中国製、韓国製を買わないために日常の買い物で注意するべき買い物リストはこちら

最大80%オフ|2021年の貝印ブラックフライデーセールは11月23日水曜日開始

貝印 ブラックフライデーセール情報
スポンサーリンク

新しい包丁が欲しいなとネットサーフィンをしていたら、貝印のBLACK FRIDAYという広告を発見。見てみるとキッチン用品を最大80%オフになるという特大セールを行っています。せっかくなのでご紹介。

スポンサーリンク

BLACK FRIDAYとは

日本でも登場するようになった「BLACK FRIDAY」という名前のセールは、アメリカ発祥の特大セールです。

ブラックフライデー(買い物)

ブラックフライデー(英語: Black Friday)とは、小売店などで大規模な安売りが実施される11月の第4金曜日のことである。アメリカ合衆国では感謝祭(11月の第4木曜日)の翌日にあたり、この日は正式の休暇日ではないが、休暇になることが多く、ブラックフライデー当日は感謝祭プレゼントの売れ残り一掃セール日にもなっている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%87%E3%83%BC_(%E8%B2%B7%E3%81%84%E7%89%A9)

名前の由来

このセールが始まったのは、1961年頃のアメリカのフィラデルフィアで始まったと言われており、お客が殺到した結果、フィラデルフィア警察の警察官が「真っ暗な金曜日」と叫んだからという説があります。

フィラデルフィア警察と知って、一瞬海外ドラマの「コールドケース」の主人公リリー・ラッシュが「もううんざり!(田中敦子ボイス)」とか叫んでる姿が浮かんでしまいました(リリーは殺人課なのでありえないw)

ただ、売れ行きがものすごく「黒字」になるということで、今では好意的な意味になっているそうです。

1961年ごろからフィラデルフィアで始まり、1975年にはかなり広まった比較的新しい言葉で、当日買い物客で道路が混むのでそう呼ばれている。名付けたのはフィラデルフィアの警察で、人が外に溢れて仕事が増えるため「真っ暗な金曜日」と呼んだことがきっかけとされる。当初、小売店などはこの言葉に不快感を示して「ビッグフライデー」という言葉を作ったが、一般には「ブラックフライデー」で広まった。後に、フィラデルフィアの新聞が、小売業者が儲かり黒字になるという解釈を発表してからは「ブラックフライデー」は良い意味で使われるようになった[4]。

wikipediaより

日本でも便乗

アメリカでもまだ新しい特大セールですが、日本もこのセールに便乗する流れが生まれています。

2016年、イオングループが「ブラックフライデー」を大々的に行っていました。CMを見た記憶もあります。そしてこれをきっかけに他の企業も行うようになっていきました。

11月は年末商戦前ということもあって売上が落ちているそうですから、企業としてはこのセールの波を作って消費者を乗せたいのでしょう。乗せられるのは嬉しくない方もいるでしょうが、消費が落ち込んでいるのは日本経済全体への影響もありますから、余裕のある人はその波に乗って、欲しいものがあれば買って欲しいなとも思います。

2019年アマゾンも参戦

続々と色々な企業がさんかするようになった「ブラックフライデー」セールに、アマゾンも参戦してきました。ただ、アマゾンには12月に行っている「サイバーマンデーセール」もありますから、慌てて買うのは損かもしれません。

取り上げた記事があるので「アマゾンのブラックフライデーで日本製を探してみた(2020年版)」も参考にどうぞ。

でもアマゾンにはサイバーマンデーなどのセールもあり、同時に開催されたこともありました。詳しくは個別記事「Amazonブラックフライデー&サイバーマンデーで日本製の商品を安く買おう」を参考にどうぞ。

貝印のブラックフライデー

毎年行っていたようで、その売れ行きは良かったようです。というのも、ブラックフライデーの告知ページに「先行販売で完売した商品もありました」という文言があるからです。まあそれが事実なのかは確かめようがないのですが。いつからやってたのでしょうね?

開催日時

2017年の貝印のBLACK FRIDAYは、11月24日金曜日朝10時から2017年11月27日月曜日0時まで。

貝印 BLACK FRIDAY告知&事前メール登録ページ(公式)

2018年の貝印のブラックフライデーは、2018年11月22日(木)から26日(月)まで行われます。

2019年の貝印さんのブラックフライデーは、2019年11月27日(水)10:00から2019年12月3日(火)24:00まで行われます。今回は期間が長いですね。

2020年もブラックフライデーセールをしていたのでしょうか、武漢肺炎コロナに振り回されて記憶がありません。しかし2021年はブラックフライデーセールを開催予定です。期間は2021年11月23日(火曜日)から11月26日(金曜日)となっています。

