髪の毛のハリ・コシ改善|ミルボン「プラーミア ヘアセラム」お試しと感想

シャンプージプシー中の私。今回はミルボンのアンチエイジングに特化した「プラーミア」シリーズの「ヘアセラム」を試しました。感想です。

スポンサーリンク

シャンプージプシーでお試し中

長年問題なく使い続けていたミルボンの「ディーセス」シリーズが廃盤となり、ストックが無くなる前に次のシャンプーを探しています。今までに3つ試しました。今回は4つ目のお試し。

頭皮に優しい洗浄力のルベル イオシリーズ|メリットとデメリット

https://www.select-japan.com/japan/LebeL-IAU.html

ミルボンのディーセスノイドゥーエのシルキーとウィローを試した感想

ミルボンのディーセスノイドゥーエのシルキーとウィローを試した感想
長年ミルボンのディーセスを使っていましたが廃盤に。なのでストックが切れる前に次のシャンプーを探しています。今回は後継とされているディーセスノイドゥーエの細い髪向け「シルキーリュクス」と普通の髪〜固い髪向け「ウィローリュクス」を試しました。

ハホニコ18コラシルクのシャンプー・トリートメントのお試しと感想

ハホニコ18コラシルクのシャンプー・トリートメントのお試しと感想
ルベル、ミルボンに続いて今度はハホニコのシャンプーとトリートメントを試したら髪にとても良いと感じました。18コラシルクは傷んだ髪の人向けだと思います。

現時点での最有力候補はハホニコです。シャンプーだけでもトリートメント要らずの感触で、もし私の髪の毛が傷んでいたら迷わずこれを選ぶと思っているからです。

今の所ハホニコが第一候補ですが、ミルボンのディーセスのストックはまだあるので、あと二つ試す事にしています。で、今回はミルボンのアンチエイジングシリーズの「プラーミア」を試す事にしたのです。

髪と頭皮の老化対策

人の髪は、加齢とともに変化します。ホルモンバランスが崩れることもあり、髪が細くなってうねったり、更に抜け毛も増えます。

実際、私の髪の毛は昔に比べると相当細くなっていると思います。というのも、一つに束ねた時の量が高校生の頃の2つ分けにした時の片方くらいになっているからです。

幸い、まだ分け目が目立つほどではありませんが、対策は必要だと感じています。なので髪のエイジングケアに特化したシャンプーを試そうと思ったのです。

ミルボンの「プラーミア」シリーズ

ミルボンは多くのシリーズを販売しています。その中にある「プラーミア」は年齢を感じ始めた人向けのシリーズです。

ポジティブな気持ちで今のキレイを楽しみ、これから先も髪のキレイの実感を重ねていくためのエイジングケアブランド

年齢を重ね、変化する髪と地肌。ボリュームも、まとまりも、ダメージも、地肌から毛先までのさまざまな違和感をポジティブな気持ちで解決するエイジングケアブランドPLARMIA。いつも、いつまでも美しくオシャレを楽しみたいすべての女性に贈る、大人のためのヘアケアブランドです。

株式会社 MILBON
株式会社MILBONのオフィシャルウェブサイトです

ただしプラーミアは今回私が試した「ヘアセラム」シリーズだけでなく、「エナジメント」シリーズ、「エンリッチド」シリーズがあります。興味のある方はHPを覗いてみて下さい。

ラインナップ

私が試した「プラーミア ヘアセラム」にはFとMの2種類があります。それぞれ特徴があるので、髪に合っていると思うものを試すと良いでしょう。

プラーミア ヘアセラム F

  • 軟毛向け
  • シャンプー:フワフワまとまりづらい毛髪に弾力を与える
  • トリートメント:毛髪の内側まで保護し、弾むようなまとまりに

プラーミア ヘアセラム M

  • 普通・固い髪向け
  • シャンプー:ゴワつき、まとまりづらい毛髪に柔軟性を与える
  • トリートメント:毛髪をうるおいで満たし、やわらかなまとまりに

私は細くて髪が柔らかい軟毛なので、Fが向いてそうです。

ミルボン「プラーミア ヘアセラム」

というわけで、私が試したプラーミア ヘアセラムのFとMです。

ミルボン プラーミア ヘアセラム MILBON PLARMIA Hairserum シャンプー トリートメント 日本製 made in japan

日本製。

ミルボン プラーミア ヘアセラム MILBON PLARMIA Hairserum シャンプー トリートメント 日本製 made in japan

F。

ミルボン プラーミア ヘアセラム MILBON PLARMIA Hairserum シャンプー トリートメント 日本製 made in japan F

M。

ミルボン プラーミア ヘアセラム MILBON PLARMIA Hairserum シャンプー トリートメント 日本製 made in japan M

使ってみた感想

まずは「ヘアセラム F」のセットを使いました。

シャンプーは透明な液体で、洗浄力がしっかりありました。洗い上がりはきしみを感じるほどです。香りはフルーティで爽やかさと華やかさを感じる、ある意味ミルボンっぽい印象です。「洗った感」が欲しい人は喜びそうです。私にはちょっとキツイ?感じです。

トリートメントは乳白色で柔らかな華やかさのある香りでした。髪にはしっかり馴染み、すすいだ後もしっとりしていました。しかし軽い感じです。

で、このセットで髪を乾かすとかなり軽い仕上がりになりました。説明書通りに「ふわふわ」した感じです。根元も若干立ち上がっていました。ただ軽くなり過ぎた?感じも。

続いて「ヘアセラム M」のセット。

シャンプーはFと違って乳白色でした。洗浄力はFよりも優しい感じです。香りは華やかさと落ち着きを感じました。すこしキツイかな?でも洗い上がりはこっちの方が好みです。

トリートメントは同じように乳白色。香りはしっかり落ち着いた感じです。Fよりもやや重いイメージです。髪にしっかりもみ込み、すすいだ後はかなりしっとりしました。

この組み合わせで髪を乾かすとFとは違い、髪が落ち着きました。更に、根元の立ち上がり方がより強い仕上がりです。ハリとコシ重視ならこの組み合わせのようです。どちらかと言うと私にはこの組み合わせがいいみたいです。

髪の毛の根元がしっかり立ち上がったので、髪がぺちゃんこになる悩みのある人に特に良さそうです。私はかなり気に入りました。しかし、ハホニコのシャンプーとトリートメントの記憶が蘇るとどうも「これだ!」という気持ちにはなりません。これはどうしたことか。参ったな〜。

ただヘアセラムのMは髪の毛の根元がしっかり立ち上がったのがかなり嬉しかったです。もしもハホニコを試していなかったら、真っ先に第一候補になったでしょう。

最後にひとこと

ぶっちゃけ「ハホニコ」の香りがなあと文句を言っていたにも関わらず、ハホニコを止めた後「ひょっとして相当良かったのでは」という気持ちになっているのです。というわけで「ハホニコ」のハリコシを試すまでまだ結論は出せません。って、ミルボンのプラーミアを試したという記事なのに、ハホニコの話で終わるってどうなのか。