中国製、韓国製を買わないために日常の買い物で注意するべき買い物リストはこちら

即使用停止を!|カインズで販売の珪藻土バスマット等を回収へ

カインズ リコール 珪藻土 バスマット リコール情報
スポンサーリンク

カインズで販売されていた珪藻土バスマットなどの商品から基準値を越えるアスベストが検出されたため、リコールされました。購入した人はすぐに使用を停止して、一般ゴミとして捨てずにゴミ袋に入れて、割れないように保管して下さい。回収方法や返金方法はのちほど発表されるのでしばらく待ちましょう。

スポンサーリンク

カインズ珪藻土バスマットなど29万点を回収

まずはソースをどうぞ。

カインズ、バスマットなど29万点回収 珪藻土製品、アスベスト含有

ホームセンター大手のカインズ(埼玉県本庄市)は15日、自社で販売した珪藻(けいそう)土のバスマットなど約29万点の製品を回収すると発表した。基準値を超えるアスベスト(石綿)が含まれている可能性があるため。破損すれば飛散する恐れがあり、同社は使用中止を呼び掛けている。

回収対象の製品は、2018年5月以降に販売された珪藻土のバスマット、せっけんトレーなど17種類で、計28万9669点。

珪藻土は近年、吸水性の高い素材として生活用品に使われている。他社の珪藻土製品でアスベストが確認されたことを受け、同社が販売した製品を調べた結果、基準の0.1%を上回る最大1.3%の含有が確認された。原因は調査中だという。

回収後、商品代金は返金する。問い合わせはカインズお客様相談室で、フリーダイヤル(0120)659337。

時事通信 2020年12月15日19時55分

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020121501089&g=eco

他社の珪藻土製品からアスベストが検出されたことを受けてチェックしたところ、基準値を超えるものが発見されたために回収となりました。

他社の珪藻土製品から検出されていたことを知らなかったので調べてみると、大阪府貝塚市のふるさと納税返礼品となっていた珪藻土バスマットからアスベストが検出されていました。ソースはこちら。

返礼品にアスベスト含有、製造元が回収 大阪・貝塚市ふるさと納税

厚生労働省は27日、大阪府貝塚市のふるさと納税の返礼品として贈られた珪藻(けいそう)土のバスマットとコースターにアスベスト(石綿)が含まれていたと発表した。製品を削ったり割ったりすれば飛散する恐れがあるといい、製造元が回収を進める。

 製品は、同市の堀木工所が生産した「CARACO」のバスマットとコースター。珪藻土は吸水性の高さから近年人気が出ており、インターネット販売も含め、それぞれ1万7460枚、8490枚が2016年から20年2月まで流通した。

 アスベストを0.1%を超えて含む製品は06年9月以降、製造や輸入、譲渡、使用などが禁止されている。今回の製品は01年に仕入れた珪藻土製品を16年に加工して開発したものだった。貝塚市の分析では最大0.61%の含有が確認された。

 厚労省は製品の所有者に、ごみとして廃棄しないよう要請。破損が心配なら袋に入れ封をして保管し、市や製造元からの連絡を待ってほしいと呼び掛けている。

時事通信 2020年11月27日20時01分

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020112701019&g=eco

アスベストは中皮腫などの原因となる物質で危険です。そのため、普通のゴミとしての廃棄もできないのですね。これは大ごとです。

私の使っている珪藻土バスマットについて問い合わせた

私も珪藻土バスマットを使用しておりこの報道にショックを受けました。一応秋田県で取られた国産の珪藻土100%のもので「日本珪藻土協会」に認定されているものなので大丈夫だとは思うのですが、こんなことになるなんてショックですね。

ちなみに買ったバスマットについては問い合わせメールを送ったので返信待ちしています。

ショップからの回答(2020/12/16追記)

