耳の遠くなった父に日本製の集音器を贈ったが結局母がテレビ視聴に使っている件

連日、高齢ドライバーの交通事故が報道されていますが、誰しもいずれは老いるので決して他人事ではありません。で、その避けられない「老い」の症状の顕著な症例は「聴力低下」で、会話がスムーズにできなくなってきます。齢70を越える親を持つ人ならば皆それを感じるようになるのではないしょうか。

かくいう我が家でも、特に父の耳が遠くなっています。「今日、何、食べたい?」「え?何て??」という会話が日常ですwそんなわけでそろそろ補聴器が必要なのかもと思いました。しかし本人にそれとなく「補聴器」について言及したところ抵抗感を見せたので、なら「集音器を使ってみたら」と日本製の集音器を探してプレゼントしてみました。その顛末です。

スポンサーリンク

年齢と共に聞こえなくなる音

老化による聴力の低下は、40代前後には始まります。その老化現象は蚊の飛ぶ音である「モスキート音」を聞き取れるかどうかで自覚できます。私はまだ聞こえていますが、いずれ聞こえなくなるのだろうと覚悟しています。

耳の聞こえチェックが出来るサイトを発見したので良かったら訪れて聴力チェックしてみて下さい。ただし、音量にはご注意を。

今回参考にさせていただいた「オーラルソニック」さんはとても気になる製品を製作、販売されていました。

それは今までに無いという反射音をコントロールして音の環境を良くするという遮音パネル「ルームクリエイタ」です。既に医療機関や施設、勉強環境の改善に導入されその効果は実証されており、確かな商品だと思います。騒音問題を抱えている方、あるいは楽器練習をなさりたい方はこれを使うと問題の軽減を図れるかもしれません。

耳の異常に気が付いたらすぐ耳鼻科へ

耳は老化と共に衰えます。しかしまだ若いのに突然耳が聞こえ難くなった、聞こえなくなった場合は病気の可能性があるので必ず病院に行って下さい。考えられる病を2つほど上げておきます。

突発性難聴

歌手の浜崎あゆみさんがこの病気で片耳の聴力を失った事は有名です。歌手でありながら聞こえなくなる事は大変ショックだったでしょう。耳の違和感を感じた時にすぐ耳鼻科を受診していたらと思えてなりません。

「突発性難聴」とは「突然の難聴。耳のつまった感じ、耳鳴りのほか、めまい、吐き気・嘔吐をともなうことも。(家庭医学館より)」とされています。残念ながらこの病の原因はまだ解明されておらず、今のところ、内耳等に異常が起こって発症しているのだろうと推測されているだけです。一説では「ウイルス感染では?」とも言われていますが、それはあくまでも一つの説に過ぎません。

治療方法はまだ確率されておらず、副腎皮質ホルモン剤やビタミン剤等を使用した上で安静にしたり、ストレスの掛からない生活を心がける事で快復を目指します。ただし治療をしても完治する人は四分の一程度だそうで、残りの四分の三は難聴や耳鳴りなどの後遺症が残るそうです。

原因も不明、劇的な治療法も無い「突発性難聴」ですが、一刻も早く治療を受ける事で治る確率は格段に上がるので、耳の異常が起きたらすぐに病院に行くようにしてください。

ヘッドフォン難聴

今回の記事をかいていて知った症例です。大音量の音楽を聞く事で耳の細胞が傷つくというのです。怖いですね。でも音漏れするほどの大きな音で聞いているのだから当然なのかも。

近年、携帯音楽プレーヤーやオーディオ機能付きの携帯電話の普及で、ヘッドホンやイヤホンを使用し、いつでも、どこでも音楽を聴くことができます。ヘッドホンやイヤホンで音楽を聴いた後に、耳鳴りがしたり、音が聞こえにくくなったりしたことはありませんか?大音量で長時間音楽を聴き続けたことにより、耳の有毛細胞(音を脳に伝える大切な役割をしている細胞)が傷つき、聴力が低下する状態をヘッドホン難聴といいます。一時的なものもあれば、長く続く場合もあります。

龍谷大学の保険管理センターより

大音量で音楽を聞くことは耳へのいじめです。思い当たる人は是非音量を下げて、自分の耳をいたわってあげて下さい。

耳鼻科での検査方法

耳鼻科での聴力検査では、防音された個室に入ってヘッドフォンを着用した状態で聞こえる音、聞こえない音を調べます。お医者様には「音が聞こえたらボタンを押して下さいね」と言われるので、患者さんはヘッドフォンで順番に聞こえてくる音に耳をすませば良いだけです。痛くも痒くもない検査なので安心して下さい。

