滅多に風邪を引かない私が実践している風邪の予防法あれこれ

私は個人事業主で、誰かに仕事を代わって貰えないので絶対に風邪を引けません。そのため、年中体調管理に気を遣っています。特に危険な冬は完全防備をしています。それでも「ちょっと調子が悪い」状態になることもありますが、今のところ仕事を断る事態には至ってません。それもこれも、私の風邪対策がかなり出来ているのだと自負しています。そこで今日は、私の実践している風邪対策を紹介します。

スポンサーリンク

風邪についての基礎知識

そもそも何故人は風邪を引くのか?未だに薬も無い。風邪に効く薬が出来たらノーベル賞と言われて久しい。「早く作って!」と思うのですがまだまだ無理そうです。ならば自己防衛です。そのためにはまず風邪についての基礎知識を勉強しましょう。

風邪の原因

一般的に、「ライノウイルス」や「コロナウイルス」、「アデノウイルス」などの”ウイルス”が風邪の原因です。

ウイルスがくしゃみ、鼻水、咳や熱などの風邪の症状を引き起こしますが、抵抗力があれば感染しても軽度で済みます。重症になるのは、そのときの罹患者の状態に左右されるわけです。

風邪ウイルス

ウイルスの種類によって、引き起こす症状も様々です。というわけで有名どころを一覧にしてみました。

「アデノウイルス」
49種(分類で51種とも)が確認されており、夏〜冬に多い。肺炎や結膜炎の原因にも。塩素が有効。
「ライノウイルス」
鼻風邪の原因として有名。一番多い風邪の原因ウイルスとされている。
「RSウイルス」
一年中活動する嫌なやつ。乳児など小さな子供が感染しやすい。重症化すると肺炎などになる。高齢者も注意が必要
「ロタウイルス」
小さなお子さんが感染します。白い排泄物が特徴。下痢は止めずにウイルスを出し切る事が有効。
「ノロウイルス」
数年まえから騒がれるようになった胃腸性風邪の原因。カキなどの二枚貝などから感染。中でも韓国産の海産物を食べると感染リスクが高くなります。(韓国は下水処理が出来ていないため、海は汚物だらけです。韓国産は食べてはいけない。韓国海苔にトイレットペーパーが混ざっている事は有名です。)

風邪菌

風邪の原因は9割がウイルスですが、細菌が原因であることもあり、細菌由来の風邪は治り難いのが特徴です。だらだらと長引く風邪は細菌性である可能性が高い。

「化膿レンサ球菌(A群β溶血性連鎖球菌)」
特に喉に感染しやすい最近です。別名「溶連菌」。抗生物質が効きます。
「肺炎球菌」
高齢者が注意すべき最近。65歳以上になると肺炎球菌ワクチンを無料で接種して貰えるので、地元の自治体に確認しましょう。
「インフルエンザ菌」
「インフルエンザウイルス」とは別物で、体内に常在しています。名前は、1800年代に流行したインフルエンザと誤認されたためです。ヒブワクチンが効きます。

注意するべき時期(2018/8/20 追記)

一般的に「季節の変わり目」が要注意時期です。特に夏から秋へと代わる時期に薄着で眠ると風邪を引く危険性が高まるので、タオルケットに重ねられる毛布や肌掛け布団で眠るようにしましょう。

1万円以下の洗える日本製肌掛け布団|汚れ落ちの良い特殊な中綿がポイント

1万円以下の洗える日本製肌掛け布団|汚れ落ちの良い特殊な中綿がポイント
形状記憶性のあるウルトラウォッシュファイバーという特殊な綿が使われた日本製の掛け布団です。汚れ落ちが良い上、乾きやすい特徴があり、気になっています。

室内の防御方法

室内で行える予防法です。

基本は手洗い、うがい

外出先から帰ったら、トイレに行ったら、料理をする時も、当たり前ですがしっかり手洗いすることが肝要です。

うがいは口の中に溜まった風邪菌、ウイルス以外に虫歯の予防にもなるので行って損はありません。

加熱式の加湿器

適度な湿度はウイルスや菌の増殖を防ぎます。しかしその加湿器も使い方が悪いと、カビや細菌をバラまいたり、病気の原因になるので、一週間に一度はさっと中を水ですすいだり、フィルターにほこりがたまっていないかをチェックしましょう。

マメな掃除は出来ない人はカビや細菌が比較的発生しにくい「加熱式加湿器」が一番です。超音波式や気化式はお手入れをさぼる人には向いていません

ちなみに私が使用している加湿器は2006年製造の「三菱電機のSV-306」です。生産地記載無しなので生産国未確認。アロマ機能は使ったことがありません。

三菱電機加湿器SV-306

当時「うる肌モード」「のどガード」機能が気に入って購入しました。加湿能力は高いです。しかし断熱性が悪く狭い私の部屋では通常運転だと壁に結露するため、加湿レベルを低めにして使っています。

