中国製、韓国製を買わないために日常の買い物で注意するべき買い物リストはこちら

管理できない韓国|常温放置されたインフルエンザワクチン接種で死亡者

韓国 インフルエンザ ワクチン 死亡 常温 死者韓国製・韓国産
スポンサーリンク

韓国に管理能力がないことを知っていますから、少々のことでは驚かないつもりでした。しかし、インフルエンザワクチンで死亡者が出ているという報道が出て調べてみたら、なんと常温放置されていたインフルエンザワクチンを全廃棄せずにサンプルチェックした後に接種していると知って唖然。取り上げておきます。

スポンサーリンク

韓国でインフルエンザワクチンで死者増加中

まずはソースをどうぞ。

韓国でインフルエンザワクチン接種後死亡3人発生…不安拡散

「問題ないという政府の言葉だけを信じて予約したのだが…」

今月19日、インフルエンザワクチン接種を予約した会社員のペクさん(26)は不安を隠しきれなかった。インフルエンザワクチンを接種した高校生に続き、70~80代高齢者2人が亡くなったというニュースを相次いで聞いたためだ。ペクさんは「新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)とインフルエンザの症状が似ているというので、家族と一緒に予防接種注射を打とうとした」とし「常温放置事件のせいで、それでなくても不安だったのに、立て続けに死亡事故が起きて政府を信じてもいいのかどうか悩む」と話した。

インフルエンザワクチンに対する恐怖が拡がっている。ワクチンの常温放置や沈殿物の発見などでインフルエンザ予防接種時期が一度延期になったうえ、接種者の死亡事件が相次いだからだ。

20日、大田(テジョン)では80代男性がインフルエンザワクチン接種から5時間後に亡くなった。大田市によると、この日午後2時ごろ、西区関雎洞(ソグ・クヮンジョドン)に住むAさん(82)が意識不明状態で倒れているところを家族が発見し病院に搬送したが、午後3時ごろに死亡判定を受けた。Aさんはこの日午前10時ごろ、近くの病院でワクチン注射を打っていたことが調査で分かった。該当のワクチンは韓国ワクチンが製造した「Kovax Influ 4ga PF Injection(PFS)」であることが把握された。常温放置や沈殿物関連のワクチンではない。

Aさんの次男Bさん(50)は「(亡くなった)父は高血圧や糖尿などの基底疾患はなかった。畑仕事はもちろん、よくクロス張りの仕事にも行くほど元気だった」とし「ワクチン接種による死亡と推定される」と主張した。Bさんは「父はインフルエンザワクチンを今回初めて接種した」とし「接種後、家に帰宅し、1~2時間後に倒れて死亡したとみられる」と話した。

この日、全羅北道高敞(チョルラブクド・コチャン)でもCさん(78・女性)が家で遺体のまま発見された。Cさんは前日、近くの病院でインフルエンザワクチンを接種した。該当ワクチンは「ポリョンフルIIIテトラワクチン株」であることが確認された。Cさんは普段、高血圧と糖尿があったことが分かったが、健康に大きな異常はなかったというのが隣人の言葉だ。保健当局はCさんと同じ日に同一の病院でワクチン接種した住民99人を調査し、現在94人は異常反応がないことを確認した。

ワクチン常温放置問題が大きくなり、接種を先送りして今回予約を入れ直したという会社員のイさん(24)は「成人になった後、インフルエンザワクチンを打ったことがないが、今年は新型コロナのこともあり接種しようと思っていた」とし「死亡事故のことを聞き、接種してもいいのかどうか不安」と打ち明けた。

京畿道龍仁市(キョンギド・ヨンインシ)にある耳鼻咽喉科のパク院長(55)は「昨日よりインフルエンザ接種者が6割ほど減った」とし「ワクチンの安全性を確認する問い合わせ電話も今日午前だけで7本ほどあった」と話した。

専門家は過度なワクチン恐怖に対して懸念をにじませた。順天郷(スンチョンヒャン)大学感染内科のキム・タク教授は「インフルエンザワクチンはすでに数十年間打ってきた接種注射」とし「今回の事例で過度な恐怖心を持つのは望ましくない」と指摘した。高麗(コリョ)大学安山(アンサン)病院感染内科のチェ・ウォンソク教授も「インフルエンザワクチン接種により短期間に死亡した事故は医学系で珍しい事例」とし「過去の経験と照合してみると、ワクチン接種をした時とそうしなかった時に得る被害を比較してみると実益のほうが多い」と説明した。一方、疾病管理庁はワクチン接種後、今月16日に亡くなった仁川(インチョン)の高校3年生の生徒に関連し、「インフルエンザ予防接種との因果関係はまだ確認されていない」とし「現在としてはワクチンの安全性に問題がないとみてワクチン接種事業を中断しない計画」と明らかにした。