検査結果に基づき、必要であれば、お医者様が患者さんの耳にあった適切な補聴器をアドバイスしてくれます。しかし補聴器はそれこそピンキリで、コンパクトで高機能であればあるほど金額も跳ね上がります。

補聴器の値段

正直、補聴器の値段はせいぜい50,000円程度だと思っていましたが、普通に300,000円程度が当たり前で驚きました。ここで、日本のメーカーと世界のメーカーをご紹介します。

日本の補聴器メーカー

最初に挙げたいのは、日本で最初に国産の補聴器を作って販売したリオネットさんです。国産の補聴器を量産生産したのが1948年で、60年以上の歴史を誇る会社です。リオネットさんの作る補聴器は、日本人の耳に照準を合わせた研究、そして湿潤な日本の気候に合わせて作られているので、より長持ちするような気がします。お値段は100,000円程度から300,000円程度までありました。

コルチトーン補聴器株式会社も1957年創業の老舗です。耳穴式補聴器は68,000円からありますが、オーダーメイドタイプもあり、そちらは110,000円でした。

体温計や血圧計で有名なオムロンさんも補聴器を作っています。お値段は25,000円から50,000円です。

オムロンその他の商品

そんなオムロンさんは今年の2016年11月、家庭用血圧計の世界累計販売が2億台を突破したそうです。すごいですね。我が家にもありますよw

カナダの大手補聴器メーカー「ユニトロン」の日本代理店ですが、オーダーメイド補聴器を日本で最初に作ったのは「ニュージャパンヒアリングエイド」さんだそうです。

他にパナソニックも補聴器を出していました。お値段は耳穴式で190,000円から370,000円でした。他社製品との違いは圧倒的なデザイン性だと思います。和装にもぴったりな漆調デザインの補聴器なんてものがあるなんて驚きました。パナソニック補聴器はパナソニックの補聴器プラザ(東京、横浜、大阪)か補聴器扱いのあるパナソニックショップでお手に取れます。

世界の補聴器メーカー

世界には補聴器メーカーが沢山ありました。そのうち6社が最大手だそうです。どうやら補聴器分野においては日本は追いかけている状況の様子。とはいえ、居住地に合わせた製品が良いだろうとも言えるので、一概に外国製が一番とも言えないんじゃないかなと思います。

「フォナック」と「ユニトロン」はスイスに本社を置く補聴器メーカーソノヴァグループです。
「フォナック」は耳穴式で98,000円から460,000円の商品がありました。「ユニトロン」は日本代理店があり、先に紹介した「ニュージャパンヒアリングエイド」さんが扱っています。

「オーティコン」と「バーナフォン」はデンマークに本社を置く補聴器メーカーウイリアムデマントグループの子会社です。「オーティコン」には耳穴式で170,000円から500,000円の商品がありました。

「バーナフォン」耳穴式で70,000円から380,000円の商品がありました。

「シーメンス」「シグニア」はドイツに本社をおくシバントスグループです。販売されている耳穴式補聴器は基本的にオーダーメイドですが、安価なランナップ「デジミミ」なら20,000円程度からあります。

2016年現在、世界一小さな補聴器はアメリカミネソタ州に本社を置く「スターキー」の製造している「オトレンズ2」です。本当に小さいのでビックリしました。しかしその値段にもビックリで470,000円です。

今回各社の補聴器の値段を調べて思った事は、明らかに簡単に手を出せる金額ではないということです。しかしメーカーさんもそれを判っているので、お試しで2週間借りられるなどのサービスがあります。これはありがたいことです。というか、使用してみないと自分の聞こえを改善するかどうかどうかが判らないので、必須のサービスですね。購入を考えている方は必ずお試しサービスを利用しましょう。

補聴器選びの難しさ

「高価な製品」イコール「自分にぴったりで使い心地が良い」とはいかない所が補聴器選びの難しいところのようです。その理由は製品によって音の癖があることや、小さくても管理が出来ない事があるからです。実際様々な口コミや感想を見て回ってみたところ、最小の補聴器を手に入れたのに小さすぎてすぐに無くしてしまったという声もありました。これは悲惨ですね。