まだ壊れる気配はありませんが10年以上経っているため、保守点検的側面から考えるとそろそろ買い替えの時期と言えます。後継器と思われる三菱の日本製加湿器があるので、買い替えるならこれかなと思っています。

身体の”首”を温める

「首」「足首」「手首」などを冷えから守ります。首は、マフラーやストール。足首はいわゆる「レッグウォーマー」。手首は長袖なので普段意識しませんが、出さないようにしています。

私の室内用マフラー。大きめなので膝掛けにもなります。かなり古くなっていますが気にしない。

マフラー

愛用しているレッグウォーマー。こちらもかなりの年期。

レッグウォーマー

ズボンだとレッグウォーマーだと気づかれ難いです。ちなみに靴下は靴下専門オンラインストア Tabio(タビオ)さんのものです。

レッグウォーマー

丸洗いできる温かい日本製の室内ブーツ|滑りにくいルームシューズ」で紹介した室内ブーツとの最強の組み合わせです。

丸洗いできる温かい日本製の室内ブーツ|滑りにくいルームシューズ
日本製の洗濯機に入れて洗える室内ブーツです。裏は滑らないようになっているので高齢者にもぴったりなルームシューズです。

室内ブーツとレッグウォーマー

外出先での防御方法

外で出来る対策もあります。

マスク

「助かりマスク」一度聞けば忘れられないこの声とCM。広川太一郎さんみたいな人ってもう居ないのかな?ものすごいインパクトのCMナレーションだと思います。探したらあったのでご紹介。

コーワ クリーンラインマスク 1990

「マスクは周りに伝染さないためのもの」という意見もありますが、装着しておけば喉の乾燥を防げるので、私はコーワのマスクを買いだめしています。

4枚ずつの小分け包装の12個入りなので、いつも一袋バッグに入れています。勿論日本製。

コーワ/クリーンラインマスク

PM2.5が気になるので、買いだめしているものが無くなったらPM2.5対応のクリーンラインにするつもりです。

純日本製マスクでウイルス風邪予防|興和の3次元マスクナノを購入

純日本製マスクでウイルス風邪予防|興和の3次元マスクナノを購入
もらい風邪を防ぐために、冬場は必ずマスクを着用して移動しています。というわけで、今年出た興和の新しいマスクを購入。このマスクは帯電フィルターでPM2.5や花粉などの微粒子をキャッチしてくれる優れものだそうです。今年はこれでいきます。

コーワが少し小さめのマスクを販売してくれました。使ってみたら程よいフィット感で、今はこれを使っています。

少し小さめが嬉しい純日本製マスク|コーワの三次元マスクM~Sサイズ

少し小さめが嬉しい純日本製マスク|コーワの三次元マスクM~Sサイズ
Mサイズが大きいがSサイズは苦しい。そんな人に良さそうなMSサイズ、少し小さめのマスクが発売されたので買いました。三次元マスクナノでも出して欲しい。

風邪を引いた時に使い捨てるために購入した「三次元のどに潤いマスク」です。

興和 三次元 のどに潤いマスク 日本製 made in japan

2017年9月にリニューアルされたばかりなので、古いタイプも出回っています。購入の際には加湿パッドに穴があるかどうかを確認して買ってください。

殺菌効果のある飴

ハチミツには抗菌、殺菌効果があるので、蜂蜜100%の飴を電車に乗る時に一つ口の中に入れています。口内炎などにも効果があるという声もあります。

はちみつ100%あめ

お気に入りのハチミツ100%飴。美味しいから食べ過ぎ注意です。お花の形が可愛い。

はちみつ100%あめ

一粒のカロリーは約13.9kcl。

はちみつ100%あめ一粒のカロリー

ちなみに混ぜ物無しの100%はちみつのあめは扇雀飴本舗さんのものだけです。特許を取得して作られているので他のメーカーからは出ていません。

緑茶

飴が嫌いな人は緑茶を飲みましょう。カテキンが殺菌してくれます。電車の中でちびちび飲むのがポイントです。

睡眠時の対策

朝起きたら「喉が痛い」「身体が怠い」「微熱がある」などの症状が発生していた。

これらは概ね、睡眠中に身体を冷やす等の原因で、既に身体に取り憑いていた菌やウイルスが暴れて、風邪の初期症状を引き起こしている状態です。

身体が冷えると抵抗力、免疫力が下がります。体温が高い人は病気に掛かり難いと言われるのもそのためです。冷えない服装で眠り、しっかり防御しましょう。

シルク製品で身体を温める

より一層快適に眠りたいと素敵なグッズを探していたら絹が保温性も通気性も良いと知ったので、絹素材の快眠お助けグッズを買いました。

購入したのは「シルク専門店イーズクリエーション」というシルク製品専門店です。日本製のものも多くあるので興味があれば覗いてみて下さい。

届いた商品は綺麗に包装されていて嬉しかったです。リボンにも袋にも社名の印刷。気合いを感じました。買ったのはシルク入りレッグウォーマーやシルク100%のマスク、下着です。

