日本製の蒸れないパンスト|ピエ・ド・グラス「サスペンダーストッキング」

季節がめぐり、ダークカラーのパンストでは暑苦しい季節になってきました。というわけで、夏用のシアーカラーのパンストを手に入れにお店に行きました。で、いつも通りに3足セットのお財布に優しいパンストをゲット。そして先日知ったばかりの日本製の「サスペンダーパンスト」を店内で発見。私は迷わず手にしてレジに行きました。

スポンサーリンク

蒸れは大敵

清潔を保とうとするとき、蒸れは大敵です。特に女性は汗だけでなく、おりものがあります。しかし素足で居られる事は少なく、蒸れから逃れられないストッキングを着用しなくてはなりません。とは言え、何とかこの蒸れを何とかしたい。というわけで、蒸れと戦えるストッキングを探してみました。

ガーターベルトではダメなのか?

蒸れないパンストが必要なら「ガーターベルト」を使えばいいのでは?という疑問を持つでしょう。しかしどうもガーターは気後れしますし、更衣室で着替える時絶対に恥ずかしい。うんきっと「なんだそれわっ!?」と突っ込まれそうです。しかしこのサスペンダーパンストなら「こういうデザインで蒸れないの」と言いやすい。だから気に入りました。

片倉工業「ピエ・ド・グラス」サスペンダーパンスト

武器は簡単に見つかりました。見つけたのは片倉工業のピエ・ド・グラス「サスペンダーパンスト」という商品です。

ピエドグラス

ガーターベルトのようなデザインになっており、下着部分はナイロン繊維に覆われていません。確かにこの構造では蒸れようが無い。

驚きのスースー感

帰宅して早々に商品を開封し、早速履いてみました。するとどうでしょう。腰回りの締め付けもなく楽でした。というか、ものすごく「スースー」します。ただ、今までに体験したことのない、慣れない感覚に落ち着かなかったです。でも、間違いなく蒸れません。履いた姿をお見せするのが一番なのでしょうが、そんな写真をwebで公開するなんて恐ろしい事は出来ないのでご容赦下さい。

夏の必須アイテムになりそう

蒸れると色んな弊害が出ます。履き心地が気持ち悪くなったり、かゆくなったりします。お手洗いでも苦労します。汗で張り付いて脱ぐ時に難儀するため、不器用な私は破いてしまったことも。

でもこのサスペンダーパンストは先に履いて後からショーツを履けばトイレの時に脱ぐ必要もない。

というわけで、俄然気に入ったのでwebでさらに検索。すると他にブラックやレッド、他のベージュなど、沢山色がありました。ちなみに今回お試しで買ったベージュは私の脚とは合わないので、他のベージュを試す予定です。

今はもう同じ物が見当たらなくなりました。代わりの別メーカーのサスペンダーストッキングを紹介しておきます。

2018/5/2 追記

私が購入した頃は、ベージュのシンプルなタイプくらいしか無かった記憶ですが、今は網タイツタイプもあります。

履く順番(2018/8/30追記)

ガーターストッキングを履く時、初めての方はきっとその順番に悩む筈です。というのも漫画やカタログなどでは逆に描かれていることが多いからです。

しかし人間は必ず用を足すと考えると先にガーターストッキングが先だと判るでしょう。そうでなければ、トイレに行く度に大仕事になるからです。

というわけで、順番は先に「ガーターベルト」次に「ショーツ」です。お間違えないように。

最後にひとこと

夏場、このパンストを履いて歩いた時の涼しさは衝撃的でした。身体の蒸れと戦うための「サスペンダーストッキング」を買って良かったです。