驚くほど小さくなったファーファの洗濯洗剤「ギュッと濃縮超コンパクト粉末洗剤」

我が家は広告をうたないで頑張っているファーファさんの洗剤を使っているのですが、最近、ファーファさんの粉タイプの洗濯洗剤が地元の薬局で見当たらなくなって困っていました。でも先日、新製品が売られているのを見つけたので即購入。というわけで、今月発売開始されていたファーファの超コンパクト粉末洗剤を買いました。驚くほどのサイズダウンで、感動ものです。

スポンサーリンク

粉末洗剤と液体洗剤

まず何故私が「粉末洗剤」が見当たらないことで困っていたか説明をします。「粉末洗剤」と「液体洗剤」は洗浄力に差があるのです。

粉末洗剤

粉末洗剤は「弱アルカリ性」です。今回買ったファーファの粉末洗剤の成分表示にもしっかり印刷されています。

ファーファ 粉末洗剤 ギュッと濃縮超コンパクト粉末洗剤 日本製 made in japan 弱アルカリ性

「アルカリ性」が強いほど汚れが落ちるので、「中性」である液体洗剤よりも、「粉末洗剤」の方が洗浄力が強いのです。

液体洗剤

液体洗剤は「中性」です。ファーファの粉末洗剤を地元で見かけなくなってから使用していた、我が家にあるファーファの液体洗剤にもしっかり「中性」と記載があります。そうそう、最近買ったUVカット洗剤も「中性」です。

毎日の洗濯で紫外線対策できる洗濯洗剤|ファーファのUVカット洗剤【日本製】

「中性」は食器洗い洗剤にもなるほど、比較的優しい成分なので、お洒落着や下着などを洗うのに適しています。しかしその分だけ洗浄力が劣るので軽い汚れの時に使うと良い種類の洗剤です。

汚れ具合で洗剤を使い分ける

しっかりとした洗浄力のある「粉末洗剤」は、泥汚れや食品のシミ、汗などのしつこい汚れに適していますが、生地を傷めるリスクがあります。故に、デリケートな下着や衣類を「粉末洗剤」で頻繁に洗うことは衣類の寿命を縮める事にもなります。

なので、洗濯をする際には色柄もの、白いもので分けるだけでなく、汚れのレベルも考えて洗剤を使い分けることが大切です。

我が家では、汗をたくさんかく季節である春夏は「粉末洗剤」、汗汚れの少ない秋冬は「液体洗剤」という風に使い分けています。ただ、洗浄力の弱い「中性」の液体洗剤では、汚れの蓄積を招くので、何回かに一回は「粉末洗剤」を使うようにしています。

このお話が初耳な方は、色分け以外に「汚れの質」「季節」によって洗剤を使い分けてみて下さい。上手に使い分ける事で節約にもなると思います。

有名イコール優秀な商品ではない

これは蛇足のお話ですが、私の皆さんに訴えたいことなので書かせて下さい。

我が家は以前花王製品をよく使っていました。でも特に思い入れはなく、ただ有名だから使っているだけでした。しかも、製品についてはっきり覚えている事は、服に溶け残りがこびり付いてイライラしてたことで、良かった記憶がありません。

そんな惰性で使い続けていた花王製品ですが、突如使うのが嫌になることがおこりました。それは花王が韓流ごり押しのフジテレビとつるみ、反日行為をしていたことです。日本の企業でありながら、反日番組のスポンサーで有り続けるその姿勢や海外での反日行為を知ってしまった私は、びた一文この企業に出したくないと思いました。

値段イコール商品価値?

そんな時に手を伸ばしたのがファーファさんの製品でした。でもファーファの製品は、花王やライオン、P&Gなどの有名どころよりもかなり安かったので、躊躇しました。

この頃の私は「安いな、大丈夫かな?」という考えで「値段イコール商品価値」一辺倒だったのです。でも反日企業にお金を払いたくないという気持ちが勝り、昔見た事のあるメーカーだから大丈夫だろうとファーファを買いました。そしてそれは正解でした。

溶け残りの悩み解消

ファーファの粉末洗剤を使ってみて一番驚いた事は、溶け残りが無かったことでした。

粉末洗剤の溶け残りに不満を持っていた我が家では「有名だから、高いから良い製品」ばかりじゃないんだねと痛感させられたのです。以降、CMをしていない企業を選んで使うようになりました。

