古くなったブラジャーはワコールのブラ・リサイクルキャンペーンで切手に交換

今朝、NHKの朝の情報バラエティ番組「朝イチ」でブラジャー特集をしていました。そしてブラジャーにまつわる色々なお話をしていたのですが、最後に古くなったブラジャーを回収してくれることについて触れていました。そしてはっと思い出した私。今年の春先に回収されていた「ブラリサイクル」を利用していました。というわけで、その方法です。

スポンサーリンク

古くなったブラジャーの捨て方

ワコールさんでは「ブラ・リサイクルキャンペーン」なるものを行われています。
しかしその活動を知ったのは今年の春頃。新しい日本製のブラジャーを探していた時でした。そしてその時に知ったブラジャーの捨て方に青くなりました。というのも私は相当いい加減な捨て方をしていたからです。

少し考えれば判る事なのですが、ブラジャーにはホックなどの小さな金具や形を維持するためのワイヤーやプラスチックがあります。ゴミの分別が細かい市町村では、捨てる際にはそれらを外した上で捨てなくてはいけません。しかし私はそんな事も考えた事もなく真ん中あたりをはさみでざくっと切って中身の見えない袋に入れて捨てていたのです。

ワコールさんのブラジャー分解の90秒動画がありますので、是非ご覧下さい。

この動画を見た私。自分が今までいかに何も考えずに捨てていたかとショックをうけました。反省しきりです。もちろんゴミ分別が無い地域では今までの私のやり方でも大丈夫です(私の住む地域は細かい分別をするよう定められているため)

このキャンペーンを利用しない、利用したくない方も、良かったら動画をご覧になってください。なんと、ブラジャーに使われている綺麗なレースを外して再利用するという提案がありました。お気に入りの袋に縫い付けたら、世界に一つの素敵な袋になりますね。この発想はなかった。朝の連ドラ「べっぴんさん」を見て刺繍などしてみたくなっている私は、挑戦してみようかとちらっと思いました(多分できないけどw)

というわけで早速、この「ブラ・リサイクルキャンペーン」の詳細を読んで、取扱店舗に言って回収袋を貰ってきました。

ブラジャーの捨て時、処分の時期は?

回収袋を持って帰った私は、引き出しからブラジャーを引っ張り出しました。そしてダメそうな物を二つほど選びました。が、私の基準は「よれよれ」感がある、表示が薄くなっているものです。これだと若干曖昧な気がします。というわけで、ワコールさんで「ブラジャーの捨て時」について勉強してきました。
こちらのページによると「5つのチェックポイント」がありました

  1. 見た目がくたびれている
  2. カップがしわしわで凹んでいる
  3. 調整してもストラップがずれてくる
  4. アンダーやサイドのメッシュ・ゴムが伸びたり、薄くなったりしている
  5. ワイヤーが変形している

なるほどなチェックポイントです。でもワイヤーは外から見えないしなあとも思いました。っていうかワイヤーが変形するってどんな洗い方したらそうなるのかと思いましたが、洗濯ネットに入れずに洗濯機で洗うなどすると歪んでしまうんでしょうね。大切なブラジャーですから、なるべく手洗いをしたいと思います。と言っても、洗濯ネットにいれてドライコースが定番なのですがw

でも先日手に入れた高級ランジェリーだけはランジェリー用の洗剤を使っています。
https://www.select-japan.com/japan/wacol-Lingerie-wash.html

理由もなくブラジャーが合わなくなったら必ず病院へ

「朝イチ」では、ブラジャーの捨て時として「サイズ表示が薄くなっていたら流石に処分した方がいい」と言っていました。確かに表示が薄れるのは相当古い証拠だと思います。でもそれよりとっても気になった意見がありました。

それはどのブラジャーも何故か合わなくなって病院にいったら「乳がん」を発見したという視聴者の意見です。これはとても重要な情報です。新しくて歪んでもいないのに、今まで使っていたブラジャーが突然合わなくなるなど、ちょっとおかしいと思ったら「乳がん」検診を疑うことも必要だと判りました。そう言えば、おっぱいが片方だけ大きくなった時も乳がんだったという話が「たけしのほんとうは怖い家庭の医学」で紹介されていました。皆さんも気をつけて下さいね。

ワコールの「ブラ・リサイクルキャンペーン」

というわけで、貰って来た回収袋です。

ワコール ブラ・リサイクルキャンペーン

キャッチコピーがあります。「買う時のドキドキも 捨てる時のドキドキも ワコールが解決。」

ワコール ブラ・リサイクルキャンペーン

回収期間は2015/11/1から2016/3/31まででした。今ちょうど2016/11/1〜2017/3/31で回収が始まっています。袋に西暦が印刷されていないので、ずっと流用できますね。これも一つのエコかも。

ワコール ブラ・リサイクルキャンペーン

ブラジャーを「RPF」という再生燃料にするそうです。

ワコール ブラ・リサイクルキャンペーン

捨てる時期の来ているブラジャーの判別法が印刷されています。

ワコール ブラ・リサイクルキャンペーン

不要なブラジャーを入れて封をした後の行程も印刷されています。

ワコール ブラ・リサイクルキャンペーン

なんと製紙会社に行くのですね。そして開封はされずに「RPF」に。この燃料はCO2排出量も少なく環境にも良いそうです。

ワコール ブラ・リサイクルキャンペーン

この袋には6つまで入ります。メーカーは問われませんよ〜。まあ見えませんけど。

ワコール ブラ・リサイクルキャンペーン

私は二つ入れました。中は全く見えません。よれよれでも大丈夫ですw

ワコール ブラ・リサイクルキャンペーン

締め切りギリギリでしたがお店に持って行き、52円切手をいただきました。とても可愛い切手でまだ使ってませんwちなみに今年貰える切手は「フクロウ」のデザインです。これがまた可愛くてまた使えないかもw

ワコール ブラ・リサイクルキャンペーン

裏です。

ワコール ブラ・リサイクルキャンペーン

最後にひとこと

古くなったブラジャーの処理って気を遣います。それをワコールさんが代わりにしてくれるのだからどんどん利用するべき良いサービス、キャンペーンだと思います。それに使うにしろ、使わないにしろ、使い古したブラジャーが切手52円になります。収集癖の無い人は嬉しい特典ですよね。

最近はランジェリー用洗剤を使って丁寧に洗うようになっており、傷んでいるものがあるかわかりませんが、来年の期限までにまた古いブラジャーをチェックして、ワコールさんに持って行こうと思います。

ここまでお読み下さり、ありがとうございました。

スポンサーリンク

フォローする

関連するかもしれない記事