【日本製の精米機】TIGERの家庭用精米機【美味しいご飯】

数日前、ネット上に「お米の賞味期限は2週間」という信じがたい情報が走りました。ありえない。流通上絶対に2週間越えてるはずなので私は信じないことにしました。(といいつつ、我が家は田舎から茶色の大きな袋入りの玄米を送ってもらっているのであまり関係ないのですが。)以前はこの玄米をコイン精米機で一度にすべてを精米してから持ち帰っていました。しかしあろうことか、コイン精米機が離れた位置に大移動(なぜだ 涙)それを機会に家庭用の精米機を購入するに至りました。これは非常に良いお買い物で、精米したばかりのお米は本当に美味しいのです。というわけで、我が家で元気に働いているタイガーさんの精米機をご紹介します。

スポンサーリンク

TIGER「RSE-A100」

コイン精米機の印象が強いせいで、精米機は巨大な印象でしたが、購入したタイガーの家庭用精米機「RSE-A100」はとてもコンパクトでした。詳しい仕様が気になる方はこちらからどうぞ。タイガーさんの当該の製品ページです。

タイガー精米機RSE-A100

段ボールから出しました。全てがこの中に入っています。

タイガー精米機TIGER-RSE-A100

中から部品を取り出しました。お米の計量カップもついています。ちなみにこの機種を選んだ理由は全てを綺麗に取り外せて丸洗いできることでした。やはり手入れが簡単に出来ないと嫌なので。

タイガー精米機TIGER-RSE-A100

これまた気に入ったところなのですが、写真でも判ると思うのですが足は吸盤になっています。これでひっくり返ったりせずに固定されるのです。素敵。

タイガー精米機TIGER-RSE-A100

そして更にポイントが高かったのが、しまえるコード。いわゆる巻き取り式になってます。おかげで本体にぐるぐる巻き付けたりせずにすっきり設置できます。タイガーさんいい仕事してます。

タイガー精米機TIGER-RSE-A100

部品セットについての注意書きです。順番通りにきっちりセットしないと使えないようになっています。勿論守って使っていますが一点不満が。それは精米カゴがさっとはまらない事。取っ手を持ってくるくる回して「かたん」と落ちたらセット出来ているのですが、これがなかなか難しい。使い始めた頃良く有ったのですが、セット出来たと思ってもふたが閉まらないwちゃんとはまってないと閉まらないのです。まあこのおかげできっちり精米できるようになっている、とも言えるのですが。もっとさくっとセット出来るように新機種では改善してほしいです。(そんな大げさなものじゃないですが 笑)

タイガー精米機TIGER-RSE-A100説明書

毎度おなじみ、日本製の証。「MADE IN JAPAN」と本体の後ろにあります。

タイガー精米機TIGER-RSE-A100

電源を入れます。この際、きっちりふたがしまってないと電源が入らないようになっています。まず精米する量をボタンでセット。ここでは2合にしました。続いて、無洗米にするということにして「玄米から」なのか、「白米から」なのかをボタンで押して選び、運転開始します。お好みのお米タイプに精米したい場合は、無洗米ボタンのランプを消してから一番下にあるレバーを動かしてコースを選びます。「無洗米コース」「胚芽コース」「玄米コース」の三つがあり、3分づき、5分づき、7分づきと選べるようになっています。といいつつ、いつも無洗米にしてます。もったいないかも(笑)何にせよ使う人の好みでいかようにも出来るので便利です。あ、この精米機は一度に5合まで精米できます。大家族は二回しないといけないかも?

タイガー精米機TIGER-RSE-A100

無事にふたも閉まり、コース設定もおわったところ、あとはスタートボタンをぽちるだけです。

タイガー精米機TIGER-RSE-A100

精米中です。熱と蒸気が発生するのでふたがくもります。あとものすごく音がうるさいのでテレビは確実に聞こえません。ご近所迷惑になりかねないので深夜の精米はNGです。

タイガー精米機TIGER-RSE-A100

精米完了。ほんのり温かいです。なのですぐに研いだりせず、冷たくなるまで休ませてあげてください。

タイガー精米機TIGER-RSE-A100

精米カゴを取り出すときは要注意です。写真のようにびっしりぬかがくっついています。まき散らさないようにしてくださいね。

タイガー精米機TIGER-RSE-A100

精米カゴを外したあとのぬかボックス。たくさんのぬかがwこれも一点不満、というか改善希望点があります。取り出しにくい!取手はないですし、それに上部のふちに少しぬかがついていることも。こうなると外す時にこぼれてしまいます。こぼれにくくて外しやすいようにボックスの改良が欲しいです。今は中に手を突っ込んで羽が回る部分を掴んで取り出しています。

タイガー精米機TIGER-RSE-A100

2016/10/16 追記
なんと今年、新商品が発売されていました。新しい商品ではぬかボックスに「取手」が!w精米部分と一緒に取り出せるようになっており、本体にぬかがこぼれ落ちないように進化してました。素晴らしいです、タイガーさん!でもまだ今のやつが壊れてないので買い替えませんけど。ちなみに新商品はこちら。DCモーターになっており、熱もおさえられ、なおかつ節電にもなっているようです。企業努力なさっていますね。

ぬかボックスを取り出しました。さっとふきんで拭けば綺麗になります。

タイガー精米機TIGER-RSE-A100

取り外す時やぬかを捨てる時にどうしてもぬかがこぼれてしまうため、我が家では新聞紙を広げてそこで作業するようになりました。これが一番楽です。

タイガー精米機TIGER-RSE-A100

そっとひっくり返してぽんぽんと叩いてぬかを落とします。それでも側面についたぬかは落ちないのでティッシュや手でぬぐっています。これを改善するには、ぬかを払う筆のような付属品があると嬉しいかも。でも値段が上がるのは嫌だから無理かな。

タイガー精米機TIGER-RSE-A100

ぬかの山です。ぬか漬けをする習慣のある家では便利ですね。

タイガー精米機TIGER-RSE-A100

最後にひとこと

日本人だからなのかやはり毎日お米を食べないと元気がでません。この精米機が来てからというものご飯を食べるのが更に楽しくなりました。もちろん白米で買って来たお米もおいしいですが、やはり精米したてのご飯は本当に美味しいです。さらに玄米は保存するのにむいているとも思うので、災害にそなえるために電池でも動かせるような改良があると嬉しいですタイガーさん。

ここまでお読み下さり、ありがとうございました〜。

関連するかもしれない記事
スポンサーリンク

フォローする