中国製、韓国製を買わないために日常の買い物で注意するべき買い物リストはこちら

加齢でうねる髪、広がる髪に|ミルボン プラーミアエンリッチド

ミルボン エンリッチド シャンプー トリートメント F M 日本製 made in japanヘアケア・ヘア雑貨
スポンサーリンク

ストレートの髪の毛でも加齢によってうねったり、広がったりするようになります。そこで年齢を重ねた髪の変化に対応するというミルボンの「プラーミアエンリッチド」のシャンプー、トリートメントF、トリートメントMのお試しサイズを買いました。感想です。

スポンサーリンク

ミルボン

ミルボンは美容室専売品メーカーで、様々な種類のシャンプーやトリートメント、ヘアケア用品を出しています。若い人から年配の人、カラーでダメージが蓄積した人向けなど幅広いターゲット層への種類があるので、自分に合うものがあればラッキー。

ミルボンの主なブランド

ちなみに私は長年「ディーセス」というブランドを使っていましたが、廃盤になりました。そのためずっとシャンプージプシー中で、今までに試したメーカーはかなりの数になりました。

しかしなかなかしっくりくるものとは出会っていません。良さげと思って大きなボトルを買ったシャンプーは連日洗い続けると痒くなるという憂き目にあい却下になったりしています。シャンプー選びって難しい。

プラーミア エンリッチド

というわけで、今回私は試したのは年齢を重ねた髪に対応している「プラーミア」というラインで、その中の「エンリッチド」です。

でも以前、プラーミアの「ヘアセラム」も試したのですが、良いのですが「これだ」という感じがなかったので、その「ヘアセラム」よりも上位タイプである「エンリッチド」を試してみたのです。

毛髪保護成分、毛髪補修成分の入った「エンリッチド」

今回試した「プラーミアエンリッチド」には、シャンプーには毛髪保護成分「ケラチンキャプチャー」、毛髪補修成分「CMADK」など髪に良い成分が使われています。

シャンプーは1種、トリートメントFとMの2種類あり、目的の仕上がりに合わせて選べるようになっています。

プラーミア エンリッチドの特徴
  • シャンプー 髪のエイジングで生じる悩みに対応。CMADK配合。
  • トリートメントF(軟毛) 弾力感のあるしなやかにまとまる髪。
  • トリートメントM(普通毛〜硬毛) 弾力感のあるみずみずしくまとまる髪に。

どれにしても、以前試した「ヘアセラム」よりは成分的に上位のものが使われているようで、効果を期待して買いました。

成分

使われている成分にこだわるタイプではないのですが、せっかくなので記述しておきます。私は成分の知識が乏しいので、化粧品成分オンラインさんを参考にしました。調べたい成分で一般的な成分であればこちらで検索したらでてきます。

シャンプー

シャンプーに使われている全成分です。パッケージを見ながら記述したので、歯抜けや誤字があるかもしれませんがご了承を。

水、ラウレス硫酸Na、DPG、イソステアラミドプロピルベタイン、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、ラウレス-6酢酸Na、コカミドプロピルベタイン、コカミドメチルMEA、加水分解ダイズエキス(黒大豆)、カルボキシメチルアラニルジスルフィドケラチン(羊毛)、ユキノシタエキス、ラウロイルアスパラギン酸Na、グリチルリチン酸2K、サクシニルグリチルレチン酸Na、チューベロース多糖体、ココイルアルギニンエチルPCA、PCAイソステアリン酸PGE-40水添ヒマシ油、ココイルイセチオン酸Na、ラウリルベタイン、ポリクオタニウム-10-塩化Na、リンゴ酸、BG、グリセリン、エタノール、AMP、水酸化Na、フェノキシエタノール、メチルクロロイソチアゾリノン、メチルイソチアゾリノン、香料

ミルボン エンリッチドシャンプー成分(ボトルより転載)

以上がプラーミアエンリッチドに含まれている成分です。洗浄成分が槍玉にあげられやすい「ラウレス硫酸Na」がメインで、ちょっと驚きました。

ただ、「ラウレス硫酸」は頭皮の脂を落とす力が高いとされており、いわゆる中年やアラフォー世代の頭皮の匂いが「加齢臭」となって気になり始める時期の人向けに良い洗浄成分だと思いました。それに濡れた髪への櫛通りも良い実験効果があり、洗髪時の髪を梳かすときにも力を発揮してくれそうです。

他に抗老化作用の期待できる黒大豆由来の「加水分解ダイズエキス」や炎症やアレルギーを抑えてくれる「ユキノシタエキス」などが入っており、良さげ。

しかしミルボン的には商品説明にも記載してアピールしている「カルボキシメチルアラニルジスルフィドケラチン(CMADK)」という新成分が一番着目してほしい成分でしょう。この成分は、髪のタンパク質と結びついてダメージの抑制効果が認められているそうです。

