すべて日本製|ステンレス製キッチンアイテムで美しい台所にする

機能的で美しい台所にしたい。そう思って、キッチンで必ず使うものをステンレス製のもので統一してきました。それらのグッズがそこそこ集まったので、まとめました。

キッチン イメージ

スポンサーリンク

ステンレス製を選ぶ理由

台所は水だけでなく油も使います。なので使うグッズは思い切り洗いたい。そこでステンレス製のものを選んで、色々なグッズを買いそろえてきました。

実際それは正しくて、ステンレス製のオイルポットはまるっと洗剤で洗えますし、プラスチック製からステンレス製に変えた洗い桶では、野菜も洗えるようになりました。母の評判も良いです。

常にピカピカにする快感もあって、ステンレスで揃えて良かったと思っています。というわけで、我が家で活躍中のステンレス製アイテムを紹介していきます。あ、もちろん全て日本製です。

洗い桶

劇的に使い勝手が良くなったと実感しているのは洗い桶です。今までずっと当たり前のようにプラスチック製の洗い桶を使い続けてきましたが、必ず黒ずみ、数年おきに買い替える必要がありました。

でもステンレス製の洗い桶は買い替える必要はありません。毎夜綺麗に洗って立てかけておくので、火を通す野菜ならこの大きな洗い桶で洗うこともできるようになりました(ただし生野菜はボールで洗う)

プラスチック製と比べるとどうしても重みはありますが、後悔は1つもありません。くわしいことは個別記事をどうぞ。

日本製ステンレス洗い桶を購入|もうプラスチック製洗い桶は買わない
長年プラスチック製の洗い桶を使っていましたが、ステンレス製の洗い桶に買い替えました。ぬるぬるが付かないし、見た目も美しく、満足しています。琺瑯の洗い桶と最後まで悩みましたが、ステンレス製にして良かったです。

スライドトレー付き水切りカゴ

一時しのぎで使っていた水切りかごが破損して買い替えることになった時、私は水切りかごを撤去する実験を行いました。無い方がすっきりするからです。

水切りカゴ撤去実験|判明したデメリットとその対策方法
物が出しっ放しでない台所は美しく、作業効率も高い。というわけで有るのが当たり前になっている「水切りカゴ」を撤去、代わりに水切りマットを置きました。その結果判明したデメリットとメリット、そしてデメリット解消案、更にその後についての記事です。

しかしいざ無いと不便だと判り、結局水切りかごを買うことにしました。ただし新しく買う水切りかごは慎重に探し、選んだのが「スライドトレー付きの水切りカゴ」でした。

日本製ステンレス製水切りかご|スライド式水受けトレーはお手入れ楽々
上のかごを持ち上げなくても溜まった水を捨てられる日本製ステンレストレー付きの水切りかごを購入。ステンレス製で美しく、まな板立てもついています。しかもまな板からの水滴も水受けに落ちるようになっている優れものです。

後付け包丁スタンド

ステンレス製水切りかごは大変気に入っているのですが、包丁立てがありません。これが問題でした。一応箸立てがありますが、そのまま置くと怖い。そこで買ったのが引っ掛けるだけで使える後付けタイプの包丁立てです。

水切りかごに後付けする包丁立て|ヨシカワの日本製後付け包丁スタンド
今年から使い始めたステンレス製水切りかごに後付けできる日本製のステンレス製包丁立てを購入しました。むき出しの包丁で怪我をする心配が無くなって良かった。

まな板立て

まな板立ては100円ショップでもありますし、実際に買った事があります。しかしやはり100円。すぐに倒れて使い物になりませんでした。なのでしっかりしたまな板立てを買う事にしました。

日本製のまな板スタンド|100円ショップのまな板立ては止めたほうがいい
先日、吉野檜のまな板を購入したのをきっかけに日本製のまな板スタンドを購入しました。非常に安定しており、倒れる気配はありません。大昔買った100円ショップのまな板立てとは大違いでした。

鍋フタホルダー

お料理に使う鍋には当然のごとく、フタがあります。しかしそのフタの置き場所は意外と悩みの種。蒸す為に使ったフタは高熱で火傷しそうになるし、場所を取ります。そこで見つけたのが、省スペースタイプの鍋フタホルダーです。

