中国製金属たわしより日本製ステンレスたわし|へたりにくくて長持ち・安心感も

我が家で使っているお鍋は、テフロン、鉄、ステンレスなど色々あります。彼らをお手入れするアイテムはキクロンのスポンジ「キクロンA」やキクロンのテフロンもこすれる「クリナート」そして金属たわしの三つです。でも金属たわしの日本製は無いと思い込んでいたため、中国製でした。しかし先日、日本製のステンレス製たわしを発見。連れて帰りました。そして使ってみて驚愕しました。中国製金属たわしは即ゴミ箱に入れました。その感想です。

スポンサーリンク

食器洗いの友

食器を洗うには、中性洗剤とスポンジが必要です。当然我が家の中性洗剤とスポンジは日本製ばかり。ちなみに母の代から何十年にも渡って使用しているのはキクロンAです。ちっともへたらないキクロンは台所で今日も活躍中です。でも最近はテフロン加工されたものも洗える「クリナート」に切り替えました。

で、スポンジはキクロンさんので良いのですが、金属たわしだけは特に決めたメーカーはありませんでした。というのも私があまり使わないこともあって、注意を払っていなかったからです。でも我が家にあるのは中国製だという認識はありました。当然、中国製は嫌ですから、なるべく使わないためにこびり付いてしまった汚れや焦げは、使用後にすぐお湯をためて落ちやすいようにしているので、私自身は滅多に使いません。

中国製のステンレス部材から放射性物質のコバルト60、子供用おもちゃ、アクセサリーからカドミウムが検出されています。中国製はまだまだ避けるべきです。

しかし母は金属たわしが好きなのです。確かにガリガリ擦れば簡単に焦げは剥がれますから気持ちは判ります。というか母は「磨きの鬼」というか「磨くのが趣味」な人ですwその証拠に、母が田舎から出てきて初めて買ったという今から約50年前の鍋が今でも健在です。折角なのでその鍋を公開。

アサヒ軽金属 鍋 古い

アサヒ軽金属 鍋 ロゴ 古い

鍋底のロゴで判ったのですが、どうやら活力鍋で有名な「アサヒ軽金属」の鍋のようです。この鍋でご飯を炊いたり、おかずを作ったりしていたと話してくれました。我が母ながら物持ち良いなあと感心します。というか母は今でもこの鍋が愛おしいご様子。50年以上一緒に生きてきたんですもんね。素敵なことだと思います。

とまあこんな風に維持出来ているのもしっかり磨いてきたからです。なので母が金属たわしが手放せないわけです。でも中国製金属たわしを避けている私でさえ、魚焼きグリルの網を洗う時には金属たわしのお世話になっています。やはり金属たわしは食器洗いの友の一人なのですよね。いなきゃ困る存在なのです。

日本製の金属たわしを発見

どんなに使いたくなくても無ければ中国製で妥協せざるを得ません。というわけで、新しい金属たわしのストックが無かったので薬局に行ったら売り切れていました。仕方が無いので少し足を伸ばして別の薬局へ。するとありました。なんと「日本製の金属たわし」が!!

見つけた瞬間、大げさだと思われるでしょうが本当に驚きました。この手のものはもう「中国製」しかないと思っていたからです。でもあったんですねえ。感無量。買って帰りました。

日本製「ステンレスたわし30g」

というわけで、我が家にお迎えした日本製の金属たわし。正式名称?は「ステンレスたわし30g」。ちなみにお値段は90円(税別)でした。

日本製 金属たわし ステンレスたわし made in japan

後ろにしっかり「MADE IN JAPAN」の記載。

日本製 金属たわし ステンレスたわし made in japan

取り出しました。存在感があります。

日本製 金属たわし ステンレスたわし made in japan

使用してみて

手に取った瞬間そのずっしりとした重みに「うお!?」と声が出ました。そして感触もはっきり違いました。私はすぐに母の元へ行って手のひらにの強引に乗せました。すると母も「んっ??」となって、二人で「全然違う!」と一緒に驚きました。しかし驚くのはまだ早かった。実際に使ってみたらその磨きやすさにまたしても驚かされる事に。どんな違いかと言いますと・・・

  • 磨きやすかった
  • 変形しにくい

たった二つですが大きな違いです。ただし、今回買った金属たわしの大きさと量の差がある事も加味しなくてはなりません。というのも、今まで買っていたものはこのたわしより小さく軽かったから。でも素材はどうだったか判りません。使い始めた日本製のステンレスたわしは「18-8ステンレス」です。多分お安い中国製の金属たわしはただの「ステンレス」だったんじゃないかなあ?

というか今まで使っていた中国製たわしは長持ちしませんでした。使うとすぐにへたるので磨きにくくなり、すぐ交換してました。長い目で見るとコストパフォーマンスが悪かったと思います。

でも今回買った日本製のステンレス製たわしは、変形しにくく、指先に力を入れてしっかり磨けました。おかげで母は大喜びw私もこれからは思い切り鍋を磨けるようになりご満悦です。買って良かった!お値段も安いですしね。いいお買い物できました。

実は日本製金属たわしはネットで普通に売られていた

今回のことをきっかけに調べてみたら、普通に日本製金属たわしはネットで売られてましたw

思い込みはいけませんね。でも銅製のたわしとか聞いた事も見た事も無かったですよ。次に試してみたいかも。銅イオンでぬるぬるが防げるとかなんとか。口コミでは浴槽に入れてぬるぬる防止アイテムとして使っている方もいました。あ、銅製たわしも中国製があるので嫌な方はお気をつけ下さいね。

最後にひとこと

「食器洗いのスポンジなどのキッチン雑貨はもっと店頭で色々選べるようにしてほしい。」というのが私の願いです。もちろんお安い中国製が一番売れるのかもしれませんが、最近は私のように日本製がいいと選んでいる人も多いのですから、せめて一種類くらいは日本製のものを店頭に置いてほしいです。

「通販で買える」かもしれませんが、送料が掛かります。日用品はなるべくお安く、更に気軽に手に入れられることが重要です。スーパーさん薬局さん、場所の確保が必要だと思いますが、お願いしますね。選んで買う人は必ず居ますから!

ここまでお読みくださり、ありがとうございました。

関連するかもしれない記事
スポンサーリンク

フォローする