デアゴスティーニ「ニードルフェルトでねこあつめ」2018年1月30日発売

様々なジャンル、種類のマガジンやグッズをシリーズで販売している「デアゴスティーニ」から「ねこあつめ」のフェルト人形を作れるシリーズが発売されます。とても可愛いのでご紹介。

デアゴスティーニ ねこあつめ

スポンサーリンク

スマホアプリ「ねこあつめ」をリアルで集める

まずはソースをどうぞ。

「ねこあつめ」全てのキャラクターをシリーズで作る!2018年1月30日発売!『隔週刊ニードルフェルトでねこあつめ』

株式会社デアゴスティーニ・ジャパン(本社:東京都中央区、社長:村野 一)は、毎号付いてくる素材でかわいいフェルトのねこが作れるクラフトマガジン、隔週刊『ニードルフェルトでねこあつめ』を2018年1月30日(火)より、全国書店(一部地域を除く)及び、当社ホームページで発売します。本シリーズは、人気アプリ「ねこあつめ」初めてのニードルフェルトキットです。フェルトを使い、「ねこあつめ」のキャラクターを手軽に楽しく作れるシリーズで、作ったあともマスコットとして楽しめます。

人気アプリ「ねこあつめ」に登場する”ねこ”と”グッズ”をニードルフェルトで毎号1種類ずつ作っていくこのシリーズです。ニードルフェルトとはフェルトを特殊な針でつつくと、繊維が絡まりお好きな形に成形できる手芸の一種です。必要な道具と作り方は、すべてマガジンに付いてくるので、初心者でも手軽にはじめられ、手のりサイズのかわいいねこが作れます。また、使うフェルトはアクリルフェルト「アクレーヌ」を使用。一般的な羊毛と比べて刺す回数が少なく、まとまりやすいので、成形もきれいに仕上がります。
作り終わったねこは、家のお気に入りスペースに飾ったり、マスコットとして身につけたりしてお楽しみいただけます。毎号異なる個性的なねこを1匹ずつあつめれば、自分だけのコレクションが出来上がり「ねこあつめ」の世界を楽しむ事ができます。

後略

PR TIMES:2017年11月28日 19時25分

リアルな猫と暮らせない私の楽しんでいる「ねこあつめ」がリアルな人形に。写真を見る限りかなりのクオリティです。

デアゴスティーニ

「デアゴスティーニ」と言えば、今では様々なジャンルのDVDや手芸用品、プラモデルなどをシリーズで販売していおり、内容からして最近出来た企業の印象がありますが、その歴史はとても古い会社です。

創立者はイタリアの地理学者ジョバンニ・デ・アゴスティーニで、当初は世界地図の普及を目的にしていた地図研究所で、「分冊百科として出版していました。

マルコポーロの「東方見聞録」のイタリア語訳「イル・ミリオーネ」をパートワーク形式で出した1号で、成功と名声を一度に集めたそうです。

デアゴスティーニは世界中に支店がありますが、その出版内容はその国に任せられており、独自の出版展開をしています。確かに「必殺仕事人DVD」シリーズが売れるのは日本だけですよね。

最近では「戦艦大和」を作るシリーズが出ており、不器用ながらも欲しいと思いました。

他の商品を知りたい方は公式へ。

参考 デアゴスティーニ・ジャパン

スマホアプリ「ねこあつめ」

かなりの人気アプリなので一度はダウンロードして遊んだことがあるのではないでしょうか。私のiPadにも入っています。そして今もたまにですが起動して「お刺身」をやったり、「高級缶詰」で可愛い猫たちを呼び寄せて、それを眺めて楽しんでいます。

遊んだ事の無い方に簡単な説明をすると、庭に遊び道具とえさを置いて、猫がやってくるのを待ち、集まった猫が各々遊んでいるのを見るだけのゲームです。ただそれだけですが、とても可愛くてとっても癒されるのです。

デアゴスティーニ スマホ アプリ ねこあつめ

その人気はかなりのもので、小さなグッズ類もあります。私は友人から「まんぷくさん」のクリップや「しろねこさん」のキーホルダーをプレゼントしてもらいました。当然使っています。

ねこたちをニードルフェルトで作る

さてそんな人気の「ねこあつめ」の猫たちを自分で作って、好きなように飾れるのが今回のデアゴスティーニの商品です。付属しているニードルとフェルトを使って、ねこさんを作ります。

デアゴスティーニ スマホ アプリ ねこあつめ

ニードルでフェルトをつついて作って行きます。説明書にも詳しく書かれているそうなので初心者でも大丈夫だとか。

デアゴスティーニ スマホ アプリ ねこあつめ

創刊号は「しろねこさん」

デアゴスティーニ スマホ アプリ ねこあつめ しろねこさん

続いて2号では「さばとらさん」

デアゴスティーニ スマホ アプリ ねこあつめ さばとらさん

1号と2号にはジオラマもついていきます。スマホアプリ上の定番の場所です。

スマホ アプリ ねこあつめ

3号では「みけねこさん」が登場します。

デアゴスティーニ スマホ アプリ ねこあつめ みけねこさん

公式ページを見ると4号で「まんぷくさんまんぞくさん(間違えていました)」が登場します。腹立つけど可愛いんですよねえ〜。欲しいなあ。

参考 ニードルフェルトでねこあつめ(公式)
予定では70号まで出るそうで、今現在の情報では、創刊号から15号までの購入者全員、ねこさん達を飾れるタワーレジデンスが貰えます。

スマホ アプリ ねこあつめ

全部でいくら?

毎度のことですが、創刊号は299円です。その後は990円。予定通り70号を買った場合は、68,609円です。全部のねこさんを作るとお金も掛かるし場所も取るので、買うとしたらお気に入りのねこさんだけかなあ?

最後にひとこと

自分で作ることが出来るかが不安なので買おうか迷っていますが、写真を見ると本当に可愛くて欲しいです。発売は来年2018年1月30日なので、それまでじっくり考えようと思います。

スポンサーリンク

新しい記事を公開するとツイートしています。

フォローする

関連するかもしれない記事