トーストで美味しさ倍増|pasco(パスコ)のゆめちから小麦と米粉のロール

相変わらずpasco(パスコ)のパンが好きです。今はシール集めでいつもより多めにw超熟を買っています。しかし毎日同じだと飽きるのも真実。すると新商品の「ゆめちから小麦と米粉のロール」を発見。もちろんお試し購入して食べてみたらとても美味しくて、我が家のレギュラーメニューになりました。

スポンサーリンク

pasco(パスコ)の食料自給率アップ活動

pasco(パスコ)さんから特に何も貰ってませんがw私はファンです。というのも、「イーストフード」や「乳化剤」を使わずにおいしいパンを作っているからです。

食パンはパスコの超熟が一番好きです。そんなPascoさんは「臭素酸カリウム不使用」「トランス脂肪酸低減」をモットーにしています。国産小麦の開発をしたり、米粉のパンを作るなど日々努力している会社です。これからも美味しいパンをよろしく。
そんなパスコさんは、2011年から日本の「食料自給率」をアップする活動にも参加なさっています。その活動はとてもシンプルで、国産の小麦を活用してパンを作る事です。

皆さんもお判りだと思いますが、国産の小麦は少なく殆どが輸入品です。今のところ安定して輸入できていますが、不穏な空気漂う現在の世界状況ですから、いつ何時輸入が止まってしまうか判りません。そんな事態に備えるためには、日本の小麦を生産するしかありません。

しかし単純に従来の小麦を植えて解決とはなりません。というのも、日本は小麦生産には不向きな国で、日本の環境でも生産効率の良い独自の小麦の品種研究が必要だったのです。その研究が北海道で行われており、生まれたのが、北海道産の小麦「ゆめちから」です。

国産小麦「ゆめちから」

「ゆめちから」は北海道ので13年掛けて研究して産まれた品種だそうです。グルテン含有が多く、パンを作るのに適しているそうで、しかも日本で生産しやすく、さらなる生産を期待されています。

ゆめちから誕生物語
http://www.pasconet.co.jp/yumechikara/

そもそも高温多湿な日本は小麦を生産するのに適していないそうです。しかし気温の低い北海道は他の土地に比べて生産しやすい環境でした。しかし品種改良して安定的に同じ素材の小麦が収穫できるようになるには10年はかかるそうです。

とても大変だったでしょうね。でもそのおかげで美味しい国産小麦のパンを食べられるようになっています。感謝感謝です。

パスコさんの詳しい取り組みについてご覧になりたい方はこちらをどうぞ。
http://www.pasconet.co.jp/company/csr/self_sufficiency/index.html

「ゆめちから」の特徴

一般的な小麦は春に種を撒いて、お盆の頃に収穫するそうです。小麦は高温多湿に弱いため、明らかに日本に不向きですね。

しかし「ゆめちから」は秋に撒いて、本格的に暑くなる前の7月頃に収穫する品種で、小麦にとって不利な環境である日本でも生産しやすい品種です。

出来上がるパンはもっちりと甘く、固くなりにくい特徴を持っているそうです。

ゆめちからで作った「国産小麦食パン」販売開始

国産小麦「ゆめちから」が収穫されはじめ、店頭には「ゆめちから入り」のパンが並び始めました。私も見た記憶がありますし、実際に食べていました。しかし私の舌は違いがはっきり判るほどの凄いものではないのでwゆめちからが入ってても入ってなくても「美味しい♪」とただ普通に食べてました。すみません当てにならない消費者でw

「ゆめちから入り食パン」をいつから売り始めたのかは明確には調べきれませんでしたが、「ゆめちから入り食パン」は2015年3月に販売を終了し、現在は「国産小麦食パン」が販売されています。完全国産の食パンが誕生したのです。これは凄いです。でも買った事ありません(わーんごめんなさい!><)

我が家は、毎朝ではないにしろパンを食べる習慣はありますが、「国産小麦食パン」を買えるほど裕福ではないため、まだ買ってないんです。でも「ゆめちから」がもっとたくさん作られるようになればもう少し値段も下がるかな?と期待しています。その時には絶対買うつもりなので、「国産小麦食パン」の感想はその時に!

ゆめちから小麦と米粉のロール

ゆめちから小麦オンリーの「国産小麦食パン」は買えなくても、国産素材だけで作った米粉のロールなら買える値段でした。というか私は米粉パンのもっちり感が大好きなので販売されているのを見つけてすぐに購入しました。それがこちら。

pasco ゆめちから小麦と米粉のロール

ゆめちからについて記載されています。

パスコ ゆめちから小麦と米粉のロール

一つあたり、カロリーは103kclです。

パスコ ゆめちから小麦と米粉のロール

取り出しました。

パスコ ゆめちから小麦と米粉のロール

焼きました。ほんのりきつね色に。

パスコ ゆめちから小麦と米粉のロール

写真では判りませんがちぎってみたら、表面がぱりっとして中がふわふわとした感触で、湯気があがり、美味しそうな匂いがしました。

パスコ ゆめちから小麦と米粉のロール

商品の詳しい情報はpascoさんへどうぞ。
http://www.pasconet.co.jp/system/bread/index.cgi?action=bread_view&key=1482979994

食べてみてひとこと

「当たり来たー!」でしたw

ていうか、本当に美味しいです。でもトーストしなきゃ半減です。絶対に温めて食べるべきパンです。そのまま食べたらまずいとまで言いませんが、もったいない。もっと美味しく食べる方法があるのだから実行すべきです。というわけで、トースト必須です。

食べた瞬間、表面のぱりっとした感触と中のもっちりした生地の美味しさが口の中で広がり、一口で幸せになれましたwこれはレギュラー決定ですね。美味しかった。今までは「超塾ロール」と普通の食パンをメインに買っていたのですが、今後は米粉のロールが主になりそうな予感です。良かったらぜひ一度召し上がれ。美味しかったです。

ここまでお読みくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク

新しい記事を公開するとツイートしています。

フォローする

関連するかもしれない記事