嬉しい回答がありました。ショップによると、アスベストは一切混入しておらず、全て国産で特許も取得している安全第一の製品ということでした。

ぶっちゃけ中国製のものより高かった。でもこれが「安心を買う」ってことなのですね。よかったよかった。

ちなみにこちらの製品です。

回収対象製品

カインズは、全品を回収すると発表しています。ただし、回収方法は未定で、後日発表となっています。

詳しいことはカインズのページで公開されているpdfファイルを確認してください。

カインズ リコール 珪藻土 バスマット 

回収対象リスト

カインズホームのページで発表された対象製品は17製品あります。リストを見るとバスマットだけでなく、石鹸トレイなどもあり、カインズで珪藻土グッズを買ったことがある人は対象でないか確認した方が良いでしょう。

  1. 珪藻土バスマット 28×45 WH
  2. 珪藻土バスマット 39×60 WH
  3. 珪藻土バスマット 28×45 PU
  4. 珪藻土バスマット 39×60 PU
  5. 珪藻土バスマット 28×45 チェック
  6. 珪藻土バスマット 28×45 ミッキー&ミニー
  7. 珪藻土バスマット 39×60 グロウ
  8. 珪藻土バスマット 39×60 ミッキー&ミニー
  9. いろいろ使える珪藻土マット スクエア 28×28
  10. いろいろ使える珪藻土マット サークル 28R
  11. 壁に掛けられる珪藻土調湿ボード28×28WH
  12. 壁に掛けられる珪藻土調湿ボード28×28GY
  13. 吸水石鹸トレイ WH
  14. 吸水石鹸トレイ GY
  15. 吸水ディスペンサートレイ WH
  16. 吸水ディスペンサートレイ GY
  17. 洗える珪藻土除湿シートS(BL)90X180
カインズ リコール 珪藻土 バスマット 

返金方法

当該製品を回収してのちの返金となっているので、捨てないで保管しておきましょう。そしてアスベスト入りなのでビニール袋に入れて割れないように保護しておきましょう。

アスベストトラブル

アスベストに関するトラブルはベビーパウダーでもありました。個別記事をもあるので参考にどうぞ。

ベビーパウダーで卵巣がん|ジョンソンエンドジョンソンがタルクの発がん性を知っていた疑惑

ニトリも241万個自主回収(2020/12/22追記)

ニトリ で販売されていた珪藻土バスマットやコースターも回収になりました。ソースはこちら。

ニトリも自主回収…珪藻土マットにアスベスト混入か

ニトリでも珪藻土(けいそうど)マットにアスベスト混入の疑いで自主回収です。家具大手「ニトリ」は湿気を吸収する能力が高い珪藻土のコースターやバスマットなどについて、2016年12月から今月16日までに販売した9商品約241万個を自主回収すると発表しました。法令の基準を超えるアスベストが含まれている可能性があるため、商品はビニール袋に二重に入れてテープなどで封をして、回収方法が案内されるまで保管して廃棄しないように求めています。珪藻土マットを巡ってはホームセンター大手「カインズ」でもアスベストが混入した疑いで自主回収しています。

ライブドアニュース 2020年12月22日 17時59分

https://news.livedoor.com/article/detail/19422779/

ニトリで珪藻土のコースターやバスマットを買った人も使用を止めて、ビニール袋に入れて保管しましょう。

ニトリは交換か返金

ニトリの対応です。対象商品がある場合は、ビニール袋に2重にいれてテープなどで封をして廃棄せずに保管して欲しいとあります。後日、該当商品と交換か返金という対応です。

ニトリ 珪藻土 リコール 回収

販売中止製品は9種

たくさんある珪藻土製品のうち、9種が販売停止、回収となりました。

  1. サラサラ コースター テラゾー BL O
  2. サラサラ コースター リーフ RE
  3. サラサラ コースター テラゾーST
  4. サラサラ コースター ネコ
  5. サラサラ コースター ダイリセキ WH
  6. サラサラコースター YE
  7. サラサラ コースター RO
  8. カイテキサラサラ バスマット1 29X39 IV
  9. カイテキサラサラ バスマット 40X55
ニトリ 珪藻土 リコール 回収

