韓国コスメを使うのは自殺行為/発がん性のある顔料入り製品流通中

韓国製のコスメ、化粧品を使うことは絶対に止めた方がいいと再認識するニュースが飛び込んできました。綺麗になりたくてお化粧しているのにトラブルが起こったら大変です。当サイトへお越しになる方たちは心配する必要のない方ばかりだと思いますが、注意喚起のために取り上げておきます。
韓国コスメは危険

スポンサーリンク

韓国の化粧用顔料から発がん性物質

まずはソースをどうぞ。

韓国の化粧用顔料、発がん性がある成分の基準値が5倍超の商品見つかる=業界の混乱で違法行為が横行―中国メディア

2016年10月6日、韓国消費者院が行った品質のサンプリング検査報告によると、韓国で流通している化粧用品の顔料で基準値を超えるものが多数見つかった。中国中央テレビ(CCTV)が伝えた。

問題となっているのは眉毛やアイラインのタトゥーの際に使われる顔料。一般的に真皮に色が入れられ、半永久的に皮膚に顔料が残るため安全性は非常に重要。報告では、市場に流通している25商品の顔料のうち、12商品が重金属含有量の基準値を超えていた。中には基準値の30倍のものもあり、さらに発がん性リスクが高いカドミウムやヒ素が基準値の5倍を超える商品も見つかった。また、商品名・成分・生産日などの表記が不適切な商品も多かった。

韓国の美容は中国人にも人気で、美容目的で韓国を訪れる中国人も少なくない。だが、韓国では関連商品の無許可製造や販売が横行しており、先般には無許可でタトゥー用の麻酔薬を販売していた会社が取り締まりを受けた。韓国では眉やアイラインにタトゥーを入れたことで炎症や視力障碍といったトラブルが起きており、2016年上半期で12件報告されている。こうした施術は韓国で美容医療とみなされ医療機関での提供に限られているが、消費者はタトゥーとはいえメイクの印象が強いために美容施設に行くケースが多く業界内で混乱が生じている。こうした現状が悪徳業者に付け入るスキを与えていると報道では警鐘を鳴らした。(翻訳・編集/内山)

Record China:2016年10月7日(金) 23時30分

今更驚くほどでもないとは思うのですがね。8月にはこんなニュースもありました。

韓国で禁止されたはずの“殺菌剤化粧品”が流通、ベビーローションも危険=韓国ネット「ひど過ぎる」「危険な国で生活していることを実感」

2016年8月23日、韓国・SBSによると、韓国で死者が続出した加湿器殺菌剤事件を受け、韓国政府は昨年、加湿器殺菌剤の主要成分であるクロロメチルイソチアゾリノン(CMIT)、メチルイソチアゾリノン(MIT)を含む化粧品の生産、販売を全面的に禁止したが、市場ではいまだに同成分を含む化粧品が出回っていることが分かった。

SBSが韓国で流通している化粧品を調べた結果、有名製品を含む16種類の製品に毒性物質のCMIT、MITが含まれていることが分かった。スプレータイプの化粧品は加湿器のように、呼吸器に入り込む可能性が高い。また、CMIT、MITは肌への毒性が強いとの研究結果が出されたが、ベビー用ローションにも使われていることが確認された。

しかし、主務官庁である食品医薬品安全処はこの事実を把握すらしていないという。韓国の野党議員は「すでに死者が出ている状況。食品医薬品安全処の対応はいい加減だ」と批判している。

後略

Record China:2016年8月24日(水) 11時30分

赤ちゃんが使うと判っている製品にも禁止薬物を使うとは。

韓国製の記載が無いか、必ずチェックしましょう

韓国製の危険性は既に周知の事実なので、「韓国コスメ」としっかり記載されているものなら避けやすいのですが、日本製と韓国製を混在させている化粧品メーカーもあります。私が知っているのは「シュウウエムラ」です。発色も良く、くすまないため、以前はよく使用していましたが、数年前から韓国製が混じるようになり、もう買わなくなりました。ただ、日本製で気に入って使っているスポンジがあり、これが韓国製にならない限りは使うつもりです。

正直「シュウウエムラ」という日本人名のメーカーでありながら、韓国製のものを混在させるセンスの無さ、無神経さ、空気の読めなさにがっかりしています。出来れば韓国製は排除していただきたいものです。というか、すみません愚痴らせて下さい。

韓国製が混じり始めたことを知らなくて、店頭で気に入った色を購入して帰りました。まさか韓国製が混じっているとは思わないので、しばらく知らずに使っていました。が、何気なくパッケージを見たら「made in korea」の文字。青くなりました当然ゴミ箱に。もったいないし、腹が立ちました。でも韓国製をまぶたにぬっていたなんて恐怖でした。正直、今でも腹が立ちます。幸いトラブルが無かったですが、あんな気持ちは二度と御免です。だいたいずらっと並ぶ色とりどりのアイシャドウの中に日本製と韓国製が混じって売られているなんて極悪です。買うのを止めました。

韓国色を消して売っている商品に気をつけましょう

1、2年くらい前からでしょうか。「ノルウェーの漁師の手を守っている」ハンドクリームだとうたっているCMの「ニュートロジーナ」というメーカーが出てきました。当時の私はちょうどハンドクリームが欲しかったので、新商品を試すべく店頭で手に取りました。しかし生産地は「韓国」だったため、速攻で棚に戻しました。

