冷凍うどんの進歩に感動|キンレイ「お水がいらない肉うどん」試食の感想

「お水がいらない」という言葉に驚いて、キンレイの「水がいらない肉うどん」を思わず買ってしまいました。感想です。

スポンサーリンク

水がいらない!?

おうどんに水、というか出汁はつきものですし、うどんをゆでる水も必要です。なのに「水がいらない」という驚きのキャッチコピー。

見つけてすぐに買い物かごに入れてしました(新しいもの好きなのです)

キンレイ「お水がいらない肉うどん」

こちらが衝動買いしちゃったおうどん、キンレイ「お水がいらない肉うどん」です。麺は国産小麦だそうで嬉しい。

キンレイ お水がいらない肉うどん

後ろ。作り方だの色々載っています。

キンレイ お水がいらない肉うどん

カロリーは440kclです。

キンレイ お水がいらない肉うどん

説明ではそのまま鍋に入れろということです。土鍋だと美味しさがますというので土鍋にすることに。

キンレイ お水がいらない肉うどん

お出汁と麺と具材の三層構造ということです。

キンレイ お水がいらない肉うどん

出して真上から一枚。そのまままるっと凍らせた感じですね。

キンレイ お水がいらない肉うどん

横から。確かに三層構造になっています。って具材の視認は難しいですが。

キンレイ お水がいらない肉うどん

一人用の土鍋に投下。ぴったりサイズでちょっと嬉しい。

キンレイ お水がいらない肉うどん

火にかけるとすぐに出汁が融けてきました。

キンレイ お水がいらない肉うどん

ここから出汁が完全に融けるまで少し時間が掛かりました。中まで融けるまで8分くらいだったかな。弱火なので仕方ないです。

キンレイ お水がいらない肉うどん

完全に温まったのでいざ食します。あ、お箸一緒に撮ってないや。

キンレイ お水がいらない肉うどん

食べてみた感想

「おおお、麺にしっかり歯ごたえがある!」

というのが一番に思った事です。一応色んなメーカーのおうどんを食べていますが、冷凍物はどうしても柔らかい。歯ごたえがない記憶です。でもキンレイさんの麺はしっかりと弾力のある麺でびっくりしました。

お出汁は甘めの印象。でもしっかりコクがあって美味しい。家でおうどんを食べようとすると生麺か乾麺を用意して、お水で湯がく必要がありますし、更に出汁もつくらないといけません。もちろん自分の好みの出汁で食べられるのも利点ですが、正直面倒なことが多い。でもこれなら土鍋に入れて温めるだけって、凄く楽です。こりゃいいもの見つけた〜と思いました。

で、これは今後も買って冷凍庫に入れておこうと思ったので、原材料の確認をしたところ、国産小麦の麺、アメリカ産牛肉、ねぎがまさかの中国産でした・・・・わーん。ねぎが国産なら完璧なのにな〜。でも避けて食べればいいか。

原材料はこちらで確認しました。ちゃんと公開してくれています。ありがとう。隠さないでくれて。

参考 お水がいらない肉うどん(キンレイ公式サイトへ移動する)

ちなみにキンレイさんのサイトで知ったのですが、他にラーメンもありました。これもお水がいらないという。食べてみたいな。でも原材料チェックをしてから選ぼうと思います。

他に、全ての原材料が日本の「九条ネギとお揚げの京風うどん」やほぼ国産材料を使った(牛肉は米産なので)「お取り寄せコレクション」なる「お水がいらない」シリーズがありました。どれも美味しそうです。これはお取り寄せしなくては。

参考 なべやき屋キンレイ「お取り寄せコレクション」

最後にひとこと

冷凍のおうどんって、ここまで進歩していたんですね。感動しました。美味しいし簡単だし。すごい。食べてみたいと思った「お取り寄せコレクション」を注文して少しずつ紹介したいと思います。