1月11日は鏡開きの日|歳神様の宿るお餅を刃物で切り刻むのは厳禁

1月11日は鏡開きの日です。お正月にお供えしたお餅を下げていただきましょう。

スポンサーリンク

鏡開きとは

「鏡開き」は、1月11日に、お正月に床の間や神棚に飾ったお餅を下げ、雑煮や汁粉などにして食べる行事です。

神様の宿るお餅を家族、古くは主人と奉公人、武家などで「開運」や「結束」「無病息災」を願いながら食べる、日本に古くから伝わる行事です。

鏡開き
正月行事の一つ。鏡餅をこわして食する。正月に鏡餅を飾る行事はいつに始まるかつまびらかでないが、室町時代にはその方式が定まった。鏡開きは、江戸時代、武家で初め正月20日、のちに11日を式日として、具足に供えた鏡餅を打ち欠いて食したところから始まる。

町家でも床の間、神棚などに供えた鏡餅を汁粉などにする風習があり、今日も続いているが、その日は11日に限らない。あるいは旧6月1日の歯固めまで残しておき、細かく砕いてあられにして食べたりする。

ブリタニカ国際大百科事典より

なぜ鏡餅?

お餅を「鏡餅」と呼ぶのはその形状が古い鏡に似ているからです。

鏡餅(カガミモチ)

古来、金属製の鏡の形を連想して名づけられた丸く平たい餅。各地の祭礼の折にもつくるが、一般には正月用の飾り餅をいう。

正月には歳神の零威にふれて各自の霊をかたどった身祝いの餅を並べておくものであったが、これと、歳神への供物であった蓬莱(お手かけともいう)とが合体し、三方に2重か3重の餅を飾り、だいだい、伊勢えび、昆布、干し柿、かちぐり、しいの実、裏白などを添え、床の間などに備えるようになった。

ブリタニカ国際大百科事典より

元々は20日だった

現在は1月11日に行うことが当たり前になっていますが、元々は20日に行われていました。江戸時代、1月20日は武家では「具足開き」、商家や農家では「蔵開き」とし、仕事始めの日だったのです。そしてその日に備えた鏡餅を主人と奉公人が一緒に食べて連帯を強くするなどの行事でした。

しかし、江戸時代三代将軍徳川家光の忌日(他に二代将軍秀忠関係の説も)となって以降は、1月11日に行われるようになったと言われています。とは言え、今でも15日や20日、それ以外に4日や7日など地域によってバラツキがあります。

鏡開きは言い換え

お供えした鏡餅を「切る」「割る」という表現にしないのは忌み言葉だからで、「開く」と言い換えられました。そして鏡餅も刃物で切らずに叩いて細かくして食べます。

刃物で神様を切り刻まない

お供えした鏡餅には歳神様が宿っているとされています。そう考えるとそのお体を刃物で切り刻むのは非常に縁起が悪いですし、魂が宿るものに刃物を向ける気持ちにはなりません。なのでお鏡は鎚で叩くか、外側からそっと剥がしていきましょう。

固い鏡餅を柔らかくする

しかし10日以上もたったお餅です。すっかり固まっていますし、カビも生えているでしょう。なのでカビの部分を剥がした後、お水に浸けておきましょう。すると柔らかくなるので扱いやすくなります。

2018年の我が家の鏡餅

最初に飾った時に写真を撮っておくべきだったのですが、下げてきたものを1枚。すでにあちこちヒビが入っています。これから剥がしてふやかして、お雑煮にする予定です。というか、裏白敷き忘れが悔やまれます。何かおかしいなと思いつつ、気がついたのはもう新年を迎えてからだったので・・・。来年は忘れずに裏白を敷きます!

鏡餅 鏡開き 1月11日

参考文献

丹野 顕「暮らしに生きる日本のしきたり」

最後にひとこと

私が子供の頃は固くなったお餅に難儀するのを判っていながらもちゃんと鏡餅を供えていました。しかし小さなお餅が入ったある意味画期的なお鏡が販売されるようになってからは本物の鏡餅をお供えしなくなっていました。それもどうかなと昨年ふと思ったので、今年は中に小餅の入っていない鏡餅をお供えしました。しっかり剥がし、ふやかしてから家族で美味しく食べたいと思います。

スポンサーリンク

新しい記事を公開するとツイートしています。

フォローする

関連するかもしれない記事