中国製、韓国製を買わないために日常の買い物で注意するべき買い物リストはこちら

中国製アウディで白血病|解体した車から発がん性物質発見

中国製 アウディ 発がん性物質 白血病 中国製・中国産
スポンサーリンク

中国で製造されたアウディに乗っていた人が白血病で死亡するなどの健康被害が出ているという報道が出ており、気になったので取り上げます。

スポンサーリンク

中国製アウディから有害物質「瀝青(れきせい)」

まずはソースから。

中国産車に有毒物質か 白血病などの健康被害が続出

中国北京市や山東省などの市民6人は9日、国有自動車メーカー「一汽大衆」が製造する「アウディ」車を使用後、白血病を発症したとネットに実名で告発した。市民らは同ブランド車は製造時に有毒物質が使われているとした。米ラジオ・フリー・アジア(RFA)が10日報じた。

一汽大衆は、中国自動車メーカーの第一汽車と、独自動車メーカーのフォルクスワーゲンとの合弁会社で、吉林省長春市に本社を構える。

一汽大衆は2010年、SUV車「アウディQ5」の製造販売を開始した。中国メディアは2013年、「アウディ」の一部の車種に「異臭がする」と指摘、利用者が白血病にかかったと報じた。番組は、制振材として使われている瀝青(れきせい)が「異臭」の原因だとした。

一汽大衆は2017年3月に公式ウェブサイトで、2013~16年まで製造した「アウディ」ブランド車の異臭問題を認めた。

瀝青からはベンゼン、ベンゾピランなどの発がん性物質を放出するため、長期的に吸い込むと、鼻炎や皮膚病、流産、胎児障害、白血病などの健康被害が出ることがある。

後略

大紀元:2019年03月13日 21時22分

中国産車に有毒物質か 白血病などの健康被害が続出
中国北京市や山東省各地の市民6人は9日、国内インターネット上で、国有自動車企業、一汽大衆が生産する「アウディ」ブランド自動車を購入し使用した後、白血病が発病したと実名で告発した。市民らは、中国現地生産の「アウディ」ブランド車に有毒物質を使われているとした。米ラジオ・フリー・アジア(RFA)広東語電子版が10日報じた。

車に乗っていただけで白血病に掛かるとは誰も思わないでしょう。

異臭が発生したのは中国で製造されているアウディの一部の車種

記事によると、中国内で製造されたドイツメーカーのアウディ「Q5」から異臭がしており、その車に乗っていた人が解体したところ、中から「瀝青(れきせい)」という物質が20キロから30キロ見つかったと取材に答えています。

今回の報道はあくまでも中国国内で製造されたアウディのみの話のようですから、中国製のアウディに乗っていなければ大丈夫でしょうが、気持ちの良い話ではありません。気になる場合や異臭を感じたことがあるのなら、メーカーに問い合わせをするか購入したディーラーに相談しましょう。

一汽大衆とは

問題の車を製造したのは、中国の国有会社「一汽汽車」とドイツの「フォルクスワーゲン」の合弁会社である「一汽大衆」です。

wikipediaの情報ですが、「一汽大衆」は2008年にはフォルクスワーゲンの車を407,000台、アウディの車を106,000台、合計513,000台売ったとされています。

wikipedia:一汽大衆

今回の不祥事を考えると、アウディだけでなくフォルクスワーゲンの車にも何らかのトラブルがあるのではと思えてなりません。大丈夫なのでしょうか。

瀝青(れきせい)とは

ところで今回問題とされている「瀝青(れきせい)」を辞書で調べると、単なる総称でした。

瀝青(れきせい)

天然→アスファルトやピッチ、または、二硫化炭素に溶ける半固状、固状の炭化水素混合物。石油産地で原油の変質物のアスファルトやピッチが発見され、瀝青と呼んだ。

ブリタニカ国際大百科事典より

瀝青(れきせい)

天然に得られる炭化水素化合物の総称。天然アスファルト、コールタール、石油アスファルト、ピッチなど。チャン。ピチューメン。新聞などでは「歴青」で代用する。

明鏡国語辞典より

こうなると、今回アウディから発見されたものが明確にどの物質だったかは不明です。ただ大紀元の記事では「ベンゼン」などの有害物質が出ているとあったので、「コールタール」などが使われていたのだろうか?と思います(私の憶測です)

ちなみに「コールタール」は最初に発がん性が見つかった物質ですが、痒みを止める効果もあり、頭皮の痒みを止める目的で安全な量を付加されたシャンプーがアメリカで販売されている物質です。

制振材とは

記事では「瀝青(れきせい)」が「制振材」として使われていたとありました。「制振材」とは、走行中の外の音やドアの開け閉めを静かにするために使われる素材です。ざっと調べたところ、その素材としては、アルミニウムやゴム、吸音スポンジなどがあり、おそらく車メーカーにより様々な素材を使用していると思われます。

おそらくドイツメーカーのアウディですから、単純なゴムなどは使わずに開発された特殊な素材を使って車内の静音性能を上げているのではないでしょうか。

中国での製造・生産管理の難しさ

今回のアウディ車の問題は、中国で製造することに伴う製品の「品質維持」「管理」の難しさを浮き彫りにしました。

しかしコンクリートにゴミを詰める「オカラ工事」をする中国人がいることは周知の事実で、そういう「感覚」を持っている彼らを御するのは大変でしょう。安く製造できるからと安易に中国に工場作ることは大きなリスクがあるということを、今度こそ大手メーカーは理解するべきです。

それにしても、一体どんな物質を制振材にしたのでしょうか?制振材に見えればいいと有害なものを混ぜてかさ増ししたものを使っていたのではないか?と思えてなりません。

アウディ販売店による日本人皆殺し横断幕事件

2012年に尖閣諸島をめぐる問題で中国国内で反日暴動が起こった際、中国のアウディ販売会社は「日本人皆殺し」という横断幕を掲げるという暴挙に出て、アウディジャパンやドイツ本社が慌てて火消しをした過去があります。

その記憶もあり、中国のアウディ関係者にはあまり良い印象はありません。しかし自分たちが作った車で同胞である中国人をひどい目に合わせるのは流石にダメだよと言ってあげたい。

避けたくても避けられない隣人です。まともになってもらわないと困るのですが・・・。

最後にひとこと

ドイツの大きなメーカーの車でさえ、中国国内で製造すればこの有様です。日本のメーカーは同じ轍を踏まないことを祈ります。

スポンサーリンク
中国製・中国産
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
優をフォローする
Select Japan Closet
タイトルとURLをコピーしました