スカート選びは丈が最重要|エムプルミエの日本製フェイクレザースカート

残り福狙いでバーゲンに行きました。そしてふらっと入ったお店M-PREMIER(エムプルミエ)で日本製のとてもシルエットが美しい合成皮革のスカートを発見して購入。かなり嬉しかったのでご紹介。

スポンサーリンク

一つ買ったら一つ減らす

クローゼットの容量は限界があるので「一つ買ったら一つ捨てる」を実行しています。でもそれを続けていたら「一つ捨てる」ことが大変なので、お買い物に行っても買わずに帰ることが増えました。

しかしそんな私が「これは買わなきゃ!」と思ったものと久々出会いました。思えば今もお気に入りのアイテムであるデュラスアンビエントの総レースマキシ丈ワンピース以来の運命の出会いです。

ラム革のボトムは年齢を選ばない

10年以上前に買ったラム革のタイトスカートを一枚持っているのですが、これが異常なほどに使い勝手の良いアイテムで、秋、冬は大活躍してくれています。本革ですし、年齢的に似合わなくなることもない。とても優秀なアイテムです。ここまで活躍してくれると欲しくなるのがデザイン違い。なのでずっと探していたのです。

でもラム革の感触やデザインにこだわって探していると中々見つからないものです。なのでもう探すことすらなかったのですが、昨日、初めて入ったお店でその美しいシルエットのスカートを発見。

合成皮革だけどとりあえず試着したら、なんと「私の足が短く見えないベスト丈」いや寧ろ「私の足を綺麗に見せてくれるベスト丈」だったのです。

スカート丈が最重要ポイント

アラフォーともなればスカート丈は選ぶ最重要ポイントです。短いと痛い人に見えるし、かといって似合うかどうかしっかり確認して選ばないと「短い足が更に短く見える」という悲惨な姿になります。

この知識は、ティム・ガンさんから得たことです。以前放送されていた彼の番組「ティム・ガンのファッションチェック」は、ゲストのクローゼットをすっきりさせ、美しく変身させることなのですが、同時に10のワードローブの必要性を訴え、洋服の選び方を教えてくれました。以来、私はスカートを来て一番私の足が綺麗に見える長さを選ぶように気をつけています。

そんな私がエムプルミエで見つけたスカートはフレアデザインでありながら、甘すぎず、丈感も抜群で、私の足が一番長く見えたので一目惚れしました。それに30%オフになっており、買う選択しかありませんでした。

m,i,d M-PREMIERロイヤルレザープリーツスカート

というわけで買って来たm,i,d M-PREMIER(エムプルミエ)の合成皮革のフレアスカート(商品番号:F426-003)です。

m,i,d, M-PREMIER エム・アイ・ディー エムプルミエ 合成皮革 フェイクレザー フレアスカート 日本製 made in japan

出しました。中表で綺麗にたたまれていました。

m,i,d, M-PREMIER エム・アイ・ディー エムプルミエ 合成皮革 フェイクレザー フレアスカート 日本製 made in japan

出して吊るしました。サイズは36で、スカート前丈が68cm、後丈が67.8cmです。

m,i,d, M-PREMIER エム・アイ・ディー エムプルミエ 合成皮革 フェイクレザー フレアスカート 日本製 made in japan

一応、タグを。made in japanとあります。

m,i,d, M-PREMIER エム・アイ・ディー エムプルミエ 合成皮革 フェイクレザー フレアスカート 日本製 made in japan

履いた感想

やはりスカート丈がぴったりで嬉しいスカートでした。ちょうど膝が隠れるくらいの丈で、一番足が長く見えるのです。買ってよかった。

ただ合成皮革は寿命があるので、本革のように長年着用することは出来ない素材。このスカートは何年持ってくれるか。5年は履けたらと思っています。もっと長く履けるといいのですが。体型もキープしなくては。

最後にひとこと

本当に気に入って買ったので後悔はなし。ただこのスカートの代わりに、着ていない洋服を探して処分しなくては・・・うーむ。