洗濯洗剤は品質で選ぶ|ファーファの溶け残らない日本製洗濯洗剤・柔軟剤

家中掃除できる住宅用洗剤のスーパーオレンジなんてまさにそうです。この商品のCMなんて一度も見た事はありませんが、試しに買ってみたらあまりの優秀さにタンクで買うようになっています。記事があるので良かったらどうぞ。ちょっとお高い万能洗剤ですが、タンクで買っているため、実質コストダウンになりました。

UYEKI(ウエキ)のスーパーオレンジは家中カバー出来る万能洗剤

夏頃の衣替えシーズンの悩みであった痒みや発疹も問題解決しました。

赤い発疹や痒みにお悩みならUYEKI(ウエキ)の防ダニ仕上げ剤「ダニクリン」

これらの製品はCMを見た事がありません(私が見てないだけかもしれませんが)有名でなくても良い商品はあると教えてくれた製品達です。以降、有名だからこそ品質に注意を払わなくなるのかとさえ思うようになりました。ほっといても売れるから努力を怠ってしまうのかと。

花王の件はそういう意味で私に大切なことを教えてくれた事件でした。皆さんも「有名だから」という基準ではなく、実際に使って試して、良い商品を探すことをおすすめします。

ファーファ ギュッと濃縮超コンパクト粉末洗剤

というわけで、前置きが長くなりましたが、地元の薬局で購入してきたファーファの新製品「ギュッと濃縮超コンパクト粉末洗剤」です。

ちなみにお値段は149円(税別)でした。ファーファさんの公式サイトでは275円(税別)なのでかなりお安く買えています♪写真では判りにくいと思うのですが、びっくりするほど小さくなっています。軽くて小さいので三つまとめて買ってきました。

ファーファ 粉末洗剤 ギュッと濃縮超コンパクト粉末洗剤 日本製 made in japan

箱の左右の側面と後ろ。使用量や注意点が記載されています。

ファーファ 粉末洗剤 ギュッと濃縮超コンパクト粉末洗剤 日本製 made in japan

もちろん日本製。

ファーファ 粉末洗剤 ギュッと濃縮超コンパクト粉末洗剤 日本製 made in japan

前の粉末洗剤があれば判りやすいと思うのですが使い切ってないのでティッシュケースと並べてみました。ちなみに今までの粉末洗剤ケースの2分の1サイズになっているそうです。ホント小さくなりました。

ファーファ 粉末洗剤 ギュッと濃縮超コンパクト粉末洗剤 日本製 made in japan

開けました。驚いた事に今回は小さなスプーンが入っています。紙より使いやすくて嬉しかったです。でもエコじゃないかも?

ファーファ 粉末洗剤 ギュッと濃縮超コンパクト粉末洗剤 日本製 made in japan

使用してみて

まず、購入してする時にとても驚いたのですが、何せ小さいんです。とりあえずとショッピングかごに三つ入れたのですが、軽くて感動しましたwこの軽さだと仕事帰りに買うのも楽です。洗剤って粉末にしても液体にしても重いから、これほど軽くなったのはありがたい。

で、実際に使用したところ、今のところ汚れ落ちに不満はゼロです。というか最近はファーファの液体洗剤を使用していたので、洗浄力が上がった分、タオルの白さが戻った気がしています。良かった!

ただ改良希望点が一つだけあります。それは使用量の表を印刷する位置です。現在はご覧の通り、箱の側面にあります。でもその位置だと箱の向きを変えなくては見れないので効率が悪いのです。

ファーファ 粉末洗剤 ギュッと濃縮超コンパクト粉末洗剤 日本製 made in japan

パッケージデザインの担当者さんに思い浮かべて欲しい。「箱を手に取ってふたを開ける、スプーンを取る、次は分量を見る。」の行程がありますよね。でも蓋を開けたときの状態では見れない。持った時にそのまま見られる位置に案内を印刷してくれなきゃ〜!

というわけで、初期ロットでは無理でしょうから、次のパッケージデザイン変更、あるいは改良の際には印刷位置をどうぞ変更してください。それ以外は問題無しです。

最後にひとこと

ファーファさんの粉末洗剤を地元で見かけなくて本当に困っていました。でもバージョンアップして帰ってきてくれました。その大きな進化には感動を覚えます。CMしなくても努力して、ここまで出来る。素晴らしいことだと思います。そんなファーファさんをこれからも私は買い続ける予定ですので、どうか反日に走ったり、妙なトラブルは起こさないで下さいね。

ここまでお読み下さり、ありがとうございました。

スポンサーリンク

フォローする

関連するかもしれない記事