【いぼを取る方法】私のいぼを消したヨクイニン【老人性疣贅対策】

昔は身体の見えない場所にぽつんと現れるくらいだったいぼ。今は首周りにやたらと出るようになりました(涙)多勢に無勢。多くなるともう立ちすくむしかありません。しかし黙ってヤラレるわけにはいかない。というわけで、私が実践しているいぼを消す方法やお薬やをご紹介します。

スポンサーリンク

いぼとの出会い

私のいぼとの出会いは小学生時代でした。でもいつ出会っていたのかは不明で、ある日突然いぼは膝に居たのです。びっくりした私はおばあちゃんに見せました。するとおばあちゃんが「もぐさ」で焼いて殲滅してくれました。何日も掛かったし、熱くて痛かったけど綺麗に消えてくれました。しかし「いぼ」って一体何なのか考えた事すらありませんでした。というわけで今日はいぼの基礎知識を勉強しました。

いぼとは

広辞苑によると「皮膚上に突起した角質の小さな塊。表皮が限局的に増殖し角質層の肥厚をともなって円形または乳頭状の扁平小隆起をなすもの。原因の多くはウイルスで伝染することもある。疣贅(ゆうぜい)。」だそうです。

いぼの原因ウイルス

いぼの原因になるのは「ヒトパピロマーウイルス」です。子宮頸癌の原因にもなっているウイルスですが、型が100種類以上もあり、いぼの主な原因になっている型はいぼのタイプによって違います。

尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)
手足に出来るいぼで、一番多そうです。原因は2型・27型・57型のヒトパピロマーウイルスです。
扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)
聞かれてませんが、私が手を焼くようになった平たい茶色いタイプのいぼです。3型・10型のヒトパピロマーウイルスが原因。
足底疣贅(そくていゆうぜい)
足の裏に出来るいぼで、魚の目に似ているミルメシアというものもあるそうです。1型の感染で起こります。他に65型・4型・60型が原因の色素性疣贅、沢山いぼができる63型もあります。

他に性感染症である「尖型コンジローマ」(6型・11型)、主に子どもに発生する疣贅状表皮発育異常症(5型・8型)などがあります。

いぼって、ウイルスが原因なんですね。私はいつ感染したんだろうか。でも原因がはっきりしているのは良い事だと思います。

治療法

自然に治る事もあるようです。確かに合った筈のいぼが居なくなっていた経験もあります。しかし大抵はしぶとく身体に居座るのでそれなりの対処法が必要だと思います。

主な治療方法は「凍結治療」で、液体窒素で焼く方法です。私は髪の中に出来た疣をこの方法でやっつけて貰いました。この方法は保険も使えるので一番良い方法だと思います。しかし首周りのいぼについては「ハサミ(もちろん外科用で)で切る」ことを推奨していました。ただしこれは私の通っている皮膚科の担当医のお話です。先生曰く「色々試したけど、焼くよりも跡が残らないのよ〜。治りも早いし。」との事です。

でも自分で切るのは止めてくださいね。ばい菌が入ったら大変ですし、ウイルスが流れ出て他の場所に広がるかもしれません。更に、他人に移す可能性もあるので絶対自分で切らないで下さいね。

自己流の治療方法

私は外から見えない身体に出来たいぼは、自分の髪の毛で縛り、自然に取れるようにしむけています。これは母が私のいぼを縛って取っていたからです。

髪の毛で縛ると血流が止まり、黒くなります。そしてある日ぽろっと取れるのです。痛みも無いし、血も出ません。しかも跡も残らないので気に入っている方法です。子どもの頃より代謝の衰えた(笑)現在もこの方法で取っておりますが、跡も残りません。ですが、あくまでも自己責任で真似て下さいね。

愛用しているいぼ対策商品

病院に行けば、いぼを焼いたり、切除したりと治療できます。しかしいぼを作らない事が最大の防御だと思います。そこで私はいぼを作り難くするお薬やいぼの嫌がる成分でいぼを攻撃する手段をとっています。