確かに小さいものは目立たずに使えるので人気があるようです。しかし装着のしにくさや操作のしにくさもあります。小さい故に無くすと探すのが困難です。そう考えると補聴器選びの基準をどこに置くのかによって、自ずとタイプが絞られるでしょう。個人的に「補聴器選び」において一番大切なのは装着する本人の扱いやすさ、管理のしやすさがポイントな気がします。

保険で補聴器を購入することも可能

補聴器は医療器具ですから、聴力によっては保険が適用されて、お安く手に入れることも可能です。残念なことですが、聴力がかなり落ちて障害者手帳を交付されるレベルになると保険が適用されるようです。自治体によっては補助金の助成がある場合もあります。デザイン性や見た目、装着感を特に気にしない方は病院の提案してくれる保険の適用された補聴器を購入するのも良いでしょう。

補聴器の前に集音器を試すのもいい

うちの父の場合はまだ酷いレベルはないのですが、明らかに聞き取りに支障が出ており、母に大声で怒鳴られているような光景(喧嘩ではないw)が見られるようになったため、私の判断で集音器をプレゼントしてみようと至ったのでした。というのも、聞こえない事で「聞こえているふり」をするようになったら怖いからです。

会話できないことで招く病と危険性

高齢者になると様々な病気との戦いがあります。しかし、本人はじめ、周囲の人間が一番恐れるのは「認知症」や「アルツハイマー病」でしょう。それを予防したり、発症を遅らせるためには、脳をフルで使う事です。そのためには円滑な会話が出来る事が不可欠です。それに聞こえない事は、車が近付いてくる事にも気付けないなどの危険性もあります。

楽しく会話をして、健やかで長生きしてもらうためには「聴力」の維持、「聴力」の快復を図るのはとても重要だと思うのです。

認知症とは

「認知症」とは物忘れが増えたり、今まで出来ていた事ができなくなるなどといった症状の総称です。物忘れには種類があり、タレントの名前がすぐに出てこないなどのちょっとした物忘れは、単なる「健忘症」で、危険ではありません。

「認知症」で問題になるのはその程度と原因です。そう考えると「認知症」という表現は曖昧さを招く気がして、適切ではないようと個人的に思います。しっかりと病気症状だと認識するためにも「認知症」と表現せず「認知障害」と統一するべきではないでしょうか。そうすれば「認知症」と「アルツハイマー病」が混同されることも減ると思います。

私の所有している辞書においても曖昧さを感じます。例えば広辞苑には「成人後期に病的な慢性の知能低下が起きる状態。いわゆる呆け・物忘れ・徘徊などの行動を起こす。主な原因は脳梗塞などの脳血管系の病気とアルツハイマー病。もと痴呆症と呼んだ。」と記載されています。確かに「アルツハイマー病」という記載がありますが、イマイチすっきりした表現とは思えません。

せめてブリタニカ国際大百科事典の「認知症(ニンチショウ):脳の器質障害によって、いったん獲得された知能が持続的に低下・喪失した状態をいう。記銘力・記憶力・思考力・判断力・見当識の障害や、失行・失語、実行機能障害、近く・感情・行動の異常などがみられる。原因疾患にはアルツハイマー病、ピック病、老年痴呆、脳血管障害、てんかん、慢性のアルコール依存症などがある。発症時期によって、老年期認知症(65歳以上)、初老期認知症(40歳〜64歳)、若年期認知症(18歳〜39歳)と呼ばれる。厚生労働省は2004年、従来の「痴呆」ということばには侮蔑的な意味合いがあるとして、呼称を「認知症」に改めた」くらいの細かな記載が欲しい。この文章を読めば、認知症には数多くの原因があり、発症時期により違う事も理解できます。

老年期認知症

人は誰もが加齢によって物忘れを起こします。しかし何度も言うようにその程度が問題です。例えば「今食べたことを忘れる」「長年一緒に暮らしている家族を忘れる」などの症状があれば大問題です。すぐに専門医の診断をうけましょう。

老年期認知症の予防法

加齢や老齢で発生する認知障害の一般的な原因は「脳機能の低下」ですから、日常生活の中で防ぐことができます。それは脳へのバランスの良い食事であったり、脳の血流改善、脳への適度な刺激(運動や思考)です。とは言え、年齢と共に食が細くなることもありますし、運動も難しくもなります。故に、日常生活においての家族との「会話」が大切なのです。