トリートメントF

軟毛向けのトリートメントFの全成分です。

水、セタノール、PEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリン、ステアラミドプロピルジメチルアミンペンチレングリコール、アモジメチコン、加水分解ケラチン(羊毛)、イソドデカン、カルボキシメチルアラニルジスルフィドケラチン(羊毛)、(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシヒドロキシプロピル加水分解ケラチン)、加水分解ダイズエキス(黒大豆)、ヒアルロン酸Naホホバ油、ラウリルベタイン、ジココジモニウムクロリド、ステアルトリモニウムクロリド、アミノエチルアミノプロピルジメチコン、乳酸、カオリン、BG、ジヘプタン酸ネオペンチルグリコール、AMP、フェノキシエタノール、香料

ミルボン エンリッチド トリートメントF成分(ボトルより転載)

以上が、エンリッチドトリートメントFに含まれている成分です。

「ステアラミドプロピルジメチルアミン」は静電気防止成分です。この成分は「コンディショナー」に配合されていることの多い成分でアレルギーを引き起こす可能性も低く、安全だと言われています。

「ペンチレングリコール」は抗菌作用があり、頭皮の匂い防止にも役立ちそう。「加水分解ケラチン」は人の髪の毛の成分に近く、毛髪の保護や保湿に役立ってくれる成分です。

トリートメントFにも、ミルボンの売り成分である髪の補修成分「カルボキシメチルアラニルジスルフィドケラチン(CMADK)」が入っています。

トリートメントFにしか入っていない成分として、ヒアルロン酸Na、ホホバ油、アミノエチルアミノプロピルジメチコン、カオリンがあります。

トリートメントFの毛髪保護成分として「ヒアルロン酸」が使われています。ホホバ油は抗酸化力があるビタミンE、アミノエチルアミノプロピルジメチコンはシリコン、カオリンは、おそらく濃度を一定にするための成分です。

トリートメントM

最後に普通毛硬毛向けのトリートメントMの全成分です。より保湿力があるそうです。

水、セタノール、PEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリン、ステアラミドプロピルジメチルアミン、ペンチレングリコール、アモジメチコン、ジメチコンアミノエチルアミノプロピルジメチコン、加水分解ケラチン(羊毛)、ベヘントリモニウムクロリド、カルボキシメチルアラニルジスルフィドケラチン(羊毛)、加水分解ダイズエキス(黒大豆)、ラウロリルリシン、イソドデカン、月見草油マカデミアナッツ油ラウリン脂肪酸コレステリル、ラウリルベタイン、ジココジモニウムクロリド、ステアルトリモニウムクロリド、乳酸、DPG、BG、イソプロパノール、ジヘプタン酸ネオペンチルグリコール、AMP、エチドロン、フェノキシエタノール、香料

ミルボン エンリッチド トリートメントM成分(ボトルより転載)

以上がトリートメントMには入っている成分です。青の文字はトリートメントMだけの成分です。

シリコンである「ジメチコン」「アミノエチルアミノプロピルジメチコン」が最初の方にあるので、コーティングすることでなめらかな感触を重視しているのかな?

トリートメントMにも髪の補修成分「カルボキシメチルアラニルジスルフィドケラチン(CMADK)」が入っています。「ベヘントリモニウムクロリド」は静電気防止の役目。

γ-リノレン酸を多く含む「月見草油」は皮膚炎やニキビ防止の効能もあるそうなので、頭皮に良さそう。「マカデミアナッツ油」はオレイン酸やパルミトレイン酸を含んでおり、パルミトレイン酸は30代から減少するヒト皮脂の脂肪酸組成に似ているそうで、まさに年齢髪に良さそう。「ラウリン脂肪酸コレステリル」はトリートメントMの毛髪保護成分です。

プラーミアエンリッチドシャンプー、トリートメントF、M

というわけで、お試しサイズで買った「プラーミアエンリッチド」シャンプーとトリートメントFとMです。赤いボトルが高級な感じ?

ミルボン エンリッチド シャンプー トリートメント F M 日本製 made in japan

裏。日本製です。

ミルボン エンリッチド シャンプー トリートメント F M 日本製 made in japan

使ってみた感想

まずはシャンプーとトリートメントの使い心地を項目別に書いてみました。最初はシャンプー。

泡立ちとても良い。なめらかな泡。
香りヘアセラムのようなきつさがない。優しくて品のある香り。
洗い心地泡立ちがよく、よく落ちている感じ。頭皮もすっきり。
水切れすっきりとした洗い上がり。ぬめりが残るなどはなし。
洗った後きしみもなく、ちょうど良い感じの洗い上がり。

続いてトリートメントFの感想。

香り品のある落ち着いた香り。翌日ほのかに残る感じが好印象。
髪なじみとても良い。なじませていくと質感が変わり、つるんとした感触に。
洗髪後すすぐと髪がつるんとまとまる。
ドライヤー後特に時間がかかることなくサラサラの仕上がりに。

最後にトリートメントMの感想。

香り品のある落ち着いた香り。翌日ほのかに残る感じがいい。
髪なじみとても良い。なじませていくと質感が変わり、つるんとした感触になる。
洗髪後こちらもすすぐと髪がつるんとまとまる。ぬるぬるはなし。
ドライヤー後Mはしっとり仕上がり。冬はこちらの方が良さげ。

