中国製、韓国製を買わないために日常の買い物で注意するべき買い物リストはこちら

国産のふりかけ|国産赤しそ100%のゆかりでおにぎりを作ろう

ゆかり 赤しそ 100% ふりかけ 国産 国内産 三島食品食料品
スポンサーリンク

円安で輸入品が軒並み値上がり傾向になっていますが、悪いことではありません。今こそ、国産のものを買えばいいし、輸入小麦で作ったパンよりお米です。お米大好き。というわけで、手軽に食べられる日本のファストフード「おにぎり」を国産のしそ100%のゆかりで作りました。おすすめ。

スポンサーリンク

お米を食べよう

お米大好きです。白いご飯はもりもり食べられます。卵かけご飯最高。でも炊きたてご飯でないと美味しさが半減します。

でもおにぎりならむしろ作っておいた少し「しっとり」したものが好きな私は、よくおにぎりを作って置いています。

手軽に食べられますし、父も母もおにぎりだと食べてくれるので間食でお菓子よりいいと思っています。それに翌日のお弁当に入れていけるのもいい。

でも中に具材を入れるおにぎりは少し手間なので、楽をするためにふりかけを混ぜ込んで握るだけにしています。もちろん、白いおにぎりを作ってふりかけにコロコロするのもありですが、混ぜ込んだタイプの方が人気なので今はもっぱら混ぜ込みおにぎりです。

で、ずっと「ゆかり」も国産があればと思っていたら、ちょっと大きいスーパーに行ったらあったので、今は「ゆかり」一辺倒です。

三島食品「ゆかり」

「ゆかり」は広島県にある「三島」という会社が作っている有名なふりかけで、ご存知の人も多いでしょう。市販のお弁当にふりかけられていたり、他にも「ひろし(広島菜)」や「うめこ」「わかめ」などの混ぜ込み具材があります。

しかし広島菜の「ひろし」は国産ですが、「うめこ」や「わかめ」は中国産や韓国産が使われているのでご注意ください。

他の商品やくわしくは三島食品のページへどうぞ。

国産赤しその「ゆかり」

私は「国産」と記載されている「ゆかり」を見たことがなかったので、見つけて嬉しかったです。

ゆかり 赤しそ 100% ふりかけ 国産 国内産 三島食品

では早速おにぎりを作ります。ふりかけなのですが、混ぜた方が人気なのでうちは混ぜています。なので減塩タイプにしたほうがいいかな。まず作りたい分量の白ごはんを炊いて、ボールにいれます。

もちろんお釜に直接いれてもいいでしょうが、嫌な人はボウルにどうぞ。そしてその時は水で湿らせておくとボウルにひっつかないのでおすすめ。

ゆかり 赤しそ 100% ふりかけ 国産 国内産 三島食品

ゆかりをお好きなだけどうぞ。

ゆかり 赤しそ 100% ふりかけ 国産 国内産 三島食品

混ぜました。

ゆかり 赤しそ 100% ふりかけ 国産 国内産 三島食品

お好きなサイズのおにぎりを作りましょう。うちは小さめ。

ゆかり 赤しそ 100% ふりかけ 国産 国内産 三島食品

湯気がでなくなったらラップで包んでいます。暑い季節は冷蔵庫に入れますが冷たくて美味しい。

国内産赤しそのゆかり

減塩タイプ。次はこれを注文する予定。

最後にひとこと

手軽に食べられるということは食べ過ぎ注意です。でも美味しいから止まらないんですよね〜。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
食料品
スポンサーリンク
スポンサーリンク
優をフォローする
スポンサーリンク
Select Japan Closet

コメント

タイトルとURLをコピーしました