中国製、韓国製を買わないために日常の買い物で注意するべき買い物リストはこちら

韓国隠し|有名百貨店が韓国製の化粧品をフランス製として販売

高島屋 化粧品 韓国製 フランス製 誤表記 製造国偽装 韓国製・韓国産
スポンサーリンク

シャネルやディオールなどの化粧品の製造国を7年間に渡って「誤表記」していたとして、百貨店の高島屋が消費者庁から「景品表示法違反」として再発防止策を求める措置命令を出されました。過去最多の商品数で、とても悪質な事例と感じるので取り上げます。

スポンサーリンク

シャネルなど25ブランド147商品の製造国を7年間も誤表記

まずはソースをどうぞ。

シャネルやディオールも! 「韓国製」化粧品を「フランス製」と…高島屋通販サイトの誤表示はなぜ起きたか?

大手百貨店の通販サイトで有名ブランドの原産国を誤表示

高島屋が通販サイトで販売している国内外の高級ブランド化粧品。
ニセ物ではなく、正真正銘本物の商品であるにもかかわらず騒動の火種となった…そのワケとは?

騒動の発端は大手百貨店高島屋の通販サイト“高島屋オンラインストア”で化粧品の原産国の表示に誤りがあったことが発覚。高級ブランド シャネル、ディオール、グッチなど25ブランド147商品の原産国が正しく表示されていなかったことがわかったのだ。

大手百貨店高島屋の通販サイト“高島屋オンラインストア”ではどのような表示がなされていたのか?

例えば、フランスの有名ブランドの化粧品の原産国が実際は韓国製やイタリア製だったにもかかわらず商品の情報画面にはフランス製などと表記していたというのだ。

中略

高島屋の化粧品の原産国の誤表記は2018年10月に購入客から寄せられたクレームで発覚した。こうした化粧品の原産国の誤りは古いもので7年半以上も前からあったとみられている。

1社当たりでは過去最多の違反商品数

消費者庁は6月13日に化粧品の原産国を誤って表示していたのは景品表示法違反にあたるとして高島屋に再発防止策などを求める措置命令を出した。

消費者庁の会見では…

消費者庁表示対策課 大元慎二課長:
違反商品を認定した景品表示法事件では1社当たりの過去最多の商品数です。会社としての管理体制がウェブに関して言うと、一切できていないという評価にならざるを得ないです

化粧品の原産国の誤表記が続いてしまった理由について高島屋は「取引先からの商品情報に間違いがないか、両社での確認ができていなかった」としていて、当初は正しい原産国の表記だった商品でも製造場所が途中で変更になることがあり、取引先と高島屋で情報を共有することができていなかったと説明した。

その上で、高島屋はチェック体制の一層の強化を含む対策に万全を期すとコメントしている。

(「Live News it!」6月13日放送分より)

FNN PRIME:2019年6月13日 木曜 午後7:58

シャネルやディオールも! 「韓国製」化粧品を「フランス製」と…高島屋通販サイトの誤表示はなぜ起きたか? - FNN.jpプライムオンライン
Live News it! 高島屋が運営する通販サイトで有名ブランド化粧品の原産国を誤表示 消費者庁が高島屋に再発防止策などを求める措置命令 違反商品を認定した景品表示法事件では1社当たりの過去最多の

製造国が変わることはよくあることで言い訳にはならない。

別のソースもどうぞ。

化粧品の原産地誤表示=高島屋に措置命令―消費者庁

インターネット通販で扱った化粧品計147点について、実際と異なる原産地を表示したのは景品表示法違反(原産国に関する不当表示)に当たるとして、消費者庁は13日、大手百貨店「高島屋」(大阪市中央区)に対し、再発防止を求める措置命令を出した。

同庁によると、2011年8月〜19年4月に同社の通販サイトで販売した25の海外ブランドなどの化粧品で、原産地の表示が誤っていた。実際は韓国産だった「ディオール」のファンデーションを、フランス産と表示するなどしていたという。

