【日本製の靴下】靴下屋Tabioの実力【脱げないカバーソックス】

普段履いている靴下は主にカバーソックスと言われるタイプです。しかしこれが曲者で、ちゃんとしたものでないと脱げます。いわゆる3足1000円といったものは全滅でした。しかし今は脱げないカバーソックスを手に入れて愛用しています。そのお店は日本製でこだわりを持って商品を作っている靴下屋というお店。

数年前、テレビで特集されていたのを見て購入に至ったお店でした。特集では「高いのに売れている」「高くても売れる」「ここのしかもう履きたくない」と言った消費者の感想の嵐。テレビ番組の特集ですから、こういう作りになるのは当然です。でもあまりにも褒めっぷりが凄かったので騙されたと思って購入しました。すると履いてみてびっくり。いつも脱げていたカバーソックスが脱げなかったのです。というわけで、今日は私の愛する靴下屋さんの商品をご紹介。

スポンサーリンク

靴下屋について

「靴下屋」は脇役である靴下を主役にまで押し上げた日本製にこだわる会社です。創業者であり、現会長の越智直正氏はかなり変、いやこだわりのある方で、たくさんの名言を残しています。

「自分は靴下のサイボーグ」
「靴下は宇宙」
「靴下を噛んでみる」
「靴下は第二の皮膚」
「流行を追えば、流行に捨てられる」
「これは靴下のラーメン屋!ラーメン屋さんのように、注文されて作るのが理想なんや」

一瞬困惑を覚えるものもありますが、嫌いではない。でも靴下を噛むのは止めたほうが・・・。でも面白い方です。そんな越智直正氏が作り上げた会社が「靴下屋」なのです。

社名の由来

創業当初の社名は「dan」でした。男一匹でスタートしたから「男」と社名を名づけようとしたところ「流石にそれはない」と周囲に止められて、英語の「dandy(男前)」から「dy」を取って「dan」となったそうです。

しかし「男」を英語に直訳すると「man」のはず。越智社長(当時)は「dy」を取れば英語で男の意味になるのだと勘違いしていたそうです。

現在の社名は「Tabio」ですが、その命名は英国ロンドンへ初出店の際に名付けられました。その名前には深い思いが込められています。

タビオ(Tabio)は、「The Trend And the Basics In Order (流行と基本の秩序正しい調和)」の頭文字をとったもので、Tabioをはいて地球を旅(タビ)しよう、足袋(タビ)の進化形である靴下をさらに進化させよう、という意味が込められています。

詳しいことは靴下屋さんのHPの中にある歴史ページで読めます。倒産の危機をどう乗り越えたか、商品管理システムを生み出す経緯等が書かれており読み応えあります。

Tabioの歴史

靴下屋で買う前の注意

靴下屋の靴下は基本的に丁寧に扱う事が要求されます。そしてお安くありません。なので、洗濯機で洗うことを前提にしている方にはオススメしません

ただ、素材やデザインによっては、洗濯機でも大丈夫だろうと思えるものはネットに入れて洗濯機に入れて洗っています(私の基準は絹以外なら大丈夫)

試し履き後の返品OK(ネットストアのみ)今は未開封・未着用のみ

どんな商品でもそうですが、ネット上の写真で判断して注文するというのはある意味冒険です。靴下屋はそういうお客様のために、一度履いても返品無料にしています(返品OKは公式WEBショップのみ)

2018/9/4 追記

今は一般的な返品・交換になっています。未開封、未着用で8日以内の返送になっていました。



靴下屋のカバーソックス

今回購入したのは写真の5点で、カバーソックスばかりです。購入は実店舗。

tabio_01

レーシーなカバーソックスが大好きなので重点的に補充しました。しかし新しいタイプの商品もありました。それがこちら。
tabio_02

靴下屋さんは靴下の収納に使える固めの型紙に装着して商品を販売してくれています。これが地味に嬉しい。小さいカバーソックスは行方不明になりがちなので。
tabio_03

履いてみました。足の甲から指先までのショートな靴下です。

tabio_04

しかしその裏はご覧のようにクッションに。

tabio_05

サンダルに履くのもよさそうですが、例えば足裏のタコが痛い時にパンストの中に履いても良さそうです。

tabio_06

両脚で履いてみました。小指が写ってませんがあります。

tabio_07

つづいてヘビロテ使用アイテム。カバーソックス。脱げない。ほんと。

tabio_08

かかとを横から。ホント脱げない。

tabio_09

日本製。手洗い推奨ですがナイロンなので洗濯機でネットに入れて洗っています。

tabio_10

これと全く同じ物は見当たりません。なので似たようなレースデザインのカバーソックスを買い足しています。

靴下屋の靴下を安く手に入れる方法

普通の靴下よりもお高いTabio。なので私は年に数回、靴下屋の入っている百貨店や靴下屋実店舗のセールでまとめて購入しています。

狙い目は季節の商品の入れ替え時期や夏や冬のセール期です。幸運であれば50%オフで買えます。最新デザインでなくても良いので十分です。

靴下屋の靴下をセールで購入(2016年1月に購入した商品)

これは今年の1月、50%オフで手に入れた靴下の数々。思わず全色購入。買ったのは百貨店に入っていた靴下屋です。

靴下屋セール

スタンダードな黒以外は半額で買えたので相当お安く買えました。実店舗のセールに行けない人はネットストアでのセールを利用を。



公式webストアのメリット

靴下屋はネットストアで会員登録すると一足から送料無料になります。店頭にはないものもあるので一度見てみると良いかもしれません。

靴下屋の男性用靴下

男性向けの多く商品もあり、贈答品にも選ばれています。



最後にひとこと

脱げないカバーソックスをお探しなら是非お試し下さい。でも完璧ではありません。足がむくんでいたり、靴の形状で脱げてしまう事もあります。とはいえ、他社のカバーソックスに比べると断然脱げないので私は今後も買い続けます。

【合わせて読みたい】
靴下屋Tabioの通販を初利用|会員登録で1足から送料無料が嬉しい

靴下屋Tabioの通販を初利用|会員登録で1足でも送料無料が嬉しい
カバーソックスは靴下屋のものを好んで履いています。公式通販では店頭に無い安い価格帯のものがあったので初めて通販で注文しました。会員登録すると1足から送料無料はありがたい。

コメント

  1. かみさんも同じ悩み言ってました。
    ちょっとススメてみます^^

    応援しておきました。ポチッ

    • 優 より:

      矢田@医療兼業トレーダー様へ

      初めまして、管理人の優と申します。
      この度はコメントありがとうございます〜。
      奥方様の足にもぴったりで脱げる事がないように祈っております♪

      そして応援、ありがとうございました!
      感謝感謝ですm(_ _)m ペコッ