中国製、韓国製を買わないために日常の買い物で注意するべき買い物リストはこちら

ミルボンのディーセスノイドゥーエのシルキーとウィローを試した感想

ミルボン ディーセス ノイドゥーエ シルキーリュクス ウィローリュクス 日本製 made in japan ヘアケア・ヘア雑貨
スポンサーリンク

ミルボンのDEESSE’S(ディーセス)を長年使っていたのですが廃盤となるためシャンプージプシー中です。まずはルベルのシャンプーとトリートメントを試しました。優しい洗い上がりでなかなか良かったのですが、一応後継のディーセスノイドゥーエも試しました。その感想です。

スポンサーリンク

シャンプージプシー中

長年通っている美容室で髪の具合が劇的に良くなったため、同じシリーズのシャンプー「ミルボンディーセス」を使ってきました。しかしディーセスが廃盤となることが判り、現在、次のシャンプーを探しています。というわけで今回は、ディーセスの後継になる「ディーセスノイドゥーエ」を選びました。

ディーセスノイドゥーエ

ミルボンのディーセスノイドゥーエは3種類。なりたい髪に合わせて選ぶようになっています。

ディーセスノイドゥーエの特徴
  • シルキーリュクス:細い髪向け さらさら軽やかタイプ
  • ウィローリュクス:普通髪向け しなやかうるおいタイプ
  • ヴェロアリュクス:固い髪向け しっとりやわらかタイプ

もっと詳しくは公式サイトで確認を。

私の髪の毛は細くてコシがないので、シルキーリュクスとウィローリュクスを買いました。明らかに固い髪の毛ではないのでヴェロアリュクスは買わず。

ミルボン ディーセス ノイドゥーエ シルキーリュクス ウィローリュクス 日本製 made in japan

小さいので判りにくいですが、全て日本製です。

ミルボン ディーセス ノイドゥーエ シルキーリュクス ウィローリュクス 日本製 made in japan

ディーセスノイドゥーエ シルキーリュクス

細い髪向けでさらさら軽やかな仕上がりになるという「シルキーリュクス」です。

ミルボン ディーセス ノイドゥーエ シルキーリュクス ウィローリュクス 日本製 made in japan

使ってみた感想

今まで使っていたディーセスと変わらない洗い上がりでした。香りも爽やかなものです。

泡立ちはとても良くしっかり洗った感があります。洗浄力が強いのでしょう。仕上がった髪はディーセスよりも軽くサラサラの印象です。夏だといいかもしれませんが、冬なので乾燥には弱い感じ。外出先で、静電気を帯びてしまうと思い切り広がりました。うーん。「これじゃない感」があります。

「これだ!」という感じではありませんでした。

ディーセスノイドゥーエ ウィローリュクス

普通の髪〜固めの髪向けで、しなやかに潤う「ウィローリュクス」です。

ミルボン ディーセス ノイドゥーエ シルキーリュクス ウィローリュクス 日本製 made in japan

使ってみた感想

今まで使っていたディーセスよりも潤った仕上がりです。香りもいい感じ。少し落ち着いている感じかな?

洗浄力は「シルキーリュクス」と比べて穏やかな気がします。洗い上がりは髪に良い意味での重みが、広がりません。しっとりしたものです。冬なので明らかにこっちがいいようで、静電気を帯びた状態でも酷い広がりは無かったです。買うならこっちだと思いました。

総評

ディーセスの洗い上がりを間違いなく継承しているのが「ディーセスノイドゥーエ」だと判る商品でした。

でもディーセスよりも個性を感じる洗い上がりです。今回私は固い髪質向けの「ヴェロアリュクス」を試さなかったのですが、「ヴェロアリュクス」も試した方が良かったかな?と思っています。今度買ってこよう。

前回試したルベルの「イオ」よりもミルボンの「ディーセスノイ」は洗浄力が明らかに強いと思います。でも髪に優しいかどうかというと優しくはなさそうなので、やはりまだ他メーカーを試そうと思います。

今までに試したシャンプー

今まで試してきたシャンプーの感想があるのでよければ参考に。

現在の乗り換え候補1位(2019/12/20 追記)

ミルボンの「プラーミアエンリッチド」を試しました。乗り換え候補の1位です!

最後にひとこと

「これがいい!」と思えるものが他にある気がするので、まだ確定せずに他の商品を試そうと思います。今気になっているのは、ハホニコのコラシルク18です。髪の質を改善させることを最優先したものだそうで、もう注文しちゃいました。使ったらリポートします。

タイトルとURLをコピーしました