中央日報:2020.10.21 06:58

https://japanese.joins.com/JArticle/271389

過度なワクチン恐怖などと専門家がコメントしていますが、管理がちゃんとされていないワクチンが危険なのは当たり前です。それにこの記事ではまだインフルエンザワクチン接種後3名死亡となっていますが、すでに続報では11人にまで被害者が増えています。明らかに異常です。ソースはこちら。

韓国、インフルエンザワクチン接種後の死亡者が11人に

大田(テジョン)でインフルエンザワクチンを接種後、意識不明状態に陥っていた70代女性が亡くなった。韓国でインフルエンザワクチン接種後に亡くなった11番目の事例だ。大田では2例目となる。

22日、大田市によると、Aさん(79)は病院で入院治療を受けている間、同日午前1時10分ごろに亡くなった。

儒城区智足洞(ユソング・チゾクドン)に住んでいたAさんは19日午前10時ごろ、近所の耳鼻咽喉科でインフルエンザ「韓国ワクチン Kovax Influ 4ga PF Injection(製造番号PT200802)」を接種した後、嘔吐症状を示していたことが分かった。

Aさんはワクチン接種当日午後8時から激しい嘔吐・高熱症状などが現れ、翌日20日の昼ごろに呼吸困難の症状などで突然意識不明状態に陥った後、大田市内の総合病院集中治療室で入院治療を受けていた。インフルエンザワクチン接種前、血圧や糖尿などの基底疾患はなかったことが分かった。

これに先立ち、インフルエンザワクチン接種後の死亡事例はAさんを除いて全国各地で合計10件が報告された。疾病管理庁は疫学調査と死因究明のための解剖検査などを進めている。

16日仁川(インチョン)をはじめ、20日高敞(コチャン)、大田、木浦(モクポ)に続き、21日済州(チェジュ)、大邱(テグ)、光明(クァンミョン)、高陽(コヤン、慶尚北道安東(キョンサンブクド・アンドン)などからも報告された。

後略

中央日報:2020.10.22 07:17

https://japanese.joins.com/JArticle/271443

基礎疾患もない人が被害者になっています。これはあまりにひどい。

500万本のインフルエンザワクチンの常温放置

ワクチンを常温で保管する感覚がまず理解できず、耳を疑いました。ソースをどうぞ。

ワクチン500万ドーズが常温にさらされ

22日、政府はこの日から満18歳未満の小児・青少年に接種しようとしていた無料インフルエンザワクチン500万ドーズ(1ドーズは1回接種量)の一部が流通過程で常温にさらされ、ワクチンの有効性と安全性に問題があると見て、無料インフルエンザ接種全体を全面中断すると発表した。

鄭銀敬(チョン・ウンギョン)疾病管理庁長は食品医薬品安全処と緊急合同ブリーフィングを開き、「政府と調達契約を結んだ会社(シンソン薬品)がインフルエンザワクチンの流通過程で、一部のワクチンを冷蔵状態ではなく常温にさらしたことが確認され、今後2週間のあいだ精査に入る」とし、「製品製造の問題ではないが、安全性を考慮して22日から予定されていたインフルエンザ無料接種を中止する」と述べた。

チョン庁長は、「500万ドーズの中でいくつかの地域に配布される対策製品が、冷蔵車に配分される過程で定められた冷蔵基準温度(2~8度)ではなく、常温に一定時間さらされたことが把握された」と明らかにしたが、問題となった薬品量の正確な規模は明らかにしなかった。

中略

インフルエンザワクチンは麻疹・水痘ワクチンのような生ワクチンとは異なり、ウイルスを一度殺して不活性化させた状態で製造されたワクチンだ。しかしワクチンが常温に一定時間さらされると、内部のタンパク質の含有量が減り、これによってワクチンの有効性と安全性に問題が生じることがある。

後略

もっと!コリア:2020-09-22 19:26:40

https://mottokorea.com/mottoKoreaW/Special_list.do?bbsBasketType=R&seq=95268

記事を読めば読むほど、理解に苦しみます。

全廃棄すべきなのにしなかった疾病管理庁

日本の感覚、いや、世界の常識からすれば、変質した可能性のあるワクチンは全廃棄するべきでしょうし、実際全部廃棄するはずです。しかし韓国はそれをせず、抜き取りチェックで済ませました。ソースはこちら。

