中国製、韓国製を買わないために日常の買い物で注意するべき買い物リストはこちら
PR

4種の乳酸菌で腸内フローラを整える|大正製薬新ビオフェルミンSプラス錠

ビオフェルミン製薬 大正製薬 新ビオフェルミンSプラス錠 整腸剤 便秘 下痢 日本製 made in japan医薬品・サプリ・医療機器
スポンサーリンク

長年にわたって飲み続けている整腸剤は「新ビオフェルミンS錠」です。他に大腸にまで届くというコーワの「ザガードコーワ」や酪酸菌が入っていて認知症予防にもなるという「ミヤリサン」も飲んでいますが、メインは「新ビオフェルミンS錠」です。しかしストックを切らしてしまい通販で注文しようとしたら「新ビオフェルミンSプラス錠」という新しいものが出ていることを知ったので試しました。

スポンサーリンク

ビオフェルミンの歴史

今回紹介するにあたり、少しだけビオフェルミンについて調べてみると、ビオフェルミンを作っているビオフェルミン製薬は2017年に100周年を迎えていた歴史の長い企業でした。

3人の医師と起業家が生み出した薬

当時は「乳酸菌」自体が知られておらず、その重要性に着目する企業も少なかったそうです。しかし、山本治郎平氏、鶴崎平三郎氏、天児民恵氏の3人の医師と起業家高津英馬氏が手を取り合い、研究を開始、そして乳酸菌と糖化菌の2種の細菌を生きたまま含有させて生み出されたのが「ビオフェルミン」でした。

大正6年(1917年)ビオフェルミン製造開始

兵庫県神戸市に設立された株式会社神戸衛生実験所は、当時はまだあまり知られていなかった「乳酸菌」の研究を続け、大正6年(1917年)「ビオフェルミン」の製造を開始しました。ただし販売は株式会社武田長兵衛商店(現・武田製薬)に委託しています。その後、昭和24年(1949年)、「ビオフェルミン製薬」と名称を変えました。

昭和41年(1966年)「新ビオフェルミン」にバージョンアップ

大正6年から販売されたのは「ビオフェルミン」ですが、さらに研究を続け、別の新しい乳酸菌が加えられた「新ビオフェルミン」が販売されるようになりました。

昭和62年(1987年)「新ビオフェルミンS錠」に更にバージョンアップ

私の知っている、今も売られている3種の乳酸菌(フェーカリス菌・アシドフィルス菌・ビフィズス菌)の含まれている「新ビオフェルミンS錠」は昭和62年から発売されていました。物心ついたころにはこれしかなかったので、どうして「新」とか「S」が付いてるのと思っていたことを覚えています。なるほどバージョンアップで変わっていたというごく当たり前の理由だったのですね。

令和元年(2019年)「新ビオフェルミンSプラス錠」新発売

今回初めて買った「新ビオフェルミンSプラス錠」は令和元年から発売された新商品でした。この整腸剤は今まで入っていた3つの乳酸菌(フェーカリス菌・アシドフィルス菌・ビフィズス菌)にビフィズス菌の一つである「ロンガム菌」が追加され、「腸内環境」を整えることを目的に作られています。

でも私は店頭で見た記憶がないのです。多分思い込みで意識していなくて見落としていたんでしょうね。

腸内環境が健康の要

現在、健康番組などでは「腸内環境」が悪いことは体調を崩す原因だと言われます。実際、便秘も下痢も日常生活では起こってほしくない症状です。そのためにはバランスの良い食事を摂ることが重要ですが、忙しい現代人には難しい。

そんな時に食後に飲むだけで「腸活」を手伝ってくれる「整腸剤」はちょっとしたブームになっています。しかし使われている菌は色々あって、その人との相性がいいかで結果に違いが出るのが現状です。なので小さいものを買って試して、お通じがどう変化するかをチェックすることが重要です。

整腸剤はたまに変える

ちなみに一番多く飲んでいるのが「新ビオフェルミンS錠」です。しかし同じものばかりではなくたまに変えていますし、変えたほうがいいという意見がちらほらネットで散見されます。

理由は「途中であまり効果を感じなくなった」というものが多い印象です。私は「効果が感じなくなったら」変えるのではなく、なんとなくで変えています。

理由はメディアなどでやれ「納豆」を食べろ「ヨーグルト」食べろ「すぐき」を食べろと、より多くのいろんな食べ物を食べて、複数の乳酸菌を摂取することが良いと言われているからです。

同じものよりは効果がありそうだな〜という判断です。

大正製薬「新ビオフェルミンSプラス錠」

というわけで初めて飲むことにした「新ビオフェルミンSプラス錠」です。360錠入っているものにしました。

ビオフェルミン製薬 大正製薬 新ビオフェルミンSプラス錠 整腸剤 便秘 下痢 日本製 made in japan

箱の後ろ。効能、用法用量が記載されています。15歳以上から食後に3錠です。

ビオフェルミン製薬 大正製薬 新ビオフェルミンSプラス錠 整腸剤 便秘 下痢 日本製 made in japan

横。追加された「ロンガム菌」は大腸に住み着く菌で「酢酸」を作るのが上手だそうです。がんばれ。腸内フローラを整えてほしい。

ビオフェルミン製薬 大正製薬 新ビオフェルミンSプラス錠 整腸剤 便秘 下痢 日本製 made in japan

出しました。本体と説明書。

ビオフェルミン製薬 大正製薬 新ビオフェルミンSプラス錠 整腸剤 便秘 下痢 日本製 made in japan

錠剤には「SP」とあります。ちなみに今まで飲んでいた「新ビオフェルミンS錠」は「S」が刻印されていました。現物がないので比較写真撮れず・・・。

ビオフェルミン製薬 大正製薬 新ビオフェルミンSプラス錠 整腸剤 便秘 下痢 日本製 made in japan

飲んでみた感想

薬事法の改正で詳しく書けませんが、今のところ飲み始めて数日して毎日お通じが来ているので合ってるのかな?と言ったところです。ただこれが続くかどうかというと分かりません。

というのも、整腸剤は色々試していますが、最初はお通じがあっても途中からいまいちになったり、食事内容にも左右されるのです。なのでこのままお通じ連続記録が伸びてくれたらいいなあと思っています。

合っているようなら、次は550錠入っている61日分を買うつもりです。

最後にひとこと

とりあえず、問題なくお通じが続けばしばらく飲む予定です。でも滞ったらまた別のものを試します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
医薬品・サプリ・医療機器
スポンサーリンク
スポンサーリンク
優をフォローする
スポンサーリンク
Select Japan Closet
タイトルとURLをコピーしました