調査中の製品が29種類

アスベストの混入を調査中が29種あります。結果次第では回収になるので捨てずにビニール袋に入れて保管しておきましょう。

ニトリ 珪藻土 リコール 回収
ニトリ 珪藻土 リコール 回収
ニトリ 珪藻土 リコール 回収

安全が確認された製品も100種類(完売含む)ありますが、それは割愛します。確認したい人はニトリの公開したPDFファイルを確認して下さい。

安全が確認されたものもあったようですが、商品数が多いので回収は大変なことになりますね。

日本珪藻土協会認定の製品を選ぼう(2020/12/23追記)

私が使っている珪藻土マットは日本製で国産の珪藻土を使って作られたものです。その認定をしている「日本珪藻土協会」のページを見に行くと、今回のアスベスト混入の件がとりあげあれていました。

国内では平成16年(2004年)から規制

日本国内では平成16年(2004年)に労働安全衛生法という法律で、石綿を含んだ建材の生産が中止され、その後、平成18年(2006年)からは、その製品の石綿重量が0.1%を超えるもの全ての製造、輸入、譲渡、提供、使用が禁止されていました。

こういう点が、私が国内産、国内製造を選ぶ大きな理由です。もちろん、アスベストの危険性が判明したのがかなり遅く、その間に「中皮腫」「肺がん」になって多くの患者を出しており、後からわかる有害性に関しては無防備ともいえますが、いったん有害だとわかったものに関しては、厳しく取り締まりがされるようになる。これは大きなメリットです。

「日本珪藻土日用雑貨製造協会」が会員企業に向け、 アスベストを含有する製品の取扱い点検を周知

日本国内では石綿関係法規により、国内では平成16年(2004)に労働安全衛生法で石綿含 有建材の生産が中止され、平成 18(2006)年9月1日から、石綿をその重量の 0.1%を超 えて含有するすべての製品の製造、輸入、譲渡、提供又は使用が禁止されております。

https://nihonkeisodo.jp/assets/img/news/press-release-20201221.pdf

禁止されていない国がある

日本では石綿、いわゆるアスベストの危険性が判ってからは禁止されていますが、野放しの国もあることがわかりました。これは気をつけなければいけませんね。

しかし今回の件を受けて、確認の周知徹底、点検が行われているようです。ありがたい。

■点検の対象内容

1 平成 18(2006)年8月 31 日以前に購入若しくは製造し又は譲渡・提供を受け(以下、 「購入等を行った」と称する。)、在庫として所有している建材または原料であって、石綿含 有の可能性があるものについて、石綿がその重量の 0.1%を超えて含有していないか点検を 行う。

2 海外から輸入した建材及び類似品並びに原料については、輸入時期に関わらず、特に石 綿等の輸出が禁止されていない国から輸入したものについて、使用・販売前に石綿がその重 量の 0.1%を超えて含有していないかの点検を行うこと。

3 調査対象製品に石綿がその重量の 0.1%を超えて含有していないと判断する方法は、自 ら石綿含有の有無について第3者機関での分析調査を行うか、製造事業者から石綿等の使 用の有無に関する証明や成分情報等を入手し確認する必要があること。この際、生産国によ っては石綿含有の有無の判断基準が日本とは異なる可能性もあることから、単に石綿含有 の有無だけでなく、0.1%を超えて含有していないことを確実に確認すること。

https://nihonkeisodo.jp/assets/img/news/press-release-20201221.pdf

認定商品マーク付きを買おう

日本珪藻土協会が無石であることを確認した製品には認定マークが与えられます。今後はこのマークを頼りに買うと良いでしょう。

しかし、認定マークを似せて印刷することは簡単なので、できればその商品を買う前に本当の認定なのかを確認することも併せて行いましょう。

4 現在、当協会が認めている認定商品は、新たに上記点検並びに第3者機関 での分析調査で無石綿品が確定した場合のみ、協会の安全基準合格品として 認証マークをECサイト・商品・梱包材・カタログ・ポップなどへの表示を すること。

https://nihonkeisodo.jp/assets/img/news/press-release-20201221.pdf

我が家の珪藻土バスマットはこれ。

最後にひとこと

2018年から販売していた製品が29万点もあるので大変なリコールです。何故こんなことになってしまったのか、しっかり検証してほしい。

+2
タイトルとURLをコピーしました