韓国の開業医ら「紙箱ワクチン」は廃棄せよ…疾病管理庁「検査結果次第」と回答

韓国の「紙箱ワクチン」事件。インフルエンザワクチンの常温露出と関連し、韓国の一部の医療界では、「露出されたワクチンはすべて廃棄すべきだ」と要求する一方、疾病管理庁は、サンプル検査の結果によって検討するとし、考えが対立した。

 医院級医療機関を運営する開院医師団体の大韓開院医協議会(大開協)は23日、常温に露出されたインフルエンザワクチンをすべて廃棄することを要求した。また、安全性評価を通じて異常のないワクチンを予定どおり接種しようとする政府の計画には、反対の立場を明らかにした。

後略

wow!Korea:2020/09/23 22:40配信

https://www.wowkorea.jp/news/korea/2020/0923/10271496.html

韓国の開業医達すら反対しているのに、サンプルチェックで行くという疾病管理庁。この感覚の違いは異常としか思えない。

死者が48人に(2020/10/26追記)

インフルエンザワクチンの接種を開始してから亡くなった人が増えています。ソースはこちら。。

インフルワクチン接種後の死亡「48人」…疾病管理庁長「速やかに調査する」=韓国

韓国では、インフルエンザワクチンの接種後に死亡した事例が、今日(24日)基準で「48人」発生している。前日午後1時基準の36人から12人増えたことになる。

今日 韓国疾病管理庁によると、23日まで報告されたインフルエンザワクチン接種後の異常反応は計1154件で、有料接種者306件、無料接種者848件である。

主要な異常反応としては、アレルギーが245件、発熱204件、局所反応177件、その他480件となり、死亡事例は48件である。

死亡事例の年齢は、70代が22人、80代が16人などで、70代から80代がほとんどを占めている。

防疫当局は、前日に行なわれた被害調査班の会議と、この日の午前の予防接種専門委員会会議を経た結果、そのうちの26人の場合は インフルエンザワクチンの予防接種との因果関係がかなり低く「予防接種の継続は必要だ」と伝えた。

チョン・ウンギョン(鄭銀敬)疾病管理庁長は「インフルエンザの国家予防接種の進行過程で、ワクチンの流通と、また ワクチン粒子などの問題点が発生し、最近になって重症な異常反応、死亡報告が増加していることによって、国民の不安感を一層大きくさせてしまったことに対して、防疫当局の当事者として、とても申し訳ない」と伝えた。

つづけて「毎日 公開している予防接種の異常反応の報告事例は、まだ 予防接種やワクチンとの関連性が明らかになっていない報告の統計だ」とし「予防接種が原因となって死亡した事例と誤認しないよう、慎重に解釈していただきたい。より一層 速やかに調査し、透明性をもって情報を公開する」と付け加えた。

Wow!Koreaより:10/24(土) 16:03配信

https://www.wowkorea.jp/news/korea/2020/1024/10274782.html

韓国の疾病管理庁は、インフルエンザワクチンとの因果関係は低いと主張していますが、この死亡者数を見る限り関係ないとは思えない。

2019年の死亡者数は1500人越え

インフルエンザワクチンで死亡者が出ていることに驚いていたのですが、韓国ではインフルエンザワクチンの死亡者数は元から多いと思える報道が出てきました。ソースはこちら。

「韓国高齢者のインフルエンザワクチン接種後7日以内死亡者数、昨年は約1500人」

韓国疾病管理庁は24日、「(先週末の新規申告分3件を含め)16日から24日午後1時までで、48人のワクチン接種後死亡事例申告があった。しかし、ワクチン接種と死亡の因果関係は非常に低いので、ワクチン接種事業を継続する」と明らかにした。そして、2013年の米国におけるインフルエンザワクチン接種後の死亡率や、昨年の韓国におけるインフルエンザワクチン接種後の65歳以上死亡申告数の推移などの統計情報を提示した。

同庁の鄭銀敬(チョン・ウンギョン)庁長は同日の記者会見で、「(インフルエンザ予防接種を受けたために死亡したという)因果性とは関係なく、予防接種を受けた後に死亡者が発生するという統計がある状況だ」と明らかにした。鄭銀敬庁長が提示した統計によると、米国の場合、2013年にワクチンを接種した65-74歳で10万人当たり11.3人が接種後1週間以内に死亡したという。75歳以上では10万人当たり23.2人で、死亡率が高かったとのことだ。

