コイケヤプライドポテトにコンソメ味「インペリアルコンソメ」登場

私はポテトチップスのコンソメ味が大好きです。うす塩ものり塩も好きですが、一番好きなのはコンソメ味です。なのでずっと待っていました。コイケヤプライドポテトシリーズに「コンソメ味」が登場することを。というわけでご紹介。

KOIKEYA PRIDE POTATO インペリアルコンソメ 日本産じゃがいも コイケヤ 湖池屋 made in japan

スポンサーリンク

コイケヤプライドポテトとは

コイケヤは普通のポテトチップスも出しています。

参考 国産じゃがいもにこだわるコイケヤのポテトチップス|レギュラー3種

しかしこれらレギュラー三種以外に出し始めたのが「高級路線」のコイケヤプライドポテトシリーズで、今までにも色んな味が登場しています。しかし当たり外れもあるんですよね。

参考 コイケヤ「幻の芋とオホーツクの塩」試食|今金男爵芋100%使用のプライドポテト

パワフルボーカルのあのCM

TVのCMで「100パーセント日本産のぉおぉおおぉ〜〜〜、いもおおおお、いもおおおおおおお、使ってえええるのおおぉおぉおぉおお〜〜」とパワフルに唄っているCMのアレです。

30秒バージョンのCMはこちら。

「100% SONG」のフルバージョン。

CMのメイキング。

2015年のゴスペル甲子園で優勝した鈴木瑛美子さんがボーカル

CMソングでしか知らなかったので、調べて彼女の他の楽曲を唄っているのを聞いてたまげました。

これからどんな作曲家、作詞家と出会うか判りませんが、彼女の声を活かしたオリジナル楽曲を聴いてみたいものです。それにしても凄い。

コイケヤプライドインペリアルコンソメ

うっかり鈴木瑛美子さんの記事になりそうになりましたが、本題。私が待ちに待ったコンソメ味です。モエ・エ・シャンドンのボトルの色のようなシャンパンピンクのパッケージに高級感が漂っており、期待が高まります。

というか名前が凄いです。インペリアルです。最上級です。「インペリアルスイートルーム」とかで使う「インペリアル」のついた「インペリアルコンソメ」って、もの凄い自信が無いと付けられないですよね。

KOIKEYA PRIDE POTATO インペリアルコンソメ 日本産じゃがいも コイケヤ 湖池屋 made in japan

後ろの説明にも力が入っています。「琥珀色に透き通った、最上級コンソメスープの味わいをポテトチップスに。贅沢な食材たちが織りなす多彩な旨みを、絶妙にブレンドしました。老舗・湖池屋が職人のプライドをかけて、本当に美味しいコンソメを追求して作り上げたポテトチップスです。」うーん。力が入っていますね。

KOIKEYA PRIDE POTATO インペリアルコンソメ 日本産じゃがいも コイケヤ 湖池屋 made in japan

さらに別の説明も。「和牛とホタテと伊勢海老のコンソメ/和牛、国産帆立、まるごとの伊勢海老。贅沢な素材の凝縮した旨みに、三種の香味野菜と白ワインの風味をきかせてじっくりと煮詰めたような、味わい深いコンソメです。」和牛に帆立に伊勢海老!もう贅沢の限りを尽くしていますね。

KOIKEYA PRIDE POTATO インペリアルコンソメ 日本産じゃがいも コイケヤ 湖池屋 made in japan

食べる人には大切なカロリー。一袋340kclです。塩分相当量は0.7%です。残念ながらリッチコンソメは60gだと334kaclなので少し高いカロリーです。あと塩分量ですが、世界保健機関(WHO)の推奨する塩分量は約5g。日本独自の推奨数値は、男性が8g、女性は7gとなっています。

参考 「日本人の食事摂取基準(2015年版)策定検討会のまとめ(厚生労働省)

KOIKEYA PRIDE POTATO インペリアルコンソメ 日本産じゃがいも コイケヤ 湖池屋 made in japan

開けました。色がレギュラーのリッチコンソメよりも薄いようです。

KOIKEYA PRIDE POTATO インペリアルコンソメ 日本産じゃがいも コイケヤ 湖池屋 made in japan

こちらはリッチコンソメ。やっぱりこっちのが少し色が濃いめですね。

コイケヤ 湖池屋 ポテトチップス 国産じゃがいも 日本産 リッチコンソメ

食べた感想

開けた時に香しい匂いがするかと思いきや、無し。鼻でくんくんしてようやくポテトチップスの匂いがしました。匂いの印象は非常に大人しい。

食べてみると味がとても柔らかい印象でした。ぶっちゃけ「リッチコンソメ」は舌にかなり強く攻撃してくるのですが「インペリアルコンソメ」はその強烈な攻撃がありません。

しかしその旨みは明らかに上です。舌の上に乗せた瞬間に「リッチコンソメ」とは違う味わいが訴えてきます。そして咀嚼すると、「リッチコンソメ」では感じたことのない、伊勢海老や国産帆立などの複雑な味わいが舌の上で広がりました。

「インペリアルコンソメ」と名付けたのも頷けます。ただ「中毒性」は無く、「リッチコンソメ」のように立て続けに食べさせる強い魔力がありません。この点はメーカーにとっては良くないでしょうが、健康には良いでしょう。

で、私がリピートするかどうかですが、売っていたら買うかも?です。探してまでは買いません。レギュラー味の「リッチコンソメ」があればそっちを買う選択です。

「複雑な旨み」は素晴らしいのですが、少しクセがあるのです。そのクセが私の好みではない。そういう理由でリピートは無しです。

最後にひとこと

非常に上品なコンソメ味のポテトチップスでした。複雑な旨みの味わいを楽しめる人は多分リピートしまくるでしょう。残念ながら、私の舌にはその世界を楽しめないようです。でも美味しかったです。コイケヤさんごちそうさまでした。

スポンサーリンク

新しい記事を公開するとツイートしています。

フォローする

関連するかもしれない記事