中国製、韓国製を買わないために日常の買い物で注意するべき買い物リストはこちら

1929年生まれの日本初のクリーム状洗顔料|日本製ロゼット洗顔パスタ

ロゼット 洗顔パスタ メイクも落とせる 日本製 made in japan 硫黄 クレンジング クリーム洗顔料化粧品
スポンサーリンク

物心ついたころには家にあったロゼットの洗顔パスタ。今もたまに母が使っています。いつもではない理由は母がいろいろ試す人だからです。しかし今回は私が試しています。というのも、メイクも落とせるタイプがあったからです。では感想。

スポンサーリンク

ロゼット洗顔パスタの歴史

長い歴史のあるロゼット洗顔パスタなので、その歴史を少し調べました。

レオン洗顔クリームとして販売開始

最初から「ロゼット洗顔パスタ」という名前で売られていませんでした。まだ固形洗顔料しかない頃、ニキビを解消できる肌に優しい洗顔料を作る研究の結果「クリーム状硫黄石鹸」「硫黄洗粉」の特許を1921年に取得し、1929年「レオン洗顔クリーム」という名前で販売が始まっています。

当時は「ニキビを防ぐ」という効能をうたったものは無かったようで、「天然イオウパウダー」を練り込んだクリーム洗顔料は大人気になったそうです。しかし1927年にはすでに美白効果を歌った広告を出し、通信販売をおこなっていました。

今では当たり前の雑誌広告、通信販売ですが、この時代にはかなり先進的だったでしょうね。

ロゼット洗顔パスタに商品名変更

1951年、今の私たちの知っている「ロゼット洗顔パスタ」という名前に変わりました。「ブランド戦略」です。

新しい商品名は「バラ型の飾り」の意味する「ロゼット」とダイヤモンドの切り口の「ロゼット型」という2つの意味を合わせたもので、商品パッケージにあるロゴは「バラダイヤ」もその二つを合わせたシンボルマークです。高貴と優雅さを表現しているそうです。これは知らなかった。

その後、普通肌用(ピンク)や荒性肌(水色)タイプを北海道でテスト販売し、定着していきました。私がよく見ていたのは水色の荒性肌タイプです。

2019年に90周年

90周年を過ぎて更に歴史を積み重ねているロゼット洗顔パスタですが、現在、商品ラインナップ数がありえないほど増えています。

ジャータイプのクリーム状洗顔料は、普通肌用ピンク、荒性肌用水色、毛穴対策の「ブラックパール」、くすみやごわつきをとる透明感を出す「ホワイトダイヤ」、そして私が今回試している「メイクも落とせる洗顔パスタ」の5つが出ています。

そしてどれも試したこともありませんが、チューブタイプが14種類もありました。ちょっと増えすぎな気がしますが、細かなニーズに応えるために増えたのかもしれませんね。

メイク落とし

社会人になるとメイク落とし作業が毎日です。しかし疲れている時は非常に面倒くさい。なのでお風呂の中で使えるオイルフリーのオルビスのクレンジングを長年使っています。

個別記事「使用歴10年目|オイルフリーのオルビス「クレンジングリキッド」」もあります。よければ参考に。

オルビスのクレンジングリキッドはしっとりした洗い上がりで何も不満はありません。しかし、たまには違うものも試したくなります。なので今回、ロゼットに手を出しました。

ロゼットメイクも落とせる洗顔パスタ

というわけで、通販サイトで見つけて注文したロゼッタのメイクも落とせる洗顔パスタ。薬局で見るのはピンクと水色ばかりで存在を知らなかった。でもこれ2000年から販売されていたのに。やはり決まったものを使っていると新しい商品には気づかない。これもちょっと良くないなと思います。

ロゼット 洗顔パスタ メイクも落とせる 日本製 made in japan 硫黄 クレンジング クリーム洗顔料

箱は横から開けられるようになっています。

ロゼット 洗顔パスタ メイクも落とせる 日本製 made in japan 硫黄 クレンジング クリーム洗顔料

開けました。メイクも落とせる洗顔パスタは普通肌のピンクよりも濃いピンク色のパッケージ。

ロゼット 洗顔パスタ メイクも落とせる 日本製 made in japan 硫黄 クレンジング クリーム洗顔料

本体。上にメイクも落とせる洗顔パスタってあります。

ロゼット 洗顔パスタ メイクも落とせる 日本製 made in japan 硫黄 クレンジング クリーム洗顔料

蓋を開けました。例の取っ手つきの蓋「つまみ」をひっぱって外して、準備完了。

ロゼット 洗顔パスタ メイクも落とせる 日本製 made in japan 硫黄 クレンジング クリーム洗顔料

使い方

使い方は、商品箱の中に記載されています。ご覧の通り押して出します。

ロゼット 洗顔パスタ メイクも落とせる 日本製 made in japan 硫黄 クレンジング クリーム洗顔料

少し出てきた洗顔料を手のひらに取ってそのまま泡立てるのも良いですが、泡立てネットを使うほうが良いでしょう。ご覧の通り、しっかり泡立ちます。

ロゼット 洗顔パスタ メイクも落とせる 日本製 made in japan 硫黄 クレンジング クリーム洗顔料

使ってみた感想

まず一番気になっていたメイクの落ち具合。ファンデーションやアイシャドウ、アイブロウ、チークなどは大丈夫でしたが、マスカラがダメでした。アイラインは落ちたのですが、マスカラはやはり頑固で無理でした。やっぱな〜。

でも箱の中に記載されていた通り、ポイントメイクは専用リムーバーが良いのでしょうね。そこまで落ちるもので肌を洗うのは負担も大きそうだし。

洗った後ですが、つっぱり感はなし。配合されているオリーブオイルとココナツオイルのおかげかしら?数日間使っていますが、ニキビが出てきたり、肌が脂っぽくなる様子もなし。今の所は大丈夫です。

でも1個は使い切らないと本当に良いかどうか、肌に合っているかどうかがわからないのでこのまま続けます。オルビスと遜色なければ乗り換えるかも?安いし。コスト下げられるのはありがたい。

ちなみに落ちなかったマスカラは、エテュセのマスカラベース「アイエディション」です。黒いマスカラベースなので、自然な黒まつげになるので気に入っています。しかもパンダ目にならない。ずっと使っています。個別記事「画像付|エテュセのマスカラ下地「ラッシュバージョンアップ」で自然なまつ毛」もあるのでよければどうぞ。(ラッシュバージョンアップまでしか載せてませんが、追加しなくては・・・)

このマスカラベースは本当落ちない。なのでいつもマンダムのリムーバーを使って落としています。で、これがまたよく落ちるんで気に入っています。個別記事「アラフォーの私が使っている日本製の化粧品|スキンケアからメイクアップアイテム」の中で紹介しているのでよければどうぞ。

最後にひとこと

何も不満がなくても新しいものを試してみたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
化粧品
スポンサーリンク
優をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Select Japan Closet
タイトルとURLをコピーしました