日本製のまな板スタンド|100円ショップのまな板立ては止めたほうがいい

毎日使うまな板の置き場所はシンク前方の棚です。しかし100円ショップで買ったプラスチックケースに無理に並べているため、使い辛い。でも新しいまな板を購入したので、日本製のまな板スタンドを購入しましたのでご紹介。

SALUS セイラス 新潟 燕市 まな板立て まな板スタンド 日本製 made in japan

スポンサーリンク

美シンクと作業効率追求

台所をより効率よく使えるように、少しずつアイテムを買いそろえています。今回はステンレス製のまな板スタンドを購入することでまな板が倒れてくるというストレスから解放されました。

美シンクと作業効率化追究1|シンクに水を溜められるようにする日本製止水栓購入

シンクに水を溜める日本製止水栓購入|Belca「SP-204」
大きな物を浸け置き洗いする時、シンクに水を溜められると便利です。というわけで、菊割れゴムと止水栓がセットになっているベルカの「SP-204」を購入。換気扇の大きなフィルターも楽に洗えるようになりました。これは買いの商品です。

美シンクと作業効率化追究2|水切りカゴ撤去実験で判明したデメリットとその対策

https://www.select-japan.com/japan/Draining-mat.html

日本製のステンレス製オイルポットでシンプルで美しい台所にする

https://www.select-japan.com/japan/oil-pot.html

日本製ステンレス洗い桶を購入|もうプラスチック製洗い桶は買わない

https://www.select-japan.com/japan/stainless-wash-tub.html

日本製レンジフード用折りたたみ鍋ふたホルダー|油溜まりに引っ掛けるだけ

https://www.select-japan.com/japan/nabe-futa-holder.html

複数枚あるまな板の置き場所

我が家には、切るものによって使い分けるため、それぞれサイズ違い、素材違いの複数のまな板があります。使用後はまな板を乾かした後、プラスチック製の細長いケースに入れ、シンク前方の棚に並べていました。こんな感じでした。

まな板立ての代わり プラスチックケース

これは100円ショップで売っていた区切られるようになっているケースです。この中に乾いたあとのまな板を収納し、隣のラックにもたれかけさせる状態で使っていました。

映っているのは長年使っていた40cm以上あるまな板で、大きく重いため、ちょっとしたはずみで倒れてきてしまうため使い辛いことこの上ない。

でも先日新しい吉野檜のまな板を購入したために、母しか使わなくなりました。

参考 吉野檜のまな板を購入|新しいまな板の買い時とまな板削りサービス

吉野檜のまな板を購入|新しいまな板の買い時とまな板削りサービス
長年使っているまな板が相当くたびれており、母が奈良で吉野檜のまな板、大小二つ買ってきました。新しいまな板は野菜を切るのも楽しくて、料理の時間が楽しくなりました。でも今まで使っていたサイズより小さいので、同じ大きさのまな板も欲しいです。

新しいまな板を二つも購入したため、もうこのプラスチックケースでの管理は難しくなりました。それにもうすぐ新年ですし、思い切ってステンレスのまな板立てを購入したのです。

日本製ステンレス製まな板立て

こちらが購入した日本製のステンレス製まな板スタンドです。

SALUS セイラス 新潟 燕市 まな板立て まな板スタンド 日本製 made in japan

袋から出しました。2枚立てられるようになっています。サイズは、横13.5cm、奥行きは11.5cm、高さ11cmです。

SALUS セイラス 新潟 燕市 まな板立て まな板スタンド 日本製 made in japan

ラベル。日本製です。

SALUS セイラス 新潟 燕市 まな板立て まな板スタンド 日本製 made in japan

まな板を立てかける部分の幅は、一方が2.5cm。

SALUS セイラス 新潟 燕市 まな板立て まな板スタンド 日本製 made in japan

もう一方は約3.5cm。

SALUS セイラス 新潟 燕市 まな板立て まな板スタンド 日本製 made in japan

新しいまな板を置いてみました。倒れる気配ゼロです。やはりしっかりしていますね。そうそう、鍋蓋を立てかける人もいるようです。

SALUS セイラス 新潟 燕市 まな板立て まな板スタンド 日本製 made in japan

横から。まだ余裕があります。

SALUS セイラス 新潟 燕市 まな板立て まな板スタンド 日本製 made in japan

使ってみた感想

多分15年くらい前ですが、100円ショップのたぶん中国製(!)のまな板立てを使ったことがあります。でも本体がとても軽く、我が家にあるまな板を置くとすぐに倒れてしまう代物で、すぐに廃棄処分に。なので「まな板立ては倒れる」という思い込みをずっと抱えていました。

しかし今回ちゃんとしたまな板立てを購入してみたら、100円ショップのものとは作りが全く違い、ずしっとした重みがありました。やはり「安かろう悪かろう」はあるんだなあと痛感です。とは言え、私の買ったこのまな板立ては1000円ほどのものです。その価格でこのクオリティ。良い買い物をしました。というか、倒れてイライラすることがなくなったので、もっと早くに買うべきでした。

ただ、もう一つ別メーカーの日本製のまな板立てで4枚立てかけられるものもあり、気になっていました。この商品より価格がかなり高いのですが、今となってはそれを買っても良かったかな?と思ってます。というのも、もう1枚まな板を買ったら置き場所が無いからです。

なので今回買ったものは鍋蓋掛けとして使い、もしも、新しいまな板を購入したらそっちにしてもいいかな?とも思っています。

4枚のもの。ぶっちゃけ高い。でも評判は頗る良いです。まな板が沢山あるおうちで大変喜ばれていました。

置き型は邪魔だという方は、収納ラックに下げるタイプもあります。ただ調理中に頭をぶつけないサイズであるか、実際に挟んで使えるかどうかのチェックが必要です(我が家では頭に当たりそうな位置なのでやめました)

最後にひとこと

余談ですが、このまな板立てにタブレットやmac miniなどのパソコン関係の機材を立てかけて使っている人もいました。全く倒れないので非常に使いやすいそうです。なるほどそういう使い方があったかと感心しました。でも良い道具は作られた目的だけにこだわらず、他の使い方で利用してもいいんですよね。タブレット置きにしている方の口コミで学べました。