総評

かなり良い使い心地で、乗り換え候補の1位にきました。

洗浄力が強すぎることもなく、すっきりとした洗い上がりで、シャンプー後のきしみがないのがいいと思いました。あまりにきゅっきゅっとなるシャンプーは油がなくなりすぎちゃうかなと思うので。とはいえ、頭皮の匂いの原因は皮脂ですから、そこそこ落とす必要があるので、ちょうどいい塩梅な感じ。

トリートメントは一週間に一回使うミルボンのリンケージっぽく、仕上がりがとても良いです。乾かすときも時間がかかりすぎることなく、きれいに仕上がります。そして2日ほど使って気がついたのですが、どちらのトリートメントも髪の毛をしっかり落ち着かせてくれる感じです。

でもトリートメントFのほうがふわっと柔らかな仕上がりで、トリートメントMは説明にある通り保湿力があるのでしっとり仕上がりです。どちらも甲乙つけがたい。そうそう、冬は髪の毛が静電気でぶわっと広がることがあるのですが、エンリッチドを使い始めてから、それがありません。静電気は髪の毛を傷める原因でもあるので、静電気での髪の広がりがなくなったのはとてもいい。

というわけで、「プラーミア エンリッチド」は髪の補修をしつつ、弾力もあたえてくれる年齢髪に対応したシリーズなので、使い続けるとかなり髪質が改善される気がします。これはもう乗り換え先にしてもいいかも。あとは使い続けてかゆみがでないかのチェックだけです。

過去に試したシャンプー&トリートメント

今までに試したものたちです。良ければ参考に。

髪の毛のハリ・コシ改善|ミルボン「プラーミア ヘアセラム」お試しと感想
今回は髪の毛のハリとコシ改善、いわゆる髪の毛や頭皮の老化対策に特化したミルボン「プラーミア ヘアセラム」のシャンプーとトリートメントを試しました。
ミルボンのディーセスノイドゥーエのシルキーとウィローを試した感想
長年ミルボンのディーセスを使っていましたが廃盤に。なのでストックが切れる前に次のシャンプーを探しています。今回は後継とされているディーセスノイドゥーエの細い髪向け「シルキーリュクス」と普通の髪〜固い髪向け「ウィローリュクス」を試しました。
楽してキレイな髪|ミルボンの「ジェミールフラン」ハート、ダイヤの違いと感想
ミルボンの「ジェミールフラン」のシャンプー「ハート」「ダイヤ」、トリートメント「シルキーシャイニー」「ジューシーグロッシー」を試しました。若い人向け。ハリコシが欲しい私向きじゃなかった。
頭皮に優しい洗浄力のルベル イオシリーズ|メリットとデメリット
長年使っているミルボンの「ディーセス」が無くなるので、新しいシャンプーとトリートメントを探しています。「ディーセス」の後継商品でも良かったのですが、頭皮に優しいというルベルのLebeL IAUというシリーズを試してみました。その感想です。
ハホニコ18コラシルクのシャンプー・トリートメントのお試しと感想
ルベル、ミルボンに続いて今度はハホニコのシャンプーとトリートメントを試したら髪にとても良いと感じました。18コラシルクは傷んだ髪の人は試すべき。
頭皮ケアと髪の修復を目指す|ハホニコハッピーライフヘマシルク
レスベラトロールで頭皮ケア、ヘマチンとシルクで髪を修復・保湿してサラツヤ髪に。頭皮と毛髪のダブルケアをするハホニコ「ヘマシルク」を試しました。
細毛、ボリュームのない人向け|スティーブンノル ボリュームコントロール
コーセーの「スティーブン・ノル」という米国人スタイリスト監修のシャンプーとトリートメントを試しました。切替第一候補になりましたが、後日却下という結果に。
国産植物生まれのノンシリコンシャンプー|凛恋(りんれん)ローズ&ツバキ、ユズ&ジンジャー、ミント&レモンの感想
島根県産バラや高知県産ゆず、北海道産ミント、そして愛媛県産真珠エキスなどの国産原材料を使用したノンシリコンのシャンプー、トリートメントを試しました。

最後にひとこと

いよいよ乗り換え先が決まりそうな予感。プラーミアエンリッチドはかなり気に入りました。

ミルボン プラーミアエンリッチド

加齢で生じる髪のうねりや広がりといった悩みに対応した商品。年齢髪をなんとかしたいなら試すべき。ハホニコを押しのけ1位にしました。

ハホニコ コラシルク18

美容室専売品メーカーハホニコの髪の毛を補修することに重きを置いた商品。高価格ですが裏切らない実力。しかし長く使い続ける場合のコスパの悪さが難点で2位。

ルベル イオシリーズ

ルベルのイオは、頭皮に優しいシャンプーとトリートメント。価格と効果、効能のバランスが良い印象。

タイトルとURLをコピーしました