ワンデーアキュビュー3万個自主回収中|ジョンソン・エンド・ジョンソンの使い捨てコンタクトレンズ

ジョンソン・エンド・ジョンソンの使い捨てコンタクトレンズ「ワンデーアキュビュー」「乱視用」などの4種が、「保存液が目にしみる」「金属製ブラシの毛が入っていた」という苦情を受け、自主回収しています。今のところ健康被害の報告はありませんが、すぐに確認してください。

ジョンソン・エンド・ジョンソン 自主回収 ワンデーアキュビュー 使い捨て コンタクトレンズ 自主回収 リコール

スポンサーリンク

「ワンデーアキュビュー」4種の使い捨てコンタクトレンズ自主回収中

まずはソースをどうぞ。

使い捨てコンタクトに不具合「ワンデーアキュビュー」シリーズ4製品を自主回収

使い捨てコンタクトレンズの輸入販売を行うジョンソン・エンド・ジョンソン「ビジョンケア カンパニー」(東京都千代田区)は18日、「ワンデーアキュビュー」シリーズの4製品にブラシの毛の混入などの不具合が見つかったとして、自主回収すると発表した。健康被害の報告はない。

 同社によると、自主回収するのは、1日使い捨てタイプの「ワンデーアキュビューモイスト」(30枚、90枚パック)のロット番号283684▽2週間交換タイプの「アキュビューオアシス」のL002NCS、L002QH9▽2週間交換タイプの「アキュビューアドバンス」のL002FNL、B00DHLP、L002V94▽2週間交換タイプの「アキュビューオアシス乱視用」のB00GW4Z、B00HRMG-の4製品8ロット。平成25年3月~29年6月に製造され、これまでに3万673箱が出回っている。

 保存液の濃度が規格外だったり、容器にブラシの毛が挟まっていたり、製造工程の不具合により装着しても見えにくさがあったりする恐れがある。同社は「対象製品が手元にある場合は使用を中止し、回収受付センターに連絡してほしい」と呼びかけている。

後略

別ソースです。

コンタクトレンズ「ワンデーアキュビューモイスト」など自主回収

使い捨てコンタクトレンズの大手販売会社「ジョンソン・エンド・ジョンソン」は、一部の商品に金属製のブラシの毛が混入していたり、購入客から保存液が目にしみるなどの苦情が寄せられたため、およそ3万箱を自主回収すると発表しました。

自主回収となったのは「ジョンソン・エンド・ジョンソン」が販売した使い捨てコンタクトレンズの「ワンデーアキュビューモイスト」、「アキュビューオアシス」、「アキュビューオアシス乱視用」、それに「アキュビューアドバンス」の4つの製品のうち、アメリカなどで製造され、ことし6月までの4年間に出荷されたおよそ3万箱です。

後略

NHK web:10月18日 15時17分

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171018/k10011181551000.html

回収対象商品

回収対象となった3万個のコンタクトレンズは以下の種類になります。しかしロット番号で調べる必要があるので、使用しているコンタクトレンズを手元に用意し、当該のページで確認してください。

  • ワンデーアキュビューモイスト
  • アキュビューオアシス
  • アキュビューオアシス乱視用
  • アキュビューアドバンス

参考  ソフトコンタクトレンズ一部製品の自主回収について

ここでジョンソン・エンド・ジョンソンに一言申し上げたい。コンタクトレンズの回収情報を調べるために、「ワンデーアキュビュー」の特設サイトに行ったら、回収情報がスライド広告の中に入っていました。

参考 使い捨てコンタクトレンズワンデーアキュビュー

何を考えてるんですか。ずっと下の方にあるニュースリリースにもありますが、自主回収情報はずっと出しっぱなしにしてしかるべきですし、受付時間も、月曜日から土曜日まで、夕方までとはありえません。1ヶ月間だけでも、日曜・祝日も、そして時間も21時までは受けた方が良い。

使用者は学生ばかりではありません。社会人も多いでしょう。そういう層への配所をせず回収しないのはユーザー軽視です。非常に残念です。

4年前から製造、出荷されていたのに今頃リコール?

製品に問題があってリコールする事は正しい事です。しかし「今年6月までの4年間に出荷されたおよそ3万個」という情報が気になります。平成25年から製造、出荷されていて、今まで1件も苦情は無かったのかという疑問がわきます。

4年前から苦情があったのか?それとも最近になっての苦情なのか?ニュースソースにはいつから苦情があったのかの情報がなく、判断できません。ただ、4年の経年劣化で保存液の変質が起こった可能性も0ではないでしょう。

どちらにしても、個人的に情報を隠蔽していたのではないか?と違和感を覚えるリコールです。

コンタクトレンズは医療器具

昔と比べて、今は瞳の色を変えたいとカラーコンタクトレンズなどを使う人がいるので、コンタクトレンズを使用者は激増しています。

しかし、そのコンタクトレンズは医療器具であることを再認識しなくてはいけません。一日使い捨ては必ず一日で捨てるべきですし、どこで生産されたものかも重要です。技術レベルの低い国で製造されたコンタクトレンズは通気率も低く、目への負担も大きいですし、粗悪品では失明の危険もあります。

参考記事 未承認の韓国製のカラーコンタクトレンズでトラブル続出!最悪失明も

最近テレビでCMが流れるようになりましたが、カラーコンタクトレンズがより気軽に買えるように販売経路を拡大しているようです。しかし私が手にした化粧品雑貨店でのカラコンは韓国製ばかりでした。これは要注意情報です。

とは言え、日本製でも使用者が雑な扱いをしていては意味がありません。コンタクトレンズは「医療器具」であることを今一度よく考えて装用してください。永遠に光を失ってからでは遅いのです。

最後にひとこと

私もコンタクトレンズ使用者です。しかし最近は使用日数が減り、長年入っていたメルスプランも退会しました。

参考記事 損してるかも!?メニコンの定額制コンタクトレンズサービス「メルスプラン」を解約するべき条件

ごく稀にコンタクトにしたい時は使い捨てにしました。ちなみに私が使用しているものは、ジョンソン・エンド・ジョンソンのものではありません。が、実は試してみたいとも思っていました。でも目に入れる医療器具の管理がこのようなことではジョンソン・エンド・ジョンソンのコンタクトレンズをお試しは却下です。

今まで使用してきた方、これからも使用し続ける方は、どうぞ異常が無いか常に確認して、自分の目を守って下さい。

スポンサーリンク

新しい記事を公開するとツイートしています。

フォローする

関連するかもしれない記事