ヨクイニンの錠剤

まずは内部からの攻撃商品。いぼに効く成分と言えば「ヨクイニン」です。しかしこのヨクイニンは、はと麦茶の成分なので皆さんもよく飲んでいる成分です。

私は「いぼが出来やすいならポリープも出来やすいから、あなたははと麦茶を飲むといいわよ。」とお医者様に言われていたので普段からはと麦茶を飲むようにしています。しかし基本的に水分摂取が苦手なので、ハトムギエキスを濃縮した錠剤を購入して飲んでいます。

ただその効果は言えません。というのも「出てこなかった」証明が出来ないからです。悪魔の証明ですね。でもポリープを防ぐ、いぼにはヨクイニンというのは常識のようですし、直接塗るヨクイニンエキスでいぼが消えるので効果はあるのだと信じています。

ヨクイニンの副作用

さんざん「ヨクイニン」を勧めておきながら私は時々しか飲んでいません。何故「時々」かと言いますと「寒くなる」んです。はと麦は身体を冷やす効果があるので夏場はぴったりですが、きっちり飲んでいる間、私は「かなりの冷え」悩まされるようになりました。故に時々しか飲まないのです。

でも女性にとって「冷え」は大敵です。なので製薬会社さんにはこの「冷え」を何とかする方法を考えてほしいです。なんとかして三回ちゃんと飲みたい・・・お願いします。

ここまで飲みたいのは理由があります。それは子宮頸癌ワクチンについての記事の中でも言いましたが、身体の中に出来るポリープに効くんだったら、ヒトパピロマーウイルスが原因である子宮頸癌にも効くんじゃないかと思っているからです。予防的な効果を期待せずにはいられない。だから飲みたいのです。

子宮頸がんワクチンの定期接種が2013年から行われていました。しかし2015年9月18日、厚生労働省がこのワクチンで重篤な副作用に苦しんでいる女性達に国から医療費等の救済措置を講じるというニュース(日経ニュース:子宮頸がんワクチンの健康被害...

さて、ようやく私の愛飲している商品のご紹介です。色んなヨクイニン錠が販売されていますが、クラシエの「ヨクイニンタブレット」コストパフォーマンスがいいので飲んでいます。

クラシエヨクイニンタブレット

ただし一回に飲む量が6錠と多い。写真のように小さい錠剤なんですけどねえ。せめて3錠ならと思わずにはいられません。あ、一緒に撮影しているのは「システィナC」です。大きさが判りやすいかなと思ったので。

ヨクイニン錠剤

余談ですが、最近は新日本製薬の「ヨクイニン錠」も気になっています。今飲んでいる「クラシエ」のが無くなったら、試したいと思っていますが、お高い。もっと消費者に優しくならないかしら・・・。いや安くして粗悪品も困るけどw。

公式ページの「話題の医薬品」をクリックするか、「ヨクイニン」で検索すると出てきます。興味が有る方はどうぞ〜。

2017/11/5 追記

新日本製薬のヨクイニンに切り替えました。私との相性がぴったりです。感想を述べた個別記事があるのでよかったらどうぞ。

新日本製薬のヨクイニン錠SH「オルジェパール」を飲んだ感想と効果

ヴェルク100 イポロン

続いて外部からの攻撃商品です。この商品を使うきっかけになったのは「扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)」がまぶたのあたりに出来た時です。平べったいので縛れませんし、液体窒素攻撃も怖い。というわけで塗るだけで攻撃出来るというので買って試しました。すると薄ら出て来ていたいぼは無事に消えました。ただ、まぶたの上に塗ると刺激が強かったようで、少し張れた時もありました。故に今は自分の使っている化粧水に数滴混ぜ、顔全体に塗っています。

以降、顔に目立ついぼが出る気配はありません。きっと表面から毎日ヨクイニン攻撃する事でいぼ発生を抑えているのだと思います。今無い人も毎日塗る事で将来のいぼを防げると思うので、私の一番のオススメ商品です。