日本製レンジフード用折りたたみ鍋ふたホルダー|油溜まりに引っ掛けるだけ
置き場所に困る鍋のふたを置ける換気扇フードに引っ掛けるだけの鍋フタホルダーを購入。もっと早く買えば良かったと悔やむほどの当たりのアイテムでした。

オイルポット

揚げ物をよくするのでオイルポットは必須です。と言いつつ、長年ホーローのオイルポットを使っていました。しかし一カ所欠けてしまい、処分したのです。その間は、オイルポットにもなる鍋を使っていましたが、大きいのでコンロに出しっ放し。それがどうにも嫌で、新しいものを買う際に、欠ける心配のないステンレス製を選びました。

日本製のステンレス製オイルポットでシンプルで美しい台所にする
ステンレス製の受け皿付きオイルポットを購入しました。油垂れしても受け皿に溜まるし、丸ごと綺麗に洗えるので買って良かったです。でも一番良かったのは天ぷら鍋(オイルポットにもなるタイプ)が出しっ放しにならなくなったことです。片付くって素敵。

ドリップケトル

コーヒーを毎日飲んでいる方で、もしドリップ用のケトルを使っていない方がいるなら強く勧めたいのがドリップケトルです。

HARIOの日本製ドリップケトルで淹れたコーヒーは格別な美味しさ
ハリオのドリップケトルを購入。普通のやかんよりもドリップケトルで淹れたコーヒーの方が格段に美味しいことを知りました。早く買うべきだったと後悔しきりです。

笛吹きケトル

お湯が沸騰するとけたたましくなる笛吹きケトルはコンロの火をつけっぱなし防止になりますし、もしもその最中に倒れても鳴り続けて、近所の人が気付いてくれるかもしれません。

日本製の省エネ笛吹きケトルクイックワン|音の鳴るやかんのメリットとデメリット
我が家の笛吹きケトルの音が小さくなりました。聞こえにくいのは困るので省エネをうたっている新しい笛吹きケトルを購入。せっかくなので本当に早く沸くか実験もしました。その結果と感想、そして個人的に私が笛吹きケトルを勧める理由を書きました。

メモリ付きおたま

お料理のときに必ず使うおたまは機能的なものがおすすめです。それは大さじなどのメモリが入ったおたまです。ホットケーキを作る時にも活躍します。ただの丸いおたまは絶対に垂れてしまって綺麗な丸い形にならないので。

計量スプーンを洗わなくて済むようになる日本製の目盛り付きおたまは最高!
料理は段取り。それはちょっと凝った料理を作るときに痛感します。しかし段取り無しでさっと作るのも立派な料理です。というわけで、どちらかというとさっと作る料理派な私の愛用するようになった日本製の便利なおたまをご紹介。

100円ショップのステンレストレー

100円ショップで売られている日本製のステンレストレーは非常に優秀で、我が家では大活躍しています。

100円ショップの日本製ステンレス製バットやトレーをフル活用する
日本製ステンレス製バットやトレーを、箸置きやおたま置きにしたり、揚げ物のカス受けにしたりしてフル活用しています。

排水口ゴミ受けトレー

元々あった排水口のゴミ受けカゴはプラスチック製でした。プラスチック製は経年劣化しますし、変色します。そこでこれもステンレス製にしたいと思った買い替えました。とても気に入っています。

プラスチック製の排水口ゴミ受けを日本製ステンレス製ゴミ受けに交換
排水口のプラスチック製ゴミ受けを日本製のステンレス製排水口ゴミ受けに交換しました。ヌメリが付きにくいこととお手入れのしやすさに期待しています。

排水口のフタ

排水口にはフタがあると便利です。というのも水を溜めることができると作業効率がぐっと上がります。

シンクに水を溜める日本製止水栓購入|Belca「SP-204」
大きな物を浸け置き洗いする時、シンクに水を溜められると便利です。というわけで、菊割れゴムと止水栓がセットになっているベルカの「SP-204」を購入。換気扇の大きなフィルターも楽に洗えるようになりました。これは買いの商品です。

最後にひとこと

こうして並べてみると我ながらよく揃えたな〜と思いました。でもどれも買って後悔したものはありません。良かったら参考にしてください。