中国製、韓国製を買わないために日常の買い物で注意するべき買い物リストはこちら

日本製のあったか肌着|保温保湿、吸湿速乾の機能性インナー【最新版】

冬用 肌着 あったか 日本製 made in japan特集・まとめ
スポンサーリンク

そろそろ冬の寒さ対策として保温機能付きの肌着が欲しくなります。というわけで、日本製のあったか機能付き肌着を買おうと調べていたら、グンゼやワコールだけでなくミズノやアツギなどの大手メーカーでも日本製のものが増えていたので紹介します。

スポンサーリンク

あったか肌着の選び方

保温してくれる肌着は冬の強い味方ですが、その温め方にも着目して選ぶ必要があります。

吸湿保温タイプのメリット・デメリット

「吸湿」して発熱する繊維を使用している肌着です。文字通り、身体から発生する汗等の水分を熱に変えて発熱するので温まる肌着です。汗かきな人には特にメリットがあるでしょう。

しかし「汗をかきにくい人」や「乾燥肌」の人は水分を奪われるという欠点にもなりえるので、乾燥肌ではない方が選ぶと良いタイプでしょう。

それともう一点気にするべきは「汗をかかない人」はさほど温かくならない可能性があることです。繊維に水分が入って行く事で発熱する仕組みなので、致し方が無いでしょう。

保湿保温タイプのメリット・デメリット

保温しつつ、保湿もしてくれる肌着です。主観的な意見ですが、肌を保湿しつつ温めてくれる肌着にデメリットは無いでしょう。ただ、かなりの汗っかきな人には「吸湿保温」タイプの方が良いかもしれません。

GUNZE(グンゼ)のあったか肌着

グンゼの肌着にも色んな種類の保温タイプの肌着が出ています。グンゼの他の肌着に興味のある人はこちらの記事も参考にどうぞ。

【日本製の肌着】グンゼの綿100%シャツで汗対策【男性下着シェア1位の実力】

【日本製の肌着】グンゼの綿100%シャツで汗対策【男性下着シェア1位の実力】
グンゼは100年以上の歴史を持つ会社なので、社名の由来や男性下着の歴史について勉強しました。私はグンゼの公式サイト専売の肌着を愛用しています。

ホットマジックシリーズ

まずは綿肌着5枚分の温かさというグンゼのホットマジックから。口コミを見てみるとスキーやスノボなどのウィンタースポーツを楽しむ人達が好んでインナーとして着用しているようです。同じシリーズにボトムもあるので上下で着たら相当温かそうです。

男性にはこちら。

KIREIRABO(キレイラボ)無縫製ウォーマー

グンゼはより着心地の良いものを目指した「無縫製」タイプの肌着があります。そしてその無縫製タイプにあったか肌着がラインナップされました。今の所、私はこれが欲しいと思っています。

無縫製、裏起毛で保湿機能もプラスされています。かなり良さそうです。8分、2分袖などあり選べます。

KIREILABO(キレイラボ)は女性のみのラインナップなので男性用がありません。でも男性でも欲しいような気もするので試しに作ってみてはどうでしょうか。グンゼさん。

Wacol(ワコール)のあったか肌着

ワコールでは「すご衣」シリーズでお世話になっていますが、やはりメインはブラジャーです。でも温かい肌着も出していますのでご紹介します。

スゴ衣「薄軽暖」

やはり凄いものをだしてくるという印象のワコールさん。袖口と首回りにレースをあしらって女性らしさをプラスしたあったか肌着がありました。長袖やノースリーブがあります。私は買いました。

wacoal ワコール 肌着 スゴ衣 レース 9分袖 日本製 made in japan

袖口にもレースがあります。着心地などの感想は「レース付きの上品な日本製肌着|ワコール「スゴ衣」の「薄軽暖」9分袖」をどうぞ。

レース付きの上品な日本製肌着|ワコール「スゴ衣」の「薄軽暖」9分袖
レース付きのエレガントなワコールのスゴ衣「薄軽暖」購入。着心地も良く素敵ですが、基本的に肌着は見えないのが当たり前なのでレース無しでいいと思いました。

