中国製、韓国製を買わないために日常の買い物で注意するべき買い物リストはこちら

発ガン性物質混入|ファイザーの高血圧治療薬「アムパロ配合錠」76万4千錠リコール中

ファイザー アムパロ配合錠 リコール 発ガン性物質 インド リコール情報
スポンサーリンク

昨年、発ガン性物質が含まれている中国製のジェネリック医薬品バルサルタン錠(あすか製薬製造)が自主回収されましたが、ファイザー製薬の「アムパロ配合錠剤」も同様に発ガン性物質が含まれていたとしてリコールになりました。服用している人はすぐに医師に相談して下さい。

スポンサーリンク

ファイザーの高血圧治療薬「アムパロ配合錠」に発ガン性物質混入

まずはソースをどうぞ。

ファイザーが高血圧治療薬を回収 発がん性物質が混入

米製薬大手ファイザー日本法人(東京)は8日、高血圧症治療剤「アムバロ配合錠『ファイザー』」の5製品、計約76万4千錠を自主回収すると発表した。提携するインドの工場で製造された薬の原材料に、発がんの可能性がある物質が混入していた。服用すると重い健康被害が出る恐れもあるが、現時点では被害の報告はないという。

製品は昨年12月3日から今年2月6日、卸売業者を通じて国内約2500の病院や薬局に出荷された。医療用の医薬品のため、購入するには医師の処方が必要となる。

薬の原材料となる有効成分「バルサルタン」の中に、発がんの可能性がある物質が混入していた。原因は調査中という。

あすか製薬(東京)が昨年7月、バルサルタンを原材料に使う高血圧症治療剤「バルサルタン錠『AA』」の4製品に、発がんの恐れがある物質が含まれていたと発表。厚生労働省が製薬各社に高血圧症治療薬の調査を呼びかけたところ、ファイザーの薬でも同様の物質が含まれていると発覚した。

ファイザーは、服用を中止すれば症状が悪化する恐れもあるため、今後の対応は医師らと相談して決めてほしいと呼びかけている。問い合わせ先は同社専用ダイヤル(0120・281・787)。(箱谷真司)

朝日新聞:2019年2月8日18時56分

ファイザーが高血圧治療薬を回収 発がん性物質が混入:朝日新聞デジタル
 米製薬大手ファイザー日本法人(東京)は8日、高血圧症治療剤「アムバロ配合錠『ファイザー』」の5製品、計約76万4千錠を自主回収すると発表した。提携するインドの工場で製造された薬の原材料に、発がんの可…

幸いなことに現時点での健康被害の報告はありません。

あすか製薬の中国製ジェネリック医薬品「バルサルタン錠AA」は原薬に発ガン性物質「N-ニトロソジメチルアミン」が含まれていて自主回収されるに至りました。

リコールの詳細

自主回収の対象になっている薬は、ファイザー製薬のインド工場で製造された「アムパロ配合錠」で、12月3日から2019年2月6日に出荷された76万4千錠です。

処方薬なので薬局で購入することはできませんが、高血圧の治療薬を飲んでいる人は対象の薬でないかどうか確認してください。

商品画像は残念ながらありません。ファイザー製薬のサイトに見に行ったのですが、薬の名前で検索して報道資料で文章が出てくるだけです。注意喚起のためにも商品画像くらい出しておけと思うのですが。感心しませんね。

原因調査中

インドで製造していた「アムパロ配合錠」に当該の発ガン性物質が含まれていたということですが、何故混入したのかはまだ解明されていません。しかし原薬にあすか製薬と同じものを使っていたのではないかと思います。

どちらにせよ、経緯を調べて再発防止策を講じて欲しい。

服用中止の前に医師に相談を

高血圧の治療薬は自己判断で止めると症状が悪化することがあります。自分の薬が当該のものであった場合は速やかにかかりつけ医に相談しましょう。

詳細はファイザー製薬のHPで確認してください

アムバロ配合錠「ファイザー」 自主回収(クラスⅠ)について
このページは、ファイザー株式会社の公式ホ...

最後にひとこと

いわゆる大手の製薬会社が扱っている薬でも、原薬に中国製が混じっていればリスクがあると判った事例です。薬と思って飲んでいるのに毒だったは洒落になりません。しかも処方薬がそういうことでは困ります。製薬会社は原薬の調達先の国から考え直して欲しい。とくに中国は自国民の健康すら考えない国ですから。

スポンサーリンク
リコール情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
優をフォローする
Select Japan Closet
タイトルとURLをコピーしました