中国製、韓国製を買わないために日常の買い物で注意するべき買い物リストはこちら

日本製の取り分けスプーン|下村企販ステンレス製お助けスプーン

Especially spoon 下村企販 日本製 ステンレス製 made in Japan 取り分け スプーン キッチン雑貨
スポンサーリンク

中華料理やサラダなどお料理を小皿に取り分ける時、1度ですくえる大きめのスプーンがあったほうがいいかもと、ステンレス製のものを購入しました。もちろん日本製。

スポンサーリンク

料理の取り分け

武漢ウイルス、いわゆる新型コロナウイルスの感染防止のために、共用する取り分けスプーンは避けられがちです。

でも今回使ってみて、自宅での食事でも大活躍するキッチンアイテムなのだと初めて知りました。というのも我が家にはないアイテムだったのです。

買おうと思ったきっかけ

ちなみにこの取り分けスプーンを試そうと思ったきっかけがあります。それは、前から気になっていた木製スプーンを買って使い始めたら、もうそれなしではいられなくなったことです。

今ではカレーライスはもちろん、丼ものも、ステンレス製のスプーンでは食べたくないと思って、実際、そうなっています。この経験から、取り分けスプーンもきっと便利に違いないと思い、買うに至ったのでした。

あ、なぜ木製ではなくステンレス製にしたかというと、木製は分厚いため、すくいにくいデメリットがありそうだと思ったからです。

3人家族で1年間に料理をすくう時間は4時間超え!

このスプーンを使い始めるまでは、野菜炒めなら菜箸を使って取り分けたり、サラダなら普通サイズのスプーンやレンゲを使ったりしていました。でも麻婆豆腐などのお豆腐料理やタレの多いメニューを取り分けるときは、豆腐が無惨に崩れたり、何回もすくって取り皿に入れるので時間のロスも多い。このロス、侮れないと改めて認識。

単純計算で、普通のスプーンで3回すくいとるとしてその時間はだいたい5秒ほど、すくいにくいメニューならもっとかかるでしょう。しかし取り分け用のスプーンがあれば2秒でおしまい。すいくいにくいメニューでも3秒もあればお皿に取り分け完了なはず。その差は大きい。

計算してみましょう。3人家族という条件に、3回すくって小皿に取り分ける料理を作った場合、それぞれおかわりを3回するとしたら、1回の食事あたり取り分け時間を45秒使います。それを週に3回すると135秒、月間にすると1620秒、年間で19440秒、324分、5時間24分も料理をすくうことに時間を費やす。

では同じ条件で専用の取り分けスプーンを使った場合。1回の食事で18秒使うとして、週54秒、月間216秒、年間で2592秒、43分12秒使って料理をすくいます。

ではその差。19440-2592=16848となるので、280分8秒ですから、4時間40分48秒。これだけの差があります。4時間40分48秒・・・そんなに?我ながらちょっと驚いた。

でもこれだけの時間があればやれることはたくさんある。もったいない!

効率をあげるアイテム

世の中には働くお母さん、子育て真っ最中で食事時間が修羅場のお母さん、共働きでお母さんのように食事を作るお父さんなど、介護に大変な人など時間に追われている人はたくさんいます。ならばちょっとしたキッチンアイテムで少しでも楽にしたほうがいい。

もちろん取り分けだけでなく、煮魚をすくうときにも活躍するでしょう。ステンレス製だから熱い鍋でも気にせず使えるメリットがあります。

ただし、武漢ウイルスが猛威を振るうこのご時世なので、家族内でも取り分け係を決めて、感染対策もしつつ、上手に活用しましょう。

下村企販ステンレス製お助けスプーン

日本製で探して見つけた、下村企販のステンレス製の大きめスプーン「お助けスプーン」です。材質は18-8ステンレスです。

Especially spoon 下村企販 日本製 ステンレス製 made in Japan 取り分け スプーン 

袋から出しました。ピカピカです。大きさは長さ24cm、幅7cmです。比較にフリスクを置こうとしたのですがちょうど切らしてたので、一般的なクレカサイズの紙を置きました。だいたいクレジットカード3枚弱ですね。

Especially spoon 下村企販 日本製 ステンレス製 made in Japan 取り分け スプーン 

付属の説明書。たわしや磨き粉でみがくとキズつくことがありますと。そりゃそうだ。

Especially spoon 下村企販 日本製 ステンレス製 made in Japan 取り分け スプーン 

使ってみた感想

中華料理ではなく、和食メニューですが取り分け。ちなみにメニューは「チンゲンサイと絹揚げの炊いたん」です。

Especially spoon 下村企販 日本製 ステンレス製 made in Japan 取り分け スプーン 

またしても「もっと早く買っておけば良かった」でした。何に感動したかと言うと、一回で適量すくえたことです。さっと!一回で小皿に取り分け完了ですよ。おおお。この取り分けやすさはきっと煮魚をすくうときにも重宝する。ホントもっと早くに買えばよかった。

というか、今まではレンゲやカレー用スプーンで何回も入れていたのに、このスプーンだと一回で完了。効率がめちゃくちゃいい。タレのある中華料理も難なく取り分けられるのは間違いないでしょう。これ、一つはあった方かいいアイテムです。年間で4時間以上も料理を取り分けることに時間を使うことはもったいないもの。

とても気に入ったので、傷を付けないようにスポンジで優しく洗おうと思います。

最後にひとこと

とっとと買うべきものって、あるんですねぇ。

0
タイトルとURLをコピーしました