【日本製カチューシャ】痛くならないカチューシャ【メイドインジャパン】

ロングヘア、ショートヘアも気にせずに付けて楽しめるのがカチューシャ。でも長時間付けていると痛くなったり、長時間でなくても頭の形状が商品と合わないのか数分も付けていられなかったり、けっこう悩みのあるアイテムです。というわけで、探してみた日本製カチューシャ。ありましたありがとう!

スポンサーリンク

カチューシャとは

今回の購入をきっかけに調べて知ったのですが、「カチューシャ」っていうのは和製英語で、日本独自の名称でした。確かに以前から「カチューシャ」ってロシアっぽいなあと思っていました。すると大当たり。

wikipediaによるとロシアの大作家トルストイ氏の小説「復活」に出てくる少女の名前がカチューシャで、その少女が身に着けていたヘアバンド(私たち日本人の呼ぶカチューシャ)だったそうです。

そこで思い出したのが元の歌を聴いた事は無いものの、浅田次郎氏の小説「天切り松」シリーズで出てきた「カチューシャかわいや」というフレーズ。ひょっとしてと思って調べたら、これまた大当たり。この歌こそトルストイ「復活」を舞台化して劇中で歌われたものだったのです。うーん。どこでどう繋がるか判らないものですねえ。そしてこの歌が大ヒットしてカチューシャという名称が日本のみで定着したのも頷けます。

本来の名前は「ヘアバンド」

では私たちが呼んでいるカチューシャの正式名称はなんだといいますとそれは「ヘアバンド」。確かに頭に付ける装飾品なのでさもありなんです。そのままです。ちなみに英語圏ではヘッドバンド(headband)、いわゆるカチューシャの形状はイギリスにおいてはアリスバンド(aliceband)だそうです。あと布地のヘアバンドはヘアターバンとも言うそうです。あきらかに日本びいきでしょうけど、カチューシャのが良くね?思いました。だって音の響きが可愛いし。

詳しくはwiki:ヘアバンドのカチューシャの項目へ
ただし、wikiは100%真実ではないことを念頭に置いて下さいね。

最近のカチューシャのもろさは異常

名称を調べたら面白い事が判ったので脱線気味になってしまいました。話を元に戻しましょう。

気のせいなのか、いや、絶対そうだと思うんですが、最近のカチューシャってすぐに壊れます。ていうか壊れまくってます。壊れました。先日もまっぷたつに割れました。小学生の頃(何年前の話だとか考えてはいけない 笑)の記憶ですが、一度も割れたり、折れたりしてなかったのに、半年で3つの破壊。これではコストがバカにならない。もう捨ててしまったので証拠はないのですが、写真とっておけばよかったなあ。写真が無いと大げさだと思われそうだし。本当なんですよ〜。ちなみにどこ製だったか不明です。というのもこの手のアイテムは生産地を記載して売ってることがほぼないからです。中国製や韓国製なら絶対に避けますし、そうなると結局どこのものか判らない無記名アイテムを購入という流れに。ってひょっとしてそっちのが危ないのか!?だが中国製や韓国製は嫌だ!うう。悩ましい。

日本製カチューシャを扱っているお店

ようやく本題に。私はグーグル先生の協力を得て、「日本製カチューシャ」で画像検索。何故画像で検索したかと言いますと、単純に私でも付けられるシンプルなものが欲しかったからです。大きいリボンとか付いてたら無理なので(笑)
で、画像検索で見つけた画像で私の瞳が反応したのは、こちらのお店、ウィッグ WIG ルネスさん。楽天さんの中にありました。

ウィッグ WIG ルネス

一つだけにしようと思ったのですが、ポイントがけっこうたまっていたので二つ購入。
注文して翌日に到着してくれました。梱包が丁寧で好印象なお店でした。

茶封筒で佐川郵便で届きましたが、商品は厚紙でガードされてパッキングされていました。これは好印象。

headband1

更に個別にちゃんと包装されていました。左端の小さなゴムはおまけ。
普段使いで使えるので嬉しい。

headband2

開けてみたら結構しっかりした作り。

headband3

髪に差し込む部分をアップ。

headband4

私の頭ですが(汗)髪に差し込んだ写真。きれいに装着できています。

headband5

このあと丸一日、お風呂に入るために外すまで痛くなりませんでした。素晴らしい。昔使ったタイプのこの手の針金?で固定するタイプは数分付けていたら頭痛を起こすレベルだったので感激です。

ちなみにカチューシャの端部分が柔らか素材で、これが痛くならないカチューシャの秘密だそうです。確かにふにふに柔らかいです。
そのふにふに部分が↓

headband8

こちらはどこ製か不明、尚かつ何年使っているか不明のカチューシャ。お気に入りですが流石にくたびれ具合が酷い(涙)端部分がはずれてきています。これがダメになったらと不安を覚えて今回の購入に至りました。ちなみにこのカチューシャのみ折れずに済んでいるのはプラスチック製じゃないからでしょうね。

headband9

もう一つの方はこちら。シンプルです。

headband6

ギザギザ付きなのでずれにくい。

headband7

ちなみに購入したのはこちら二つです。ご参考までに。

2017年1月に新たに購入

こちらの頭が痛くならないカチューシャを使い始めて随分経ちますが、コーム式の方はまだ健在です。もしも買うなら断然コーム式をおすすめします。しかし実はコーム式ではない方は折れてしまいました。でもそれは私の不注意で踏んづけてしまったせいで、劣化が原因ではありません。どれくらい持つかを報告したかったのに出来ずじまいで申し訳なかったです。

で、そのうち新しく購入して劣化実験しないとなあと思っていたのですが、コーム式のが全く壊れず、不便がなかったのでそのままずるずる時間が経ってしまい、この記事を最初に買い手から既に1年半以上も経ってしまいました(汗)

でも昨日外出した先の雑貨店でなんとこちらの商品を発見したので購入してきました。なので今度こそどれくらいで折れてしまうのかを報告するべく、大切に扱おうと思います。というわけで、購入したのはこちら。

カトリ 痛くならないカチューシャ 日本製 made in japan

以前のものと全く同じ物ではありませんが、こちらも痛くありません。さあどれくらい持つでしょう。

最後にひとこと

私のように最近折れてばかりだと心が折れている方は是非コームタイプをお試し下さいませ。私のはもう2年近く経っていますが全くもって壊れる気配はありませんよ〜。オススメです。

ここまでお読み下さりありがとうございました〜。