縫製の良さ、丈夫な生地が外国人を虜にする日本製のジーンズ

日本製のジーンズをわざわざ買いにくる外国人が多いそうです。嬉しくなったのでご紹介。

日本製 ジーンズ 外国人 人気

スポンサーリンク

日本製ジーンズを買う外国人

ソースをどうぞ。

外国人がわざわざ日本でジーンズを買うワケ

外国人観光客が注目する日本製ジーンズ。ある店舗では、売り上げの約7割が外国人観光客だといいます。本場・アメリカではなく、なぜわざわざ日本でジーンズを購入するのか?その理由に迫ります。

ずらりとジーンズが並んだ店舗で商品を吟味する外国人。彼らが注目するのは、ステッチ(縫い目)の技術と高級感です。アメリカ・テネシー州から来た男性は、1万7000円と高額な“MADE IN JAPAN”のプレミアムジーンズを購入し、こう話してくれました。

「どこのブランドとは言わないけど、自分がはいてきたデニムより品質が格段に上」

生地に厚みがあり、破れにくいのが気に入ったと言います。

EDWINのジーンズは、いま、アメリカのバーニーズニューヨークなどのデパートにも置かれる高級ジーンズです。ボストンからやってきた観光客は、「ステッチの素晴らしさ、裾の処理、糸すべてが良い」と話します。見えない裏側もステッチが等間隔になっていることに、驚きを隠せません。

東京・原宿の店舗では、今では売り上げの約7割が外国人観光客です。店の入り口には盆栽を置き、ちょうちんで店内を照らし、観光客を楽しませます。店長の池田さんはこう語ります。

「職人たちがいてステッチングが良かったり、日本製の良さを海外のお客様にも伝えていきたい」

アメリカ生まれのジーンズを、日本ならではのきめ細かさで世界に売り込みます。

2018年7月18日 13:53

外国人がわざわざ日本でジーンズを買うワケ|日テレNEWS24
外国人観光客が注目する日本製ジーンズ。ある店舗では、売り上げの約7割が外国人観光客だといいます。本場・アメリカではなく、なぜわざわざ日本でジーンズを購入するのか?その理由に迫ります。

正直、当たり前のようにエドウィンのジーンズを履いているので、外国のジーンズってどんな品質なのかと思っちゃいました。

日本の職人の技

手元にある複数のジーンズを調べてみたら、全てエドウィンでした。

10年前に買ったものから数年前に買ったものもありますが、ステッチのほつれは無し。ポケットに入っているステッチも美しいまま。確かに品質は良い。

動画で指摘されていたたので生地の内部を見てみると均等幅で縫われていました。これもごく当たり前だと思っているのですが、アメリカでは違うのかしら。こればっかりはアメリカ製のジーンズを見てくるしかないですね。買わないけど。

最後にひとこと

日本製の洋服は特に昔のものが素晴らしかったと思っています。20年前に買ったタイトスカートがあるのですが、生地が未だにへたっておらず、十分履けます。そういうものが普通に売られてた時代は本当に良かった。

もちろん最近のものでも日本製で良いものがありますが、生地の質も良いものとなるとかなりの金額になります。日本製回帰の流れとともに、以前と同じように多く売られるようになればいいなと思います。

関連しそうな記事

【純日本製】リーバイスから完全日本製ジーンズ発売【純国産】

【純日本製】リーバイスから完全日本製ジーンズ発売【純国産】
日本製の洋服を探している人に嬉しいニュースが入りました。リーバイスが完全日本製のジーンズを発売してくれます。
スポンサーリンク
ニュース
スポンサーリンク
優をフォローする
Select Japan Closet