【日本製ルームシューズ】丸洗いできる温かい室内ブーツ【冬支度】

以前購入して紹介した記事の日本製の夏スリッパやオープントゥのヒールスリッパは流石にもう履けなくなりました(今日まで履いてましたが 笑)というわけで、日本製のルームシューズ、しかも温かそうな室内用ブーツを購入しました。その感想です。

スポンサーリンク

日本製にこだわるお店

今年の夏は前に購入したちりめん柄でたたみ仕様の素敵なスリッパで過ごせました。

毎日履く室内履きは日本製がいい。というわけでちりめん柄で可愛いスリッパと花柄が可愛いヒールスリッパを購入しました。お気に入りです。
それもこれもDolphin shopさんのおかげです。新潟の町工場で職人さんがひとつひとつ作ってくれているというお店なので、皆さんも是非ご利用下さいませ。足の小さな女性に嬉しいSサイズもありますよ。オススメです。オンラインショッピングは楽天をはじめ、Amazonやyahooショッピングで出来ます。

こちらは楽天さんのDolphin shopトップページ。

初めての室内ブーツ

実は室内ブーツタイプは初めてです。でも写真を見てたらとても温かそうで欲しくなってしまったので買ってしまいました。しかしスリッパって意外と脱いだり履いたり激しい履物です。脱ぐのが面倒だとちょっとなあと不安もありました。なのでそんな私の心配を吹っ飛ばしてくれる短いタイプのデザインとお風呂後(またかw)殆ど脱がない前提で履くロングタイプの二つを選んで注文しました。

前回は段ボールで届きましたが、今回は佐川さんで袋タイプの梱包でした。

日本製ルームシューズ到着

いつも思うのですが、透明な袋でしっかり入れられていると嬉しいです。清潔感もありますし。何より新品感がいい♪

ルームシューズ2足

脱ぐ時にもたつかないのがポイントの「ナポレオン」。何で「ナポレオン」?(笑)色はご覧のとおりクリーム色。履いているうちに汚れが目立つかもしれませんが、洗濯できるとのことなので気にしない。あ、このルームシューズは10色あるのでお好みのものを選ぶと良いですよ。

ルームシューズ/ナポレオン
日本製の証拠タグ。生地もふわふわです。

日本製ルームシューズ

履いてみました。いい感じで温かいです。脱ぐ時もすっといけました。

made in japanのルームシューズ

横から見た感じ。

メイドインジャパンのルームシューズ

こちらが購入したナポレオン。しかし何故ナポレオンなのか・・・(笑)無地やチェック柄があります。

つづいてロングタイプのルームシューズ。こちらはグレーを選びました。

日本製室内ブーツ/グレー

こちらも勿論日本製。メイドインジャパンでございます。

日本製室内ブーツ証拠のタグ

履きました。すっぽり温かいです。

made in japan/室内ブーツ

横から。完全に足が入っているのでぬくぬくです。

メイドインジャパン/室内ブーツ

購入したのはこちらです

しょうもないことかもしれませんが、包装にも気配りが入っていると思います。というのも、グレーのブーツの方は黒いシール、クリーム色のナポレオンには白いシールが使われていたのです。小さな事かもしれませんが、受け取る時の印象を左右する大切な事だと思うのです。

日本製室内ブーツ包装

メイドインジャパン室内ブーツ包装

どんな事にこだわって作られたシューズなのか、しっかり明記されていました。タグの文章をまるっと書き出しますね。

はいた時ソフトで軽く足にフィットします。又音も静かでスベリません。縫製仕上で型くずれしにくく丸洗いできます

確かに履いた感触はとっても軽く足にくっついてる感じです。これはとても重要で、例えば階段を上り下りする時、脱げそうになると危険です。でもこの室内シューズだとその心配は感じません。しかも滑り難いというのも素晴らしい。これは高齢者向きかもしれませんね。足下に不安のある方にぴったりだと思います。

音が静かだというのもポイント高しです。マンション等の集合住宅だとスリッパの音が階下に響く事があるそうですから、こういう気配りは嬉しいですよね。そして個人的に一番嬉しいのは「丸洗い」できること。素晴らしい。

室内ブーツタグ説明文

裏が黒。これも個人的に嬉しい。スリッパを買う時は裏が黒がモットーな私はこれまた嬉しい特徴です。

日本製ルームシューズ/裏が黒

最後にひとこと

タグの説明文でも触れましたが、これは高齢者へのちょっとした贈り物としても良い室内シューズだと思います。温かくて安全なんて素敵です。しかも丸洗いできるから清潔さも保てます。久々にヒットなお買い物になりました。色違いも欲しいかもしれない・・・(笑)

ここまでお読み下さり、ありがとうございました。

スポンサーリンク

新しい記事を公開するとツイートしています。

フォローする

関連するかもしれない記事