日本ルナのシリアル付ヨーグルトも自主回収中|大麦の残留農薬基準値オーバーで

日清シスコのシリアルに残留農薬基準値オーバーの大麦が使用されていたとして、当該商品が自主回収になっていることをお伝えしましたが、同じ大麦を使用していたシリアル付きヨーグルトも回収になっています。こちらも食べても大丈夫なレベルですが、気になる方は返送しましょう。

スポンサーリンク

日本ルナのシリアル付きヨーグルト、自主回収へ

まずはソースをどうぞ。

添付シリアルに残留農薬、ヨーグルト2商品回収

日本ルナ(京都府八幡市)は4日、「TOPCUP アサイーヨーグルトボウル」と「TOPCUP グリーンスムージーヨーグルト」の2商品について、計13万2000個を自主回収すると発表した。

 商品に添付されているシリアルの大麦で、基準値を超える残留農薬が検出された。現時点で、健康被害は確認されていないという。

 対象は4月6~23日の賞味期限が記載されている商品。残留農薬が検出された大麦は、伊藤忠商事が豪州から輸入した。問い合わせは、日本ルナ(0120・496・103)。

読売新聞:2018年04月04日 18時38分

ソースをもう一つ。

ヨーグルト13万個を回収 日本ルナ、シリアルに農薬

日本ハム子会社の日本ルナ(京都府八幡市)は4日、伊藤忠商事が昨年輸入したオーストラリア産大麦から食品衛生法の基準値を超える農薬が検出された問題で、シリアルにこの大麦を使用していたヨーグルト製品2種類・計約13万2千個を自主回収すると発表した。

 回収対象はTOPCUPシリーズの「アサイーヨーグルトボウル」と「グリーンスムージーヨーグルト」で、賞味期限が2018年4月6~23日の商品。食べても健康に影響はないとしているが、料金着払いで商品を送れば代金相当分のクオカードを返送する。問い合わせは通話無料のお客様相談係電話0120.496103。

 この問題では、日清シスコ(堺市)もシリアル製品31万5千パックの自主回収を発表している。

〔共同〕

日本経済新聞社:2018/4/4 20:55

伊藤忠商事のオーストラリアから輸入していた大麦なので、他にも出てくる可能性があるのかな?

回収対象商品

基準値を超えた農薬が検出されている大麦が使用されているシリアルが付いているのは、日本ルナの「TOPCUP アサイーヨーグルトボウル」「TOPCUP グリーンスムージーヨーグルト」です。

賞味期限で確認

回収対象のヨーグルトは、賞味期限が「18.04.06」から「18.04.23」と記載されています。賞味期限はカップの底にあるので確認しましょう。

対象商品を返品すると、後日、商品代金相当のQUOカードで返金されるそうです。

送付先の住所や商品パッケージなど、詳しい事は日本ルナをご覧下さい。

商品の自主回収につきまして

平素は格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。

この度、弊社「TOPCUP アサイーヨーグルトボウル」「TOPCUP グリーンスムージーヨーグルト」の添付カップ部のシリアルに使用している大麦において、食品衛生法の基準値を超える残留農薬が検出されたと原料供給会社から連絡を受けました。お召し上がりいただいても健康に影響を及ぼすことはございませんが、万全を期すために下記のとおり回収させていただきます。

お手数をおかけいたしますが、お手元に当該商品がございましたら、下記送付先に料金着払い にてお送りくださいますようお願い申し上げます。後日、回収商品を確認の上、商品代金相当をクオカードにて送らせていただきます。

お客様並びに関係者の皆様には、多大なるご迷惑とご心配をおかけし、深くお詫び申し上げます。

敬具

日本ルナ

最後にひとこと

個人的に、シリアルだけ捨てて、ヨーグルトは食べたらいいと思います。もったいないですから(強要するつもりはありません)