食物繊維入りのほんのり甘いPascoのゆめちからブランロールで優しい朝食

「超熟」「米粉ロール」に続いて、我が家のレギュラーになったパスコのロールパン「ゆめちからブランロール」をご紹介します。

スポンサーリンク

国産小麦ゆめちからの入ったロールパン

Pasco(パスコ)さんは国内の食料自給率の向上に頑張っている企業で、国産小麦のゆめちからの開発にも関わっています。

「ゆめちから」が流通しはじめてからかなり経ち、「ゆめちから」を使用したパンの種類も増えています。そんな中、あまりチェックしていなかった「ロールパン」の中に「ゆめちからブランロール」が登場していたのです。

ゆめちからブランロール

普段、「超熟」と「米粉ロール」がメインなので、最近ロールパンチェックを怠っていました。(菓子パン類はよく見るのに・・・)しかし先日発見した「ゆめちからブランロール」を食べてみたら非常に優しい甘さで一瞬で虜になりました。

pasco パスコ ゆめちからブランロール

この「ゆめちからブランロール」は国産小麦の「ゆめちから」の全粒粉と小麦粉で作られており、食物繊維も豊富で、一個当たり1.4g入っています。カロリーは一個あたり102kcalです。

pasco パスコ ゆめちからブランロール

パンは茶色。ちょっとちぎってみました。中も茶色です。

pasco パスコ ゆめちからブランロール

食べた感想

とても優しい甘さのパンでした。一口食べて微笑みが出る感じ。で、この甘さは何故?と思って成分表を見てみたら「ハチミツ」が入っていました。なるほどそれで優しい甘さなのかと納得。

でも「ハチミツ」を感じる甘さではありません。ふわっと甘いのです。パンの甘みだと思うほどの甘さ。とてもいい塩梅です。試しにそのまま食べてみたのですが、そのままでも美味しい。でも少しだけトーストして食べるとこれまた美味しい。

これは久々の大ヒットパンです。是非皆さんにも食べてもらいたいと思いました。

最後にひとこと

Pascoさんは「臭素酸カリウム」不使用ですし、更に「トランス脂肪酸」の低減にも取り組んでいて、安心して食べられるので、いつも新商品を心待ちにしています。でも毎朝レギュラーで食べたいほどのものには早々出会えません。だから今回は非常に嬉しいです。明日もまた食べます。というかしばらくの間は毎日「ゆめちからブランロール」でいこうかな。

スポンサーリンク

新しい記事を公開するとツイートしています。

フォローする

関連するかもしれない記事