好きです(笑)しかし数年前からぴたりと食べなくなりました。理由は味が変わったから。一口目で「あれ?」と感じました。二口三口食べて「・・・・・なんか違う。」となり、袋を見ました。すると原材料欄に「中国産、日本産、米産」の文字。泣き崩れました(頭の中で)沢山買い込んできた「ぱりんこ」は捨てる訳にもいかないので、少しずつ食べました。いつもならあっという間になくなるのに、数ヶ月掛けて消費しました。拷問でした。それから数年経った今年、お盆用お菓子を買いに行った私にまさかのプレゼント。なんと国産米100%の「ぱりんこ」が売られていました。今日はあまりに嬉しかったので、「ぱりんこ」のご紹介です。

スポンサーリンク

塩せんべいジプシー

元々私は甘いお菓子よりも塩気のあるお菓子が好きです。他に「ポテトチップ(コイケヤ)」「えび満月」や「黒豆おかき」などもお気に入りで、食べています。しかし筆頭のお気に入りは「ぱりんこ」でした。他にも色々な塩味のおかきはあるのですが、私の一番は「ぱりんこ」でした。しかし先述した通り、突如味が変わってしまい食べられなくなったのです。これは本当にショックでした。しかし元々塩味のおせんべいが好きなので、これを機会に新規開拓しようと他のメーカーを食べて試しましたが、どれもこれも好みではない。マズくはないが、違う。失った物は大きかった。

三つの味が入った「ぱりんこ 三種アソート」

お盆にはお客さんがくるのでお茶請けにお菓子をいつもより種類を多めに買います。甘いものから塩気のもの、色々ですが、今年は特売コーナーにどーんと「ぱりんこ」がありました。しかも「国産米100%使用」と記載されて!思わず「あっ!!」と声を上げそうになりつつ、にやける顔を隠すように俯いてカゴに入れました。一つだけ。理由は私の好みが変わっているかもしれないし、「ぱりんこ」の味つけも変わっている可能性があったからです。というわけでつれて帰った三種類入った「三種アソートぱりんこ」です。

嬉しい「国産米100%使用」表記。これだよ、これ待ってた!三幸製菓さん!!

三幸製菓 ぱりんこ

しかしまさかの三つの味で復活とは。「こくうまカレー味」「あっさり塩味」「ほんのり梅味」が入っています。

三幸製菓ぱりんこ 三種アソート

袋から出してみました。三種類が参列にざっと入っていました。

三幸製菓ぱりんこ 三種

カロリー一覧。参考までに。

三幸製菓ぱりんこ カロリー

あっさり塩味

数年ぶりの「ぱりんこ」です。味が変わっていない事を祈りつつ、食べました。味、戻ってました!!!嬉しい!これからまた特売のたびに買いだめしますよ!ありがとう三幸製菓さん!ちなみに塩味ぱりんこのカロリーは一袋(2枚)で35kcl。食塩は0.12gです。

三幸製菓ぱりんこ塩味

ほんのり梅味

つづいて初めての味。「梅味」表面に梅の赤い色の点々があります。味は思っていたより「梅」でした。ほんのりじゃないw梅味炸裂しまくってます。これは気に入りましたた!(・∀・)レギュラーラインになると嬉しいです。出たら買う絶対。こちらのカロリーは一袋(2枚)で34kcl、食塩は0.11g。

三幸製菓ぱりんこ 梅味

こくうまカレー味

最後にカレー味。見た目は黄色。カレーですね。味は「うん。カレーだ、けっこう濃い味?お、なかなか辛い。」でした。美味しかった。でも「ぱりんこ」ラインで出す必要性はないような・・・?ただ、この商品なら亀田製菓の「カレーせん」のシェアを奪えそうな気がします。味も大昔食べた記憶の中の亀田製菓の「カレーせん」よりコクがあって、スパイシーな印象です。韓国メーカー「農心」と業務提携した亀田製菓不買の人達なんて大喜びして買ってくれるんじゃないでしょうか?私も知人に教えるなどして応援しますよ〜。頑張って三幸製菓さん。

三幸製菓ぱりんこ カレー味

最後にひとこと

何せ嬉しい。嬉しい嬉しい!!「ぱりんこ」復活して本当に良かった嬉しいです。良い歳した大人がお菓子を食べるなという意見もありますが「食べ過ぎなければどうということはない」です。我慢してストレスになるよりも時々食べてその瞬間を心地よく過ごすのが一番だと個人的に思っています。というわけで、「三幸製菓さん、ありがとう。これからは味を変えるときはもっと慎重にお願いします。好きなお菓子が無くなるのは悲劇ですから!!頼みます!」
そうそう、国産米100%が復活してますが、ひょっとすると在庫品として「中国産、日本産、米産」の米が使われた物がまだ流通しているかもしれませんから、買う時には気をつけて下さいね。

ここまでお読み下さり、ありがとうございました。

スポンサーリンク

新しい記事を公開するとツイートしています。

フォローする

関連するかもしれない記事