さすがのワコールさんという感じでした。

ワコール「スゴ衣 着こなしプラスあったかTシャツ」

ジャケットインとして一枚で着られるあったかアイテムです。すでにヘビロテアイテムになっています。ハイネックとUネックがありますが、私はハイネック。首は冷やさない方が風邪をひきにくいので。

ワコール wacoal スゴ衣 着こなしプラス あったかTシャツ 日本製 made in japan

詳しい感想は当該記事をどうぞ。

1枚で着られる冬肌着|ワコールスゴ衣着こなしプラスあったかTシャツ

1枚で着られる冬肌着|ワコールスゴ衣着こなしプラスあったかTシャツ
ワコールのスゴ衣から、ジャケットインにも使える薄手のあったかTシャツが出ていたので買いました。着膨れしやすい真冬に活躍しそうで期待してます。

ワコール「ふわ暖」

2018/2/3 追記

紡績も縫製も日本で行われている日本製の「ふわ暖」があります。これは今年私も買いました。大変気に入っていって紹介しています。

ワコールの日本製「ふわ暖」8分袖|ムレにくく温かい天綿肌着の優しい着心地

ワコールの日本製「ふわ暖」8分袖|ムレにくく温かい天綿肌着の優しい着心地
ワコールのこだわり素材「天綿」の肌着は初めてでしたが、着心地が大変良かったです。あったか肌着なので汗もかいたのに脇汗は少しだけでムレが無く驚きました。通年タイプの「天綿」肌着も買わなければ。

汗かきの私は冬でも同じ。ですが脱いだ時、脇汗は少しだけでした。

wing(ウィングのあったか肌着)

ワコールの妹的なブランドにも日本製のあったか肌着がありました。名前が「のび温子さん」で面白いです。でもワコールよりお安くて財布に優しい。

ATSUGI(アツギ)のあったか肌着

アツギと言えばストッキングですが、肌着も出していました。

着るタイツ

タイツを着る?と思ったのですが、シェイプ効果もありそうです。40デニールから130デニールまであるので自分の身体に合わせて選ぶと良いでしょう。

MIZUNO(ミズノ)のあったか肌着

スポーツ用品メーカーも冬スポーツを楽しむ方向けを中心に出しています。メンズものが中心ですが、中々良さそうです。あったか肌着を着た事は無いのですが、夏場、コメント欄から教えていただいた「ドライベクター」はウォーキングの時に活躍しています。

ブレスサーモ

ミズノのブレスサーモは吸湿性もさることながら、放湿性にも長けており、汗で身体が冷えないようにすることに重きを払っている印象があります。とは言え、極寒仕様から日常仕様まで色々とタイプがあるので、自分の事情に合わせて選べば大丈夫です。

男性はこちら

mont-bell(モンベル)

「世界ねこ歩き」のカメラマンとしておなじみの岩合光昭さんがよく着ていることに気がついて注目しているモンベルのインナーウェア。「ジオライン」というシリーズが非常に優秀なようです。

ジオライン

ネット上で扱っているお店では生産国の記載がないため、モンベルの実店舗で女性向けのジオラインのインナーの生産国を調べたところ、日本製と中国製が混在していました。なので多分男性のものも混在していると思われます。

この「ジオライン」は保温性が非常に高い上、速乾性にもとても優れています。そして銀イオン糸が使われているので臭い防止にも優れているようで、1週間着続けてもにおわないという口コミがありました。

着替えを頻繁に出来ない登山中などの環境下でも不快感が少ないというのは凄いですね。ひょっとすると災害時に一枚あると良い肌着かもしれません。

最後にひとこと

冬のお共として必須のあったか肌着、みなさんにもぴったりなものが見つかると良いですね。

スポンサーリンク
特集・まとめ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
優をフォローする
Select Japan Closet
タイトルとURLをコピーしました