要確認!小林製薬の「ラナケイン」にカビ発生で11万本を自主回収中

湿疹やじんましんなどの痒みのある皮膚に塗って使う小林製薬の「ラナケインL ロングボトル」にカビが発生しています。直接肌に塗るお薬なので注意喚起として取り上げます。

スポンサーリンク

小林製薬「ラナケインL ロングボトル」リコール中

まずはソースをどうぞ。

かゆみ止め薬「ラナケインL」の塗布部にカビ 11万本を自主回収へ 小林製薬

小林製薬(大阪市)は28日、かゆみ止め薬「ラナケインL ロングボトル」の塗布(とふ)部にカビが発生したとして、出荷した約11万本を自主回収すると発表した。現時点で健康被害は確認されていない。

 回収対象は、今年6月30日から製造された全製品。9月から発売していた。

 小林製薬によると、11月14日に購入者から「カビが生えている」と同社に連絡があった。その後、社内に保管していたサンプルを調べたところ、うち数本からも同様のカビを確認した。同社は「原因を一刻も早く究明し、再発防止に取り組む」としている。

 製品を着払いで送った人には後日、1500円分のクオカードを送る。問い合わせ用のフリーダイヤルは29日に開設される。番号は0120・5884・86。

産經新聞: 2017.11.28 16:48更新

健康被害の報告はありませんが、すぐに使用中止してください。

対象商品

今回カビが発生したのは、「ラナケイン」のロングボトルタイプで全てのロットを回収しています。

参考 鎮痒消炎薬「ラナケインL ロングボトル」(第2類医薬品) 自主回収のお詫びとお知らせ

ロット番号

自宅にある「ラナケイン」のロット番号を確認しましょう。

F7001、G7001、G7002、G7003、G7004、G7005、H7001、H7002、H7003、H7004、H7005、H7006、H7007、H7008、H7009、H7010、H7011、X7001、X7002、X7003

小林製薬株式会社(社長:小林章浩、本社:大阪市)が製造・販売しております鎮痒消炎薬「ラナケインL ロングボトル」(販売名:ラナケインL・2017年9月発売・第2類医薬品)の一部の製品において、中栓(スポンジ状の塗布部)に「カビ」が発生していることが判明しました。

本件に起因する健康被害などの報告はございませんが、万全を期すために、当該製品すべてを自主回収することといたしました。

お客様をはじめ関係各位には、多大なるご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。

弊社といたしましては、原因を一刻も早く究明するとともに、品質管理に万全を期し、再発防止に徹底して取り組んでまいります。

後略

着払いで小林製薬へ

自宅に対象商品があった場合は、小林製薬に着払いで送りましょう。後日、1500円分のQUOカードが送られてくるそうです。

ただこの金額は産經新聞に記載されていて金額で、小林製薬のサイトには金額が記載されていませんでした。どちらにせよ、詳しい事は小林製薬で確認してください。

参考 鎮痒消炎薬「ラナケインL ロングボトル」(第2類医薬品) 自主回収のお詫びとお知らせ

最後にひとこと

消費者からの連絡は、11月14日にあり、報道発表は11月28日の今日です。肌に直接塗るものなのに明らかに遅い。それに発表した今日はまだ問い合わせ電話も生きていません。対応は明日の29日からです。正直、対応に難ありと感じています。こんな対応では、小林製薬の薬品類は安心して使えませんね。私は購入を控えようと思います。

スポンサーリンク

新しい記事を公開するとツイートしています。

フォローする

関連するかもしれない記事