また、韓国でも「2019-20年の予防接種シーズン(昨年7月から今年4月)」にインフルエンザ予防接種を受けた65歳以上の668万人のうち、接種後1週間以内に死亡したのは1531人だった。人口10万人当たりで言えば22.9人となる。今年(2020-21年シーズン)の場合、今月24日現在で1427万人の接種者のうち、接種後に死亡申告があった事例は48人だ。申告されていない事例を含めても、今年の状況を非常に異例だと見るのは難しいということだ。

朝鮮日報:2020/10/26 11:01

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/10/26/2020102680046.html

去年でも1500人以上が亡くなっていたとは驚きです。

日本のインフルエンザワクチン死亡者数は?

韓国が本当に多いのか、日本のインフルエンザ摂取による副反応や死亡例の数を調べたところ、厚労省が公開していました。それによると非常に少ないことがわかりました。

Q.34: インフルエンザワクチンの接種後の死亡例はありますか?

インフルエンザワクチンの接種後の副反応疑い報告において、報告医師から予防接種を受けたことによるものと疑われるとして報告された死亡例は以下のとおりです。

インフルエンザ 死亡例 日本 厚生労働省

これらの副反応疑い報告について、副反応検討部会において専門家による評価を行ったところ、死亡とワクチン接種の直接の明確な因果関係があるとされた症例は認められませんでした。また、死亡例のほとんどが、基礎疾患等がある御高齢の方でした。

https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/qa.html

死亡例部分をスクリーンショットで撮影しました。

インフルエンザ 死亡例 日本 厚生労働省

単純に数えて、2009年から合計21例です。11年の間に主に基礎疾患のある高齢者が21名亡くなっている状況でした。やはり韓国の死亡者数は異常に多いとしか思えません。

さらに詳しい情報を知りたい人は、厚労省のインフルエンザワクチンのQ&Aページをどうぞ。

管理能力ではなく品質の問題ではないか?

韓国のインフルエンザワクチンによる副反応、死亡例の多さに驚きました。そしてその点からして問題は「インフルエンザワクチン」の品質の問題だと感じています。

記事のタイトルに「管理できない」と書きましたが、今までも相当な数が亡くなっているので、間違いでした。

韓国はまず、安全性の高いワクチンの製造をするべきです。日本と比べてはいけないのでしょうが、11年の間に21例の死亡者数の日本のワクチンとは明らかに違うとしか思えません。

何せ韓国のワクチン製造メーカーは、韓国人が安全に接種できるワクチンを製造し、健康を守るべきです。今の状況は酷すぎると思います。

最後にひとこと

世界で猛威を奮っている武漢ウイルス、いわゆる新型コロナウイルスとインフルエンザに同時に感染しないようにと摂取した人たちが亡くなっているこの状況は、あまりに酷い。

韓国の深刻な重金属汚染|石浦精錬所がカドミウム汚染水を垂れ流し | Select Japan Closet
韓国のメディアSBSが、亜鉛の精錬工場「石浦製錬所」から垂れ流された汚水により地下水から基準値の3万7000倍のカドミウムが検出されたと報道しました。知るきっかけになったのは、政治知新さんの記事です。排出された汚水により、魚が大量死している上、鳥も死んでいます。汚水は当然ながら海にも流れ込むので、日本にも影響を及ぼしそ...
奇形魚が泳ぐ糞尿汚染の海|食中毒防止のため韓国産水産物の検疫強化へ | Select Japan Closet
韓国の海は発がん性物質や水銀、ノロウイルス、大腸菌などで汚染されており、そこで獲れる海産物は安全ではありません。しかし民主党政権時代に、韓国産ヒラメの検疫を突如免除し、毎年被害者が出ていました。しかし今回、以前のように検疫をすることになりました。 厚労省が韓国の水産物の輸入規制強化を発表 まずはソースをどうぞ。 厚労省...
発ガン性物質や有害物質汚染の韓国海苔|韓国産食品の危険性を知る | Select Japan Closet
韓国の海は残念ながら様々な有害物質により汚染されています。その韓国産の海苔が、コンビニやスーパーのおにぎり用の海苔として日本国内で流通しているので、海苔の原産地確認をして購入しましょう。
0
スポンサーリンク
韓国製・韓国産
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
優をフォローする
スポンサーリンク
Select Japan Closet
タイトルとURLをコピーしました