イポロン

証拠の日本製。

ヴェルクイポロン

スポイド式になっているので化粧水と混ぜやすいです。特に気になるいぼには直接塗り込んでやっつけます。いつしか真っ黒になってポロンと取れます。でもけっこう時間がかかるのが辛い。でも病院で切り落してもらわずに済むのでよしとしてますw

イポロンスポイド

でも最近発売された商品も気になっており、今買いだめしている「イポロン」が無くなったら購入予定の「そのまま!ハトムギエキス」。こっちのが安いし、効果も良かったら乗り換えますw

購入して試したものの、私にはイポロンの方が良いと感じたので乗り換えは無しです(2017/1/10 追記)

そのまま!ハトムギエキス

予告していた通り、「イポロン」が切れたため、お試しで買ってみました。それがこちら。

そのまま!ハトムギエキス 日本製 made in japan イボ

箱に「MADE IN JAPAN」の文字を確認。

そのまま!ハトムギエキス 日本製 made in japan イボ

出してみました。

そのまま!ハトムギエキス 日本製 made in japan イボ

ボトルにも「MADE IN JAPAN」

そのまま!ハトムギエキス 日本製 made in japan イボ

イポロンと同じようにスポイト式です。

そのまま!ハトムギエキス 日本製 made in japan イボ

で、使用しての感想なのですが・・・ごめんなさい。リピートはしません。というのも、極小のイボらしき膨らみが顔に出ちゃったからです。同じような商品で、たいした違いは無いと思っていたのですがそうではなかった。というわけで今に鳴って成分をしっかり見てみると明らかに違いがありました。

イポロンの原材料成分
ハマメリス水、水、BG、エタノール、パチルス発酵物、ハトムギ種子エキス、ウワウルシ葉エキス、リン酸アスコルビルMg、紅藻エキス、褐藻エキス、緑藻エキス、ヒアルロン酸Na、PG、グリセリン、メチルパラベン、安息香酸Na、ピロ亜硫酸Na、ソルビン酸K
そのまま!ハトムギエキスの原材料成分
水、BG、プルラン、ヨクイニンエキス、フェノキシエタノール

ご覧の通り、一目瞭然。含まれている成分もその数も全く違いました。しかし多い方がいいということにはならないのが化粧品です。というのも、各々相性の合う、合わないが必ずありますし、添加物を顔に塗布したくないという方もいるからです。

もちろん私も添加物、保存料は好ましく思っていません。実際、購入前には「最低限の成分だけのシンプルさに良さ」を感じていました。が、顔のイボを抑えられないのは困ります。そして、顔のイボを抑えてくれるなら保存料なども許容します。というわけで、今後は再びイポロンに戻します。っていうか、薄らと出てしまった膨らみを凹ませなくては!(涙)くそぅ〜。

新日本製薬「ヨクイニン錠SH」

先に紹介したクラシエのヨクイニンタブレットがもうすぐ無くなりそうだったのでついに購入しました。ちなみに私はクラシエのヨクイニンから新日本製薬さんのヨクイニンに切り替えました。私の顔に変化があったからです。詳細は個別記事でお読み下さい。

新日本製薬のヨクイニン錠SH「オルジェパール」を飲んだ感想と効果

今回それこそ縁の出来た新日本製薬さんなのですが、気になる商品を出されていました。はと麦茶なのですが、生姜も含んでいるそうで、これはかなり気になります。今飲んでいる国産はと麦茶がなくなったら買ってみたい。生姜が入っているということはきっとほかほかにしてくれるはず・・・!カフェインゼロだから寝る前に飲むといいかも。

最後にひとこと

小学生の頃からいぼと闘っているので、かれこれ30年以上、いぼに悩まされています。最近は敵の種類が増え、数も増えて、大変です。しかしヨクイニンの成分は生薬由来ですから、よほどの事が無い限り副作用は無いかな?と思っているので、これからも「ヨクイニン」を武器に闘うつもりです。皆さんのいぼも消えますように!

スポンサーリンク

新しい記事を公開するとツイートしています。

フォローする

関連するかもしれない記事