会話を成り立たせるには「聞き取る能力」が重要です。しかし耳の遠くなった方との会話は正直困難です。私の祖母がまさにそうですが大声で言わないと伝わりません。とは言え、会話がなりたたなくても「うんうん」と聞いているので、祖母の認知症は軽いもので済んでいます。聞こえないよと怒ったり怒鳴ったりせず、おばあちゃんには楽しく会話しているのだと思ってもらうのが大切だと思っているので、それはそれで楽しいものです。みなさんも聞こえてなくても笑って対応してくださいね。

アルツハイマー病認知症

アルツハイマー病とは広辞苑に「認知症の一型。初老期に始まり、記銘力の減退、知能の低下、高等な感情の鈍麻、欲望の自制不全、気分の異常、被害妄想、関係妄想などがあって、やがて高度の認知障害に陥り、全身衰弱で死亡する。脳に広範な萎縮と特異な変成が見られる。ドイツの神経病学者アルツハイマー(A.Alzheimer1864〜1915)がはじめて報告。」と記載されていました。

アルツハイマー病発表は1907年

この病気の発見の経緯が小学館の家庭医学館に記載されていましたのでご紹介します。

1907年、ドイツの精神科医アルツハイマーは52歳で発症し、急速に記憶障害や認知障害が進行して数年で亡くなった女性の症例を、新しい病気として発表しました。以来、中年や初老期でおこる脳の障害をアルツハイマー病と読んできましたが、70歳、80歳で発症しても、現れてくる認知症症状は同じでることがわかってきました。この高齢者の認知症を、アルツハイマー型老年認知症と読んでいますが、アルツハイマー病やアルツハイマー型老年認知症になった人の脳を顕微鏡で調べてみると、神経原繊維変化と老人斑という病変がおこっていることがわかりました。
このことから2つの病気を一つにまとめて、アルツハイマー病とよぶこともあります。(小学館/家庭医学館より)

読まれた通り、アルツハイマー病は脳に直接的な変化が起こります。現在様々な研究が行われていますが「アミロイドβ蛋白が脳に蓄積して神経細胞が破壊されるのが原因」とする説や「アポプロテインーE4による神経細胞の破壊が原因」と考える説もあり、この病を治すにはまだまだ時間が必要なようです。

アルツハイマー病認知症の予防法

アルツハイマー病が発見されてから様々なデータが蓄積しています。それらのデータから導き出されている「アルツハイマー病を発症しずらい条件」をご紹介します。私が医者ではないため、ネット上の医師が関わっている記述を参考にしました。詳しくは参照元のページに行かれてお読み下さい。

どちらのページも判りやすく興味深い内容です。個人的には脳神経外科「山本クリニック」さんの公開されているリストが読んでいて面白かったです。特に環境要因や服用している薬剤によるアルツハイマー病発症確率などが面白かったです。是非訪れてお読み下さい。

ご紹介したサイトで提案されている予防法は、一般的に言われている方法とほぼ同じです。アルツハイマー病を発症しないためには「脳への適切な栄養」「睡眠」そして「脳を使う事」が重要です。魚や野菜を中心にした食事にしたり、夜更かしを減らしたりすることでリスクをさげるのです。

日本製の集音器

補聴器の装着に抵抗を見せた父には、ぱっと見で判りにくい、目立ち難い集音器を探しました。すると電話のように耳に当てて使うタイプやまるでウォークマンのようにイヤホンを使い、本体の集音マイクに入る音を聞くタイプなどがありました。色々と種類があったため迷ったのですが、判断基準の一つに「日本製」というのがあったので、その中から割と評判の良いものを購入しました。

アネックス高感度集音器「効聴」

見た目がコンパクトで、ちょっとしたラジオにも見えそうな事、そして日本製だったことから選んだのは、アネックス株式会社の高感度集音器「効聴」です。注文して翌日に届きました。