ただし、「ニュートロジーナ」というメーカーは韓国メーカーではありません。色々と調べてみると、ベルギーの科学者が作った固形石鹸が最初でアメリカで販売されて世界中に広まったグローバルメーカーでした。
http://neutrogena.jp/neutrogena/

40カ国以上の国で愛用されているというメーカーなのに危機管理能力は低いようです。自国の化粧品を管理できない、有害な成分を使って商品を作る韓国に生産を許すのはいかがなものかと思います。実際、口コミを色々調べると韓国製以外のフランス製などの商品ではトラブルは無いようです。なので、もしも「ニュートロジーナ」を使いたいならフランス製のものを選んで試しましょう。

国内メーカーの見直しをしませんか

ネット上の口コミをざっと見て回ったのですが、韓国コスメの魅力はその安さのようです。しかし安さに釣られて、一生を台無しにするような事が起こったら大変です。安さを求めるならせめて日本製の国内メーカーを見てはどうでしょうか。CMをしていないから、少ないから知られていないメーカーも多いようです。この際、韓国コスメを止めて、身近にある日本メーカーを試してみてはどうでしょうか。

ちふれ

「シュウウエムラ」のアイシャドウが韓国製だらけになったあと、私は「ちふれ」のアイシャドウを使用するようになりました。色の選択は残念ながら少ないですが、トラブルは起こっていません。それに「良い物を、誰もが手に入れやすい価格で」という思想が素敵です。企業としての姿勢にとても魅力を感じています。
http://www.chifure.co.jp/message/

明色化粧水

131年の歴史のある「明色化粧品」さん。美顔水が有名ですね。私はその匂いがどうにも苦手で使い続けられませんでした。でもニキビを抑える評判はいいです。
http://www.meishoku.co.jp/

ジュジュ化粧品

今年で65年。こちらも長い歴史のある会社です。使った事は無いのですが、母は知っていました。
口コミを見ているとアトピーの男性が使って良かったというものもあり、中々良さそうです。

ロゼット化粧品

ロゼット洗顔パスタシリーズが有名ですね。母がこの洗顔料を愛用しています。私もたまにかりる事がありますwトラブルが起こった事はありません。
https://rosette.jp/

オルビス

オルビスさんはCMをけっこう打たれているのでご存知の方は多いでしょうが、私のお気に入りなので。私はここのクレンジングリキッドを愛用しています。きっかけは、吉瀬美智子さんのブログ。綺麗な方なのでたまたまブログを覗いた時に愛用しているという記載を見つけて買うに至りました。別にこのクレンジングを使ったら美しくなれるわけではないのですがwあやかりたいと思った次第です(笑)でも試してみて良かったです。もう何年も使っていますが不満はありません。

Amazonや楽天さんでも販売されていますが、購入は累積金額によって割引率がよくなったり、お誕生日月には1000円分のポイントをくれたりするのでオルビス公式サイトが一番良いと思います。

日本製でも気をつける

有害成分を含む製品が出回っている韓国製のコスメを避けるのは基本ですが、日本製の化粧品だって決して絶対に安全ではありません。小麦アレルギーを引き起こした「茶のしずく」石けんや肌に白いまだら模様が出るようになったカネボウの美白化粧品の例もあるからです。

それに、成分がキツくて合わないこともあります。そういった事にならないようにするために、新しい化粧品を購入する前には「試供品」で試すようにしましょう。売り場でサンプルはないかと聞くのが重要です。無い場合は仕方有りませんが、その時は一番小さなサイズで試す等自己防衛をしましょう。肌に直接付けるものですから用心するにこしたことはありません。

メーカーさんへお願い

どこで生産するかはメーカーの自由です。韓国だろうと中国だろうとそれはメーカーが決める事です。しかし生産地、生産国を記載しない事に怒りを覚えます。生産地を書かない理由はなんですか?「韓国製」「中国製」と記載しない理由はなんですか?それは「中国製、韓国製だと買ってくれない」と判っているからではないですか?

加工品の原産地表示義務化の動きも出ています。消費者は生産地、生産国を知りたいのです。商品パッケージに記載するコストがないなら、webの商品ページに載せて下さい。webに記載するコストなんてかかりません。それでも載せない企業には悪意を感じます。悪意が有ると受け止めます。少なくとも私はそうです。

中国製でもいい、韓国製でもいいという人は居ます。そう言う人を相手に商売をして下さい。判った上で買うのは自己責任です。しかし韓国製、中国製は絶対嫌だという人は一定数居ます。私もその一人です。選べるようにしてください。お願いします。

最後にひとこと

はっきりいって韓国製、中国製を避ける人は年々増えていると思います。メーカーさんもそれを嫌がっている日本人が多く居る事を判っているはずです。しかしそれでも韓国生産を中止しないのは危機管理能力の欠如としか思えません。もちろん日本製だって商品に不備があることはあります。それでも問題発生率は韓国製よりも低い。毒をまき散らす加湿器問題は大勢の死人を出していました。韓国製と聞くだけで恐怖を感じるのです。だから私は今後もずっと韓国製は絶対に買いません。死にたくないので。

ここまでお読み下さり、ありがとうございました。

スポンサーリンク

新しい記事を公開するとツイートしています。

フォローする

関連するかもしれない記事