すでに日替わりの特価品もラインナップされており、一部公開されています。

詳しいこと貝印のブラックフライデー案内ページで確認してください。

現在判る特価品

ブラックフライデーでは日替わり特価品がラインナップされています。その中から気になったものだけを紹介。

味噌こし&専用シリコンヘラ(日本製) 1,620円が486円

| 貝印オンラインストア
「_」ならKAIストア。貝印運営のオンラインストア「KAI ストア」は包丁・鍋などのキッチン用品、製菓用品、カミソリやビューティーケアツールなどの美容用品の総合通販サイトです。あなたの、より快適なライフスタイルをサポートします。

手になじむ天然木使用キッチンツール5点セット(日本製) 4,320円が2,160円

| 貝印オンラインストア
「_」ならKAIストア。貝印運営のオンラインストア「KAI ストア」は包丁・鍋などのキッチン用品、製菓用品、カミソリやビューティーケアツールなどの美容用品の総合通販サイトです。あなたの、より快適なライフスタイルをサポートします。

すでに人気のあるものは売り切れていますので、早めのチェックが良いでしょう。

2019年のセール詳細

貝印のブラックフライデーは40%オフから最大80%オフになります。ただ2018年までは特価品の一部がわかったのですが、今の時点で(2021/11/20)は不明です。貝印の会員になるとセール開始の2時間前に参加できます。

新規会員特典

貝印の会員になると最初に1000円オフのクーポンがもらえます。ただし、セール品や一部のブランド品には使えません。使えるものが限られているので、ちょっと厳しいですね。

メールマガジン特典

会員登録をしていると、ブラックフライデーセールで2時間早く購入することができます。80%オフになる商品はあっという間に売り切れるので登録する方が良さそう。

アプリダウンロードで30%オフ

さらに、貝印のアプリをダウンロードすると30%オフになるコードをもらえます。

会員サービス「クラブ・カイ」登録方法

日替わり特価品は会員だけで完売になることもあるので、先に会員になっておく方が有利です。会員登録はブラックフライデーの告知ページの一番下に案内が出ているので、そちらへどうぞ。

2021年のセール詳細

特設サイトで見て気になった日本製と確認できたセール対象品をピックアップ。

セット品なのでどの包丁がついてくるか不明なので包丁が日本製かわかりませんが、個人的に興味のあるセットがあります。ブラックフライデー最終日に登場予定の木製ナイフブロック&包丁・はさみセット。これが50%オフで、8300円が4150円になります。(木製ブロックは多分ベトナム製)

シンク下から包丁を取り出すのをやめて使いたいんですよね〜。オンラインショップ内に同じセット品がないのでこれは11月26日の朝に登場するのを待つしかありません。

両面使える千切り器が80%オフで825円が165円になっています。

両面千切り器(千切り&ツマ切り) | 貝印オンラインストア
「両面千切り器(千切り&ツマ切り)_DH7083」ならKAIストア。貝印運営のオンラインストア「KAI ストア」は包丁・鍋などのキッチン用品、製菓用品、カミソリやビューティーケアツールなどの美容用品の総合通販サイトです。あなたの、より快適なライフスタイルをサポートします。

手のひらで撫でるようにして皮を向ける手のひらコンパクトピーラーが60%オフで、880円が352円になっています。

手のひらコンパクトピーラー | 貝印オンラインストア
「手のひらコンパクトピーラー_DH2087」ならKAIストア。貝印運営のオンラインストア「KAI ストア」は包丁・鍋などのキッチン用品、製菓用品、カミソリやビューティーケアツールなどの美容用品の総合通販サイトです。あなたの、より快適なライフスタイルをサポートします。

セール品を買う注意点

まず「慌てて買わないこと」を敢えて申し上げます。

セールはまだ先ですから、今欲しいものをチェックしておいて「価格の下調べ」をしておきましょう。当然、他のお店で安くなっていないか調べる事も重要です。残念ながら、公式サイトよりも安く売っている店はありますので。

そしてセールが開始された時、その欲しいものが安くなっていたら買うことを心がけるのが大切です。それが買って後悔しないためのルールです。

アマゾンや楽天ではよくこういう悪さをしてますから、注意してください。詳しくは個別記事「Amazonの「参考価格」に注意|消費者庁から再発防止の措置命令」を参考にどうぞ。

最後にひとこと

こういうセールは欲しいものを安く手に入れるチャンスでもあるのですが、特大のセールが無いとものを買わない原因にもなっています。なので必要な時に必要なものを購入出来る景気の良さが日本に来ればいいのにとも思っちゃいます。何にしても「必要なもの」だけを買いましょう。私も心がけます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
セール情報
スポンサーリンク
優をフォローする
スポンサーリンク
Select Japan Closet
タイトルとURLをコピーしました