中古品で火災や怪我、死亡事故も|中古品の譲渡や購入にはご注意を

メルカリなどのフリマアプリの利用者が増え、中古品を購入したり、友人から譲渡されたものを利用する人が増えています。しかしその中古品でのトラブルが増えているので注意喚起として取り上げておきます。

スポンサーリンク

中古品で思わぬ事故が発生中

まずはソースをどうぞ。ソースはNITE(独立行政法人製品評価技術基盤機構/ナイト)の公開した資料です。

中古品で思わぬ事故が発生!~誤った使い方や、リコール製品の事故に注意~

近年、家電製品やガス器具といった生活用品の中古品※1は様々な方法で入手が可能となっています。中古品を使用することで余分な廃棄物の発生を抑制し、限られた資源を有効に活用することにつながりますが、他方で思わぬ事故が発生しています。

例えば、使用者が中古品の使用方法や設置方法を知らずに使用したり、入手した中古品がリコール製品と気付かずに使用したりするなどして、事故が発生しています。

具体的には、中古品は過去の使用状況や不具合の有無が不明であったり、取扱説明書が添付されていなかったりする場合も多く、さらにはリコール製品かどうかを確認されなかったりすることもあるため、注意が必要です。

平成25年度から平成29年度の5年間にNITE(ナイト)に通知された製品事故情報12,785件※2のうち、中古品の事故が少なくとも182件確認されました。このうち29件はリコール製品で事故が発生しています。

事故の被害状況は、182件のうち、死亡事故6件、重傷事故7件発生し、被害者数は死亡7人、重傷8人に上っています。これらの中古品の事故は、使用者に取扱説明書や本体表示に記載された正しい使い方などの情報が確実に届いて、特にリコール製品の場合については使用者の協力が得られ、回収・点検・交換などの対策が行われていれば、未然に防ぐことができた可能性が高い事故です。中古品の事故を未然に防止するために、事故事例の紹介及びリコール情報の入手方法の紹介などによって、注意喚起を行います。

2018年8月23日

中古品で思わぬ事故が発生!~誤った使い方や、リコール製品の事故に注意~ | 製品安全 | 製品評価技術基盤機構
製品評価技術基盤機構のホームページです。nite製品評価技術基盤機構 2018/8/23 「中古品で思わぬ事故が発生!~誤った使い方や、リコール製品の事故に注意~」の情報を掲載しました。

フリマアプリの普及で中古品を使うことに抵抗が少なくなって、物を長く使うことは良いことですが、事故が起きる事もあるので注意が必要です。

182件の中古品トラブルの詳細

平成25年から29年までの5年間に、NITE(ナイト・独立行政法人製品評価技術基盤機構)に報告のあった事故は182件です。しかしそれらのトラブルを起こした中古品の入手先はバラバラで、発生したトラブルも色々あります。詳細を見ていきましょう。

事故が起きている製品

中古品を買ったり譲り受けて発生した事故の多くが家電製品によるものでした。ついでガス・石油製品です。これから寒くなるにつれ、中古品を使う機会も増えるでしょうから、特に注意が必要です。

NITE 中古品 製品事故 リコール 種類

事故の原因

182件の事故を分析した結果、事故を起こした原因の28%は「適切でない使用」でした。例えば、専門知識が必要なガスコンロの設置を適切に行っていなかったために起きた火災や、正しく組み立てずに使った中古の折りたたみ自転車での事故です。それ以外に、譲り受けた中古のガスコンロの部品が経年劣化でガス漏れを起こしていたために起きた事故もありました。

NITE 中古品 トラブル 製品事故

折りたたみ自転車の組み立てミス

製品自体に問題はなかったものの、組み立て方を誤っていたために起きた事故例です。説明書を手に入れてしっかりロック出来ていたら起きなかった事故です。動画があるのでどうぞ。走行中に起こったら大けがをする事例です。

【nite-ps】 自転車「1.折り畳み式自転車の事故」

リコール製品も

購入した中古製品がリコールされている物だったり、リコールされている物だと判って譲渡して貰ったものでも事故が起こっています。

NITE 中古品 トラブル 製品事故

中古品の入手先

フリマアプリで気軽に他人の中古品を買えるようになったと言っても、一番多いのはまだ譲渡で、次いで中古品販売店やインターネットでの購入でした。ただ、今後はフリマアプリ経由で購入する人が更に増える事が予想されるので注意が必要です。

NITE 中古品 入手先 製品事故

しかし他に中古住宅に既に据え付けてあった機器もトラブルを起こしていました。これは驚きです。エアコンやコンロなどが多いでしょうから、今後中古住宅を購入する人が居たらこの話を伝えようと思います。

中古品を買う時に注意するポイント

中古品を買うなとは言いませんが、買う以上は事故が起こらないようにする努力を消費者はしなくてはいけません。そこで中古品を買う時、買った後に注意するべき最低限のポイントを挙げておきます。

  • 製品の型番を調べてリコール製品でないかを確認する
  • ガス機器などの専門知識が必要な機器は業者に設置してもらう
  • 説明書を入手し、誤った組み立て方、使い方をしない

最後にひとこと

最新の製品でなくても中古で十分なものもあります。しかし中古品を使う以上は新品を使う以上に注意を払いましょう。

スポンサーリンク
製品事故
スポンサーリンク
優をフォローする
Select Japan Closet