時事通信社

エキサイトニュース

このURLの記事はみつかりませんでした - エキサイトニュース

高島屋のお詫び

今回の製造国の誤表記について、高島屋のオンラインショップのトップページに「お詫びページ」へのリンクがありましたが、その位置がひどい。

さんざんお中元だのの広告が並んだ下に「大切なお知らせ」リンクがあり、そこにあったのです。「大切なお知らせ」ならページを開いたらすぐ見える場所にリンクを貼るべきでしょう。

反省してませんね。「知られたくない」という意図が見え見えです。

「高島屋オンラインストア」掲載商品 化粧品等の原産国誤表記に関するお詫びとお知らせ

お客様各位

平素より格別のご愛顧を賜り厚く御礼申しあげます。

当社「オンラインストア」にて掲載しておりました下記リンク先「商品名」欄記載の化粧品等の一部商品の原産国について、正しく表記していなかったことが判明いたしました。

対象商品について、下記リンク先「誤表記期間」欄記載の期間に、「原産国・生産国」又は「原産国」と記載の上、同「誤」欄記載の国名を記載していましたが、実際には、対象商品は、同「正」欄記載の原産国(地) で生産されたものでした。

この表示は、対象商品が実際の原産国(地) で生産されたものであることを一般消費者が判別することが困難なものであって、対象商品の原産国について、誤認されるおそれがある表示であり、景品表示法に違反するものでした。

本件につきましては、このたび、当社に対し消費者庁から、本件が「景品表示法第5条第3号」に違反するとして、同法第7条第1項の規定に基づく「措置命令(不当表示により一般消費者に与えた誤認の排除、再発防止策の実施、今後同様の違反行為を行わないことを命ずる) 」(令和元年6月13日付) が下されました。

当該商品をお買上げいただきましたお客様、ならびにオンラインストアの誤った商品情報掲載画面の表記をご覧いただいたお客様には、大変ご迷惑をおかけいたしましたことを深くお詫び申しあげます。

なお、当該商品自体に貼付されているラベル及びパッケージの原産国表示は正しく記載されており、また商品に品質上の問題がないことは、当社として確認しています。

つきましては、当該商品をお買上げのお客様に対して、当社より順次、ご連絡をさせていただきます。

また、本件についてのお問合せにつきましては、下記のお客様相談窓口までお願い申しあげます。

当社といたしましては、従前よりコンプライアンス経営の徹底をはかっておりますが、本件を受け、表記内容のチェック体制の一層の強化を含む対策に万全を期し、今後このような事態が再び発生することのないよう努めてまいる所存でございますので、何卒、ご理解を賜りますようお願い申しあげます。

2019年6月13日

株式会社 高島屋

高島屋WEBサイト

お詫びによると購入した人には個別の連絡が入るようです。商品を交換してくれるのか返金に応じてくれるのか不明ですが、韓国製の化粧品を買ってしまった人は連絡を待ちましょう。

対象商品リスト

製造国が誤表記されていたということでリストが公開されていました。

PDFファイルです。確認したい人はこちらからどうぞ。数が多いのでこちらで確認してください。

【対象商品】【誤表記期間】【原産国誤表記内容】
につきましては、下記の一覧表にてご確認いただきますようお願い申しあげます。

https://www.takashimaya.co.jp/base/aboutinfo/excuse/190606/item.pdf

リストを確認したら、避けられがちな中国製、韓国製はフランス製や日本製に表記されていたことがわかりました。もしここに「フランス製」「日本製」が「中国製」「韓国製」となっていたものがあるなら「誤表記」ということもあるかと受け入れますが、それはない。

「韓国隠し」に加えて「中国隠し」だったと感じます。

グローバル企業の製品の製造国はばらつくのが当然

シャネルやディオール、グッチなどの大手の化粧品の製造国が、フランス製ではなく、韓国製やイタリア製だったということですが、物によっては同じ商品でも製造国違いが流通しているのが当たり前です。

例えば、ノルウェーの漁師の手を守っているとCMでうたって人気の出た「ニュートロジーナ」のハンドクリームなどの製品は、フランス製と韓国製があり、当サイトではフランス製を買うように推奨しています。

様々な国の様々な商品を扱っている百貨店がこんなレベルの商品管理だとは失望しかありません。

高島屋は確信犯では?