イーズクリエーションラッピング

絹商品のカタログと嬉しい特典が同封されていました。

イーズクリエーション同封物

期限付きですが、次回使える500円クーポン。でも期限が切れて使えませんでした。こういうクーポンは期限無しが良いと思います。

イーズクリエーションクーポン

寝間着のタイプ

夏も冬もベストは上下タイプのパジャマです。しかし身体を締め付けないゆったりネグリジェタイプの方が好きな人もいるでしょうから、そういう人はレッグウォーマーで温めましょう。

これは長年使い続けてゆるゆるのレッグウォーマー。昼間使っていたものですが、睡眠用にしました。

レッグウォーマー

新しく購入したレッグウォーマー。肌に当たる部分がシルク素材になっています。絹は肌に優しくて通気性も良いので夏も着用できるそうです。

シルクレッグウォーマー

袋から出してみました。

日本製ロングレッグウォーマー

日本製です。
日本製レッグウォーマー

裏地は白です。

レッグウォーマー裏

首にはタオル

首を冷やさないために、綿のタオルを巻いて眠っています。少し長めが巻きやすい。

首にまくタオル

今回買ったシルクのネックウォーマー。

シルクネックウォーマー

首がすべすべになるかも!という期待をして買いました。首の形になっています。ただ今回は私のチェックミスで日本製ではなく中国製でした。

セールで安くなっていたのに飛びついたため気がつかなかったのです。しかも身につけるとき、非常に窮屈で扱い辛く、ハズレでした。

シルクネックウォーマー

マスク

口を開けて眠ってしまう人はマスクをして眠るのが良いでしょう。ただ、朝になって外れている事もあるのがちょっとした問題。ちゃんと装着して眠れたときは素晴らしい効果を感じます。

絹100%のマスクです。

made in japanのシルクマスク

紐までシルクなのでとても柔らかくて、装着時の嫌な感じがありません。

日本製シルクマスク

喉の乾燥対策目的で買ったのですが、目覚めた時、お顔も心無しかしっとりしている感じでした。肌の、特に頬の保湿をしてくれたようで、今ではお気に入りです。

でもこの商品超人気商品のようで今見たら売り切れでした。在庫復活を待って即購入するしかなさそうです。

紐は綿のタイプはあります。

違うデザインのもの。

食生活

食生活でも風邪の予防、対策ができます。

腸内細菌を良くする

一日一本のヤクルトを飲んでいます。空腹時だと胃酸に負けるので食後に飲むのがおすすめです。長年飲んでいますが、風邪を引く回数が減ったと思っています。

「ヤクルト」のような甘いものは無理な方は「新ビオフェルミンS錠」などの錠剤タイプをどうぞ。私はヤクルトと一緒に飲んでいます。

「ビオフェルミン」を飲み始めてから、女性の痒みがなくなりました。抗生物質を飲んだときなどに痒くなることが悩みだったのですが、どうやら「カンジダ菌」をビオフェルミンの乳酸菌が抑えるようです。

個人差はあるでしょうが、「膣カンジダ」に悩んでいるなら試しに飲んでみるとよいでしょう。

カンジダ菌を増やさない

「カンジダ菌」は色々な病気の原因になっているという意見があります。

常在菌である「カンジダ菌」が絶対悪とは思いませんが、増えると「痒み」を引き起こすなどの悪さをするので、その数を増やさないことは大切です。

今後、この細菌がどういう役割を持っているのか、必要なのか、不要なのかが研究によって明らかになるのを待っています。

風邪を引いてしまったとき

ここまで対策していても「風邪」を引くこともあります。その時はその症状に合わせて漢方薬を飲んだり、よく眠ったりして対応しています。「風邪っぽいような」と感じたときは漢方薬「葛根湯」を飲んでいます。

のどの痛みが出たら飲むのは、第一三共ヘルスケアの「トラフル錠」です。この薬は口内炎の薬として有名ですが、喉の粘膜の炎症も鎮める効果もあるので、私の鞄の中にはいつも1シート入っています。

知ったばかりの内服液タイプの大鵬薬品の「銀翹散(ぎんぎょうさん)」は内服液タイプなので薬局で買ってすぐに飲めます。喉の症状に重きを置いた漢方薬です。

最後にひとこと

風邪を引いてしまうと治るまでがとても辛い。ですから引かないことが一番です。

身体を冷やさず、温めて、疲れたら出来るだけ睡眠を取る。忙しい人には厳しいでしょうが、せめて身体を冷やさないようにして下さい。

【合わせて読みたい】

インフルエンザウイルス花粉PM2.5黄砂対策に|日本製グッズ【最新版】

インフルエンザウイルス花粉PM2.5黄砂対策に|日本製グッズ【最新版】
中国からはPM2.5、国内では花粉、冬場になればインフルエンザウイルスなど、空気には色んなものが含まれています。全てを防御することは出来ませんが、体調を維持したり、風邪を引きにくくするためには、自衛のためのグッズを利用すると良いでしょう。
スポンサーリンク
健康と美容
スポンサーリンク
優をフォローする
Select Japan Closet