キリン本搾りの限定品|ジューシーな果実味「パイナップル」の感想

いつもよるスーパーでキリンの本絞りの見た事の無い限定味「パイナップル」が出ていましたので買ってきました。

スポンサーリンク

キリン本絞りチューハイ

キリンの「本絞り」チューハイは、電車内の広告に釣られて飲み始めてからずっとファンです。お気に入りはピンクグレープフルーツですが、たまに出る限定味も見つけたら必ず味見して、記録しています。

チューハイ飲むなら人工甘味料無添加のキリン「本絞り」一択だ

キリン本絞りの限定品|すっぱい果実「四季柑(しきかん)」の感想

キリン本絞り「パイナップル」

というわけで買ってきたキリンの本絞り「パイナップル」味。果汁は42%です。結構高い比率ですね。

KIRIN キリン 本絞り パイナップル

カロリーは100mlあたり49kcal。なので350ml缶を1本だと171.5kcal。原材料はパインアップルとウォッカだけ。うん、これぞ本絞り。

KIRIN キリン 本絞り パイナップル

グラスに入れました。濃いめの黄色ですね。

KIRIN キリン 本絞り パイナップル

飲んだ感想

「薄めたパイナップルジュース。でもこれは飲むと酔うパイナップルジュース。」

飲む前からパイナップルの香りがして、飲むと鼻に抜けてその存在感を感じました。で、その後に思うのは「味うすっ」です。

「パイナップル」という果物のその美味しさは、その強い甘みと微かな酸味にあります。なので薄めてしまうとパイナップルの良さが殺されてしまいます。そう考えると本絞りのラインナップとしてパイナップルを選んだこと自体、間違いだったのではないか。

42%の果汁でもダメ。「ジューシーな果実味」とコピーされていますが、ジューシーだと全く感じません。パイナップルの良さを感じる為には、果汁をもっと多く入れる必要があったと思います。でもそうなると採算が取れないでしょうから、キリンさん、今回のラインナップは失敗な気がします。残念ですがリピートは無しです。

最後にひとこと

新しい味を開拓することは素晴らしい。なのでキリンさん、次の味を待ってます。