重ねて指摘しますが、化粧品だけでなく、様々な商品の製造国が変わっていることはよくあることです。日本のメーカーである資生堂のドルックスがいつの間にかベトナムに変わったのも最近のことです。しかしドルックスは大抵店頭で手にとって買うため、ラベルを見ればすぐに気づけます。実際、ドルックスの収れん化粧水を愛用している友人は棚に戻したと言っていました。

肌に直接つける化粧品に対して消費者は敏感です。長年経営してきた百貨店としては知っていて当たり前のことで、「間違ってました」では済まされない。しかもそれが7年間にも渡って間違い続けることはありえません。むしろ「隠していた」のではないかと思えてならない。

韓国製化粧品は避けられている

当サイトでは、韓国コスメの危険性を訴えており、個別記事でも取り上げています。

発がん性物質が入っているものから、最近は魚が奇形する成分「ムスクケトン」が入っている可能性があると言われており、韓国製の化粧品は本当に避けるべき危険な製品です。

奇形した魚

韓国 海 汚染 奇形 魚 コスメ ムスクケトン

「ムスクケトン」は日本や欧米では禁止されている化粧品の成分です。それが韓国の海から検出され、奇形した魚が獲れるようになっているのですから、良からぬ想像しかできません。

いい加減な管理しかできない韓国で製造されている化粧品である以上、どこのメーカーであろうと買いたくありません。それを売りつけられていたのだから、今まで購入していた消費者の高島屋への怒りは大きいでしょう。

韓国製を隠すメーカー

日本のメーカーでも「韓国製」であることを隠しているとしか思えないことがありますし、日本製と混在して売っていることもあります。私が愛用していた「シュウウエムラ」がまさにそうです。

発色がよく気に入っていたのに、いつの間にか韓国製が混じり始めて、韓国製だらけになりました。私はもう買っていません。ネットの「シュウウエムラ」についての書き込みを見ると同じような人は多くいます。

ただ製品ごとに「製造国」をはっきり記載してくれたら「日本製」を選んで買うのはやぶさかではないのに、通販での製造国表記自体がありません。これは「韓国製」と書いたら売り上げが落ちると判断しているからではないか?

「メイドインコリア」を隠し始めた韓国企業

日本企業だけが「韓国製」と記載したら売れないことを自覚しているのではありません。韓国企業や韓国系企業、在日企業も自覚を持ち始めました。

これからはさらにしっかり製造国の確認が必要です。詳しくは個別記事をどうぞ。

2011年からの誤表記

報道によると、韓国製の化粧品をフランス製として表記したまま売っていたのは2011年からで、最長7年間も誤表記を続けていたことになります。

どういうつもりでこんな長期にわたって誤表記していたのか不明ですが、商品の管理能力に著しい欠如があることだけは確かで、信用が一番大切な百貨店がこの有様では、客が離れていくのは当然。私も二度と買いません。コンスやってる時点で買ってませんが。

通販ショップの商品は全て製造国を表記すべき

手に取れないオンラインショップの商品や製品は、表示だけが頼りです。しかし製造国表記をしていないショップのなんと多いことか。なので私は製造国を表記していない商品は「韓国製」「中国製」だと思っています。

しかし「中国製」でも「韓国製」でも買う人はいます。買いたくない人のために「表記」を徹底して欲しいです。それに「中国製」「韓国製」と見た上で買うこともあります。口に入れないものや肌に身につけないもので、なおかつ日本企業が管理している中国工場の製品ならば「ほぼ大丈夫だろう」と判断することもあるからです。

製造国、生産地を表記してください。買うか買わないかはそれで決めます。

最後にひとこと

高島屋のオンラインショップでの製造国の誤記載(製造国偽装)をきっかけに、ネット通販会社に「製造国記載」を義務付けるようにしてほしい。

スポンサーリンク
韓国製・韓国産
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
優をフォローする
Select Japan Closet
タイトルとURLをコピーしました