アネックス株式会社 効聴 KR-77 日本製 集音器

保証書とぷちぷちでしっかり保護された商品が入っていました。

アネックス株式会社 効聴 KR-77 日本製 集音器

プチプチを外しました。シンプルな箱入りです。

アネックス株式会社 効聴 KR-77 日本製 集音器

箱を開けると真っ先に説明書が。

アネックス株式会社 効聴 KR-77 日本製 集音器

説明書を取り出すと中身です。本体とイヤホンがそれぞれ入っていました。

アネックス株式会社 効聴 KR-77 日本製 集音器

それぞれ袋から取り出しました。電池もついているのですぐに使えます。嬉しいですね。

アネックス株式会社 効聴 KR-77 日本製 集音器

電池は後に入れる場所があります。本体の蓋を外しました。

アネックス株式会社 効聴 KR-77 日本製 集音器

付属の電池をセット。

アネックス株式会社 効聴 KR-77 日本製 集音器

イヤホンをセットして・・・

アネックス株式会社 効聴 KR-77 日本製 集音器

使用準備完了です。そうそう日本製表記は箱にも本体にも見つけられませんでした。悲しい。

アネックス株式会社 効聴 KR-77 日本製 集音器

操作部分のアップです。音量ボリュームが電源のオンオフを兼ねています。そして、左右の調整もできます。これが私のお気に入りポイントでした。というのも父は左の耳のみが聞こえにくいからです。それと高音と低音のカットもできるようになっています。使う人の耳に合わせて切り替えて使えます。ちなみにマイクは本体の前についています。

アネックス株式会社 効聴 KR-77 日本製 集音器

私の感想

付けてみてびっくりしました。ちょうどテレビで国会中継をしていたのですが、電源を入れてみるとまるでラジオでの中継を聞いているようにクリアに音が聞こえたのです。

と言っても、私の耳に聴力の問題はないので使う予定はありませんが、例えば深夜にテレビを見たい時に使うのはありかもと思いました。特に台詞の聞き取り難いような昔の映画や音声レベルの低い映画だと活躍しそうです。

父の感想

初めて集音器を使った瞬間は少し驚いていました。ボリュームが大きかったようです。しかしよく聞こえたようで暫くは使っていたようです。が、そのうち使わなくなっていました。理由は長時間着けていると「耳が痛い」ことと「全体が大きくなるだけで聞き取り難い音が変わらない」事でした。

確かに集音器は音をマイクに集めて大きくするというのが基本で、周波数ごとの細かい調整ができません。よって、これを付けて外出すると相手の声を聞こうとボリュームを上げると同時に他の音も大きくなってしまい、びっくりしたというのです。なので、日常的に着けるのはイマイチで使わなくなってしまいました。

恐らくですが、もっと高価で高性能な集音器なら周波数コントロールが細かくできるのだと思います。というわけで、次はその辺りの機能をよく調べてプレゼントしてみたいと思います。

母の感想

父が使わなくなったので母に回ってきましたwで、母が使ったところ「よく聞こえる!」とご満悦です。しかし彼女の場合、会話に不自由することもないですし、テレビをよく聞くための限定的な使用です。今は夜遅い時間のテレビ鑑賞で、とくにしっかり聞きたい内容の番組の際に機嫌良く使ってくれています。無駄にならなくてなによりです。

こちらが購入したものです。

日本製の他の集音器

集音器は他のメーカーからも出ています。安価なものから高価な物まで沢山あるので参考までにリストアップしておきます。

携帯電話のように耳に当てるタイプです。

シマダ製作所さんの集音器。

パイオニアさんも出していました。操作性が良さそうです。

低価格でなかなかの評判の印象のミミー電子さんの日本製の補聴器もいいかもしれません。

最後にひとこと

結局、父のために購入した集音器は母の愛用品になってしまい、父の聞こえ問題が解決出来なかったのは残念です。しかし補聴器について勉強できたのは良かったです。ちなみに父は今回の集音器体験をきっかけに耳鼻科にいってくれました。そして聴力検査を受け、まだ補聴器が必要なレベルではないが要注意レベルだという診断を受け、さらに聴力低下が進んだら、保険適用される補聴器を一緒に探しましょうと言ってくれたそうです。

楽しい会話をすることは認知障害を防ぐ重要な習慣ですし、みなさんももし補聴器を嫌がる親御さんがいらっしゃるなら、集音器の提案をしてみてはどうでしょうか?「聞こえる喜び」が病院へ行く後押しになるかもしれません。高齢者へのプレゼントにもいいと思います。もちろんその時は「テレビ聞き取りやすいよ〜」の一言を添えて、心を傷つけないようにしてあげてくださいね。

ここまでお読み下さり、ありがとうございました。

スポンサーリンク

